アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

雪乃「…何もしないのね…」 八幡「さすがに理性が…」【俺ガイルss/アニメss】

 

雪乃「あなたこんな所で何やってるの?」

 

由比ヶ浜「」 ビクッ

 

雪乃「あら…驚かせた?」

 

由比ヶ浜「えーっと…これは違うのゆきのん!!」

 

雪乃「違うって…どうみてものぞ…」

由比ヶ浜「ちがーう!」

 

由比ヶ浜「(まずいまずいまずいまずヒッキーの事を見てただなんて言えないまずい)」

 

雪乃「どうやら比企谷君を見ていたようだけど…」

 

由比ヶ浜「」

 

由比ヶ浜「じっ…実は私は闇の組織から監視を頼まれてて…」

 

雪乃「男子トイレで?」

 

由比ヶ浜「」

 

由比ヶ浜「(これはまずい、逃げても更にまずい)」

 

比企谷「おーい、お前ら何してんの?ここ男子トイレだぞ?」

 

雪乃「」 スタタタター

 

由比ヶ浜「あ、逃げた」

 

比企谷「お前何してんの?」

 

由比ヶ浜「あ、えーと…あはは」

 

由比ヶ浜「(あれ、なんであたし男子トイレでゆきのんに発見されたんだろ?)」

 

比企谷「で、お前は何をしてるんだ?」

 

由比ヶ浜「えーと…迷い込んじゃって…」

 

比企谷「はい?」

 

 

比企谷「(いやまてよよく考えろよ、放課後で男子トイレに俺と由比ヶ浜と雪ノ下(逃))」

 

 

比企谷「(・・・・つまりどういう事だってばよ)」

 

比企谷「って、由比ヶ浜までいなくなってるし」

 

比企谷「まぁいいや、部室へ戻るか」

 

 

~部室~

 

比企谷「おーっす、お前ら先に戻ってたのか」

 

由比ヶ浜「やっはろー、どうしたの?」

 

雪乃「…」

 

 

比企谷「(あれ?)」

 

比企谷「あ、いやなんでもない」

 

由比ヶ浜・雪乃「(勝った)」

 

 

比企谷「(しかし今日も坦々と時間だけが過ぎていくな)」

 

 

由比ヶ浜「ねぇ!ヒッキー!ゆきのん!カラオケに行こうよ!」

 

雪乃「嫌よ」

 

由比ヶ浜「即答?!」

 

比企谷「お前と行くと何曲も歌わされそうだしなぁ」

 

比企谷「まぁ、行くなら小町とか戸塚も呼ぼうぜ」

 

雪乃「ざ…なんとか君は呼ばないのね」

 

比企谷「あいつは友達じゃない」

 

雪乃「あなたが一番ヒドい気がするわ…」

 

由比ヶ浜「ストーップ!ストーップ!三人だけで行こうよ…!」

 

雪乃「え?」

比企谷「あ?」

 

由比ヶ浜「だっ、だから…たまには三人だけで、どっか行くのも…いいかなー…なんて…ハハハ」

 

雪乃「この三人だけで?」

 

比企谷「おいやめろ殺される」

 

 

由比ヶ浜「は?何いってんのヒッキー」

 

比企谷「いやいやいやいやいや、この前は大人数が居たからともかく、そこそこ仲のいいお前らの中に」

 

比企谷「俺が入ったら」

 

比企谷「間違えなく」

 

比企谷「殺されr」

雪乃「失礼ね」

 

由比ヶ浜「そうだよー、ゆきのんだって人を取って食べる訳じゃないし」

 

雪乃「なんか気に入らない言い回しね…」

 

 

雪乃「えぇ、わかった、わかったわ。私達三人でカラオケ…に行きましょう」

 

由比ヶ浜「やったー!」

 

比企谷「はいはい…」

 

 

比企谷「(もうやだこの部活)」

 

比企谷「(…部活?)」

 

 

比企谷「(少し早く到着しそうだな…)」

 

比企谷「(って、もう由比ヶ浜がいるのか)」

 

 

由比ヶ浜「お、ヒッキーやっはろー」

 

比企谷「お前早いな… なんでこんな早くにいるんだ?」

 

由比ヶ浜「んー?楽しみだったからつい…」

 

比企谷「」

 

比企谷「(なんだこの満面の笑みは!こいつは笑いながら人を殺すタイプだ!違いない!)」

 

比企谷「…というか、なんで急にカラオケなんて言い出したんだ?」

 

由比ヶ浜「えっ…えーっとね、あはは」

 

 

由比ヶ浜「確認、したい事があるから、かな?」

 

 

比企谷「」ドキッ

 

由比ヶ浜「ま、普通に歌いたい気分だしー?」

 

比企谷「はいはい…」

 

 

雪乃「あら、おまたせ。随分と二人とも早いのね」

 

比企谷「(今日は白いワンピに黒のジャケットか、うん、可愛い)」

 

由比ヶ浜「というかゆきのん、まだこれでも15分前だよ?」

 

雪乃「…ッ んじゃぁあなた達はどのくらい前からいたのよ…」

 

由比ヶ浜・比企谷「あ、たしかに。」

 

雪乃「納得するのね…」

 

 

 

由比ヶ浜「えーっと三人で、はい。はい。」

 

 

雪乃「」ツンツン

 

比企谷「ん?どした」コソコソ

 

雪乃「いつも…由比ヶ浜さんに手続きをさせてしまうのも申し訳ないわ」コソコソ

 

雪乃「あれって、どういうシステムなのかしら?」コソコソ

 

比企谷「さぁな、俺も知らんよ」キッパリコソコソ

 

雪乃「そう」プイッ

 

 

比企谷「さて、部屋についた訳だが」

 

比企谷「この前は多人数だから下っ端になってたが、今日はいいんだよな」

 

雪乃「あ、私ジンジャエールで」

 

由比ヶ浜「あたしはミルクティー

 

比企谷「」

 

 

比企谷「はいはい」

 

比企谷「(やはり俺の以下略)」

 

 

~ドリンクバー前にて

 

比企谷「と、言っても、普通にいれるのも癪だな…」

 

比企谷「よし、なんか変な物を混入させてやるか」

 

比企谷「…と、いっても雪ノ下にやったらまず確実に殺される。俺に明日は無い」

 

比企谷「というわけで由比ヶ浜さんに犠牲となってもらおう」

 

比企谷「あいつはミルクティーだっけ?どうしてやるかな…」

 

 

比企谷「あ、カルピスいれよう」

 

 

比企谷「おっと待った、お前らの考えているカルピスじゃない。」

 

比企谷「ふ つ う のカルピスだ」

 

 

厨房「うわ、あの人きもちわる…」コソコソ

 

比企谷「」

 

比企谷「まぁ、ミルクのかわりにカルピスを注いで行ってやろう。あいつ間違えなく砂糖入れるから破壊的な味になるな」

 

比企谷「クッキーの仕返し、って事で」

 

 

~室内にて

 

雪乃・由比ヶ浜「きっと私達の♪今は♪」

 

比企谷「うわ、仲いいな、俺帰ろうかな」

 

ガチャッ

 

比企谷「はいはいお待ち」

 

 

雪乃「ゴクゴク」

 

由比ヶ浜「…!!!!!」

 

比企谷「おっ?」

 

由比ヶ浜「ちょ…なにk…」ステテテー

 

雪乃「…」

 

 

雪乃「あなた何入れたの?」

 

比企谷「カルピス」

 

雪乃「え…あなた…」

 

比企谷「ちげぇよ、普通のカルピスだ」

 

雪乃「なっ…違くないわ。その行為が大問題よ」

 

 

雪乃「」ヌギヌギ

 

比企谷「なっ」

 

雪乃「」チラッ

 

雪乃「ドキッっとした?」

 

比企谷「いや、殺されるのかと思った」

 

雪乃「…そう」

 

 

比企谷「(うわ、部室の二人っきりは読書に逃げれるが、この密室だとかなり気まずい)」

 

雪乃「…いっ…いっておくけど、暑いから脱いだだけ…だから…」

 

比企谷「は?」

 

雪乃「まぁいいわ、比企谷君は何か歌わないの?」

 

比企谷「いや、いいや…女子の前では絶対歌わない…」

 

雪乃「あら、気が合うわね」

 

比企谷「あれは…ある晴れた日の事だった」

 

雪乃「語り始めた…」

 

比企谷「中学校の合唱コンクールの練習の時だ、俺はそこそこ歌には自信があったからパートリーダーなるものを務めた …あの頃はまだ人前に立つ勇気が残ってたんだ…」

 

雪乃「…言いたいことはわかったわ、というかほぼ一緒だわ」

 

 

比企谷「そういえば、カラオケの点数機能っていい加減だよな」

 

雪乃「点数機能?」

 

比企谷「あー、知らないのか。実は歌った後に「点数」なるものが表示されるモードがあるんだよ」

 

雪乃「点数…」ピクッ

 

比企谷「まぁ、つまりこれで仲間内でわいわい競いあったりしてる訳だろ、リア充ばくh…」

雪乃「やりましょう」

 

雪乃「比企谷君は歌には自信があるのよね?私の歌声の前にひれ伏してみたくないの?」

 

比企谷「言ってる事がチグハグだ…」

 

 

比企谷「(最初こそは、雪ノ下の圧倒的歌唱力に負けていただが)」

 

比企谷「(そんな事は…なかった、なかったんだ)」

 

雪乃「」ゼーゼー

 

比企谷「お前体力…」

 

雪乃「えぇ、そうよ。忘れていたわ」

 

比企谷「お前アホだろ」

 

雪乃「歌…というのはね… ハァ   腹筋の力がそこそこ必要で ハァ…  更に、肺活量も… ハァッ  必要…なの…よ…」

 

比企谷「うわー、すごい頼りないユキペディア」

 

雪乃「うるさい…」バタンキュー

 

比企谷「おい、ワンピースの中が見えるぞ」

 

雪乃「見たかったら見なさいよ…」ハァッ

 

比企谷「(美女(野獣?)と密室で二人っきり…そして相手は寝ている)」

 

比企谷「これなんてエロゲ?」

 

雪乃「何考えてるのよ…」ムクリ

 

比企谷「いや、すまん。血迷った」

 

雪乃「流石下心に満ちた腐った目を持つ比企谷君ね」

 

比企谷「いやもう訳わかんねぇから」

 

 

比企谷「カラオケに来てゲームかよ…」

 

雪乃「簡単よ、クイズだから。あ、千葉県縦断クイズでは無いわよ?」

 

比企谷「お前はエスパーか」

 

雪乃「では、第一問」

 

 

雪乃「比企谷君は私の事が好きでしょうか?」

 

比企谷「はい?」

 

雪乃「いや、軽く考えてもらって結構よ」

 

雪乃「答えによっては、今日の由比ヶ浜さんの謎の行動にも納得がいくわ」

 

比企谷「あ、そういえばお前ら男子トイr」

 

バスコーン

 

 

比企谷「(こいつジャケットを思いっきり投げてきやがったぞ)」

 

比企谷「(公共の場という事を考えて安全な物を投げたこと、投げる体力があった事は評価しよう)」

 

比企谷「(ただな)」

 

 

比企谷「お前ボタンの部分直撃して超いてぇんだけど」

 

 

雪乃「あら?比企谷君が変なことを言うから…」

 

比企谷「あ、すいません」

 

比企谷「(何故俺が謝ったのかについて15文字以内で完結にまとめてくれ)」

 

 

比企谷「んー、まぁなんだかんだで好きなんじゃ?」

 

雪乃「」ピクッ

 

 

比企谷「いや、なんだかんだで部活?も続けてるしなぁ」

 

雪乃「あら?私の事目当てで部活を続けてるのかしら?」

 

 

比企谷「(くそ、はまった、完璧詰んだこれ)」

 

比企谷「(否定したら絶対殺される、肯定しても変態扱いで終わる)」

 

比企谷「(どうする!どうするんだ八幡!助けて戸塚!)」

 

 

比企谷「んー、そういう事なんじゃない?」

 

雪乃「」アワワワワ

 

比企谷「な ぜ お 前 が 面 を 食 ら う」

 

比企谷「(思わず突っ込んだが反応がおかしい!)」

 

雪乃「だっ…だいたい質問を質問で返すのが間違ってる…のよ…」カアアア

 

 

比企谷「(弱ってる雪ノ下さん可愛い!)」

 

比企谷「ほら、ジャケット」

 

雪乃「ん…はいはい」テクテク

 

比企谷「」ギュッ

 

雪乃「?!」ビクッ

 

雪乃「ちょちょちょちょ何するのよ」カアア

 

比企谷「あ、いや…あれ?」

 

比企谷「血迷った」

 

雪乃「本気で殺すわよ」

 

 

雪乃「比企谷君」

 

雪乃「本当に私でいいの?」

 

比企谷「あっれーおかしいな、どこを読み飛ばしたんだろう」

 

雪乃「真面目に聞いてるの?」

 

比企谷「聞いてるけどお前の質問がぶっ飛びすぎ」

 

 

比企谷「お前なんか今日おかしいな…さては偽雪ノ下か!」

 

ボコッ

 

雪乃「ええそうねたしかにゆいがはまさんがだんしといれでのぞきをしてたうえにわたしたちだけでからおけとかいいはじめてどうようしてる、どうようはしてるわ」

 

雪乃「そうね、これは負けられない戦いなのよ」

 

比企谷「雪ノ下さーん?帰っておいでー?」

 

 

雪乃「由比ヶ浜さんが何がしたいのかは、はっきりとはわからないわ」

 

雪乃「でも、比企谷君、あなただけは譲れないわ?」キリッ

 

比企谷「お、おおう」

 

雪乃「」ギュッー

 

比企谷「?!」  Σ・ー・

 

 

雪乃「ねぇ、これは何なの…?」ギュウウウ

 

 

雪乃「この気持ち…は何なの…?」ムギュウ

 

雪乃「私には…よくわからない…」グスッ

 

比企谷「(なんか抱きつかれて泣かれた)」

 

 

比企谷「はいはい、俺はここにいますよっと…」

 

雪乃「…」コクン

 

比企谷「(なんで俺雪ノ下と抱き合ってるんだろ)」

 

比企谷「(不思議と変な気持ちに…)」

 

雪乃「…」ジー

 

比企谷「お、おおぅ」

 

比企谷「(やっぱ無理怖い)」

 

 

雪乃「…何もしないのね…」

 

比企谷「流石に理性が…あるのかもしれない」

 

雪乃「知らないわ…」

 

比企谷「(どうする!どうする俺!助けて材木座!)」

 

比企谷「(いや、やっぱいいや材木座こっちくんな)」

 

雪乃「」チュー

 

比企谷「」

 

 

雪乃「んぅ…」チュゥ

 

比企谷「(赤ちゃんみたい!素敵!)」

 

比企谷「(っておかしい、なんで俺は雪ノ下と、あの雪ノ下とキスを…)」

 

 

比企谷「(しかも深い!)」

 

雪乃「んぅ…くるしっ…///」ぷはっ

 

比企谷「」

 

 

比企谷「な、なぁ。」

 

雪乃「?」キョトン

 

比企谷「(雪乃ちゃんまじ天使)」

 

比企谷「じゃなくて、お前…いいの?」

 

 

雪乃「…ん」コクン

 

比企谷「(恥じらいながら目を逸らすあたり、わかってる!こいつわかってる!)」

 

 

比企谷「…ん…はいはい」チュッ

 

雪乃「んっ…///」ピクッ

 

雪乃「んぅ…///」クチュクチュ

 

比企谷「(舌がログインしました)」

 

 

比企谷「(さて、諸君、ここで悩ましい問題が出てくる)」

 

雪乃「…んっ」ベロチュー

 

比企谷「(こいつの先ほどからワンピースのみという無防備な格好)」

 

比企谷「(…に浮かぶ双丘)」

 

比企谷「(触るか否か)」

 

 

比企谷「」さわっ

 

雪乃「?!」ビクンッ

 

比企谷「」チュー サワッ

 

雪乃「んぅ…///」

 

 

比企谷「(うん、慎ましすぎて面白くない、反応は面白いけど)」

 

比企谷「(となると…)」

 

 

雪乃「???!!」ビクッ

 

雪乃「ちょっ…そこは…ぁ…///」

 

比企谷「」クリクリ

 

雪乃「や…ぁ…ぁ…///」

 

雪乃「…こっ…こぇ…声…がっ…///」

 

比企谷「そうかそうか」チュー

 

雪乃「?! んぅ…///」ビクッ

 

雪乃「んぅ…くるし…ぃ…///」プハッ

 

比企谷「(やばい楽しい)」

 

 

ガチャッ

 

 

比企谷・雪乃「???!!」  Σ・ー・ Σ・ー・  多分こんな感じ

 

 

由比ヶ浜「ちょっとおおおヒッキーあたしのジュー…」

 

一同「え」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪ノ下雪乃「あなたこんな所で何やってるの?」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1329590549/