アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

アスカ「シンジは私だけのもの!」 シンジ「え?」【エヴァss/アニメss】

 

ミサト宅  

 

アスカ「シンジは私だけのもの」ボソッ 

 

シンジ「え?」

シンジ「アスカ、今何か言った?」 

アスカ「何も言ってないわよ」 

シンジ「そう……なら、いいんだけど」 

アスカ「チャンネル変えていい?」 

シンジ「う、うん……」 

シンジ(確かに僕の名前を言ってたような……) 

シンジ(聞こえなかったことにしておこう……) 


学校 

シンジ「綾波、今日もご飯食べないんだ」 

綾波「食べる必要、ないから」 

シンジ「でも、せっかくの昼ごはんなんだし」 

シンジ「栄養剤とかじゃなくてちゃんとご飯、食べた方がいいと思うな」 

綾波「どうして?」 

シンジ「そりゃぁ……お弁当って美味しいし」 

綾波「美味しい?」 

綾波「碇くんの、そのお弁当は美味しいの?」 

シンジ「うん!まぁ、僕が作っていうのもなんだけどね」エヘヘ 

綾波「そう」 

シンジ「そうだ!明日、綾波の分も作ってきてあげるよ!」 

綾波「いいの?」 

シンジ「うん!アスカの分もミサトさんの分も作ってるし!」 

シンジ「苦手な食べ物とかある?」 

綾波「肉は食べれない」 

シンジ「わかったよ!それじゃぁ、明日作ってくるね!」 

アスカ「ぐぬぬぬ……」 

ヒカリ「どうしたの?アスカ」 

 


帰り道 

シンジ「~♪」 

アスカ「ふん!今日はえらく上機嫌じゃない」 

シンジ「そうかな?」エヘヘ 

アスカ「そうよ!気持ち悪い!」 

シンジ「別に普通だと思うけどな~♪」 

アスカ「ねぇ、エコヒイキの分もお弁当作るの?」 

シンジ「話、聞いてたんだ」 

アスカ「ち、ちがうわよ!ちょっと耳に入っただけ!」 

シンジ「明日は綾波の分も作るよ」 

アスカ「はぁあ?どうして?面倒じゃない」 

シンジ「面倒って……僕が作るんだしいいじゃないか」 

アスカ「ま、まぁ……そうなんだけど」 

アスカ「別に作らなくてもいいじゃない」 

シンジ「だって、綾波のご飯って薬とかばっかりだし」 

シンジ「何か、可哀想だなって」 

アスカ「はぁ!?うちは家!他所は他所でしょ!」 

シンジ「でも、同じエヴァパイロットじゃないか」 

アスカ「うぐぐぐ……」(シンジのお弁当を食べるのは私の特権なのに!) 

シンジ「?」 

シンジ「変なアスカ」 

アスカ「もうっ!勝手にすれば?」スタスタ 

シンジ「あっ!ちょっと待ってよ!」 


ミサト宅 

シンジ「明日、何作ろうかな」ペラッ 

シンジ「お肉無しの料理……和食とかいいかなぁ」ペラッ 

アスカ「……」 

アスカ「何、呼んでるの?」 

シンジ「あぁ、えっと。明日のお弁当何にしようかなって」 

アスカ「私はなんでもいいわよ」 

シンジ「いや、綾波には何を作ろうかなって」 

アスカ「私には何作るか悩んでくれないわけぇ?」 

シンジ「え?なんでもいいんじゃないの?」 

アスカ「うぐぅ……ステーキ!!ハンバーグ!!」 

シンジ「えぇ…ステーキは無理だよ」 

アスカ(なによ……綾波が~!綾波が!って) 

アスカ(こんな美少女と一緒に暮らしてるのに!) 

アスカ「おまけに…エリートパイロットだし」ブツブツ 

アスカ「運動神経もいいし……勉強だって…もう大学も卒業してるのに」ブツブツ 

シンジ「あ、アスカ?」 

アスカ「何よ!」 

シンジ「あはは……なんでもない」 

ミサト「たっだいま~♪」 

アスカ「ちっ」 

アスカ「うるさいのが帰ってきたぁ」 

ミサト「ひっど~うぃ。人が仕事で疲れて帰ってきたっていうのにぃ」 

ミサト「開口一番それ?普通おかえりなさいでしょう?」 

ミサト「ねぇシンちゃん」 

シンジ「おかえりなさい。ミサトさん」 

ミサト「たっだいま~シンちゃん♪」ギュッ 

シンジ「ちょっ…ちょっと!暑苦しいですよ!ミサトさぁん!」 

アスカ「あぁあ!!離れろ!ミサト!!」 

ミサト「もう、みんなしてぇ」シュン 

 

次の日 

学校 

シンジ「綾波」 

レイ「何?」 

シンジ「はい!これっ!お弁当!」 

レイ「碇くんが作ったの?」 

シンジ「うん!口に合うかわからないけど」モジモジ 

レイ「ありがとう」 

シンジ「あ、食べきれなかったら残してもいいから!」 

レイ「」コクリッ 

レイ「碇くんが作った、おべんとう」ボソッ 

アスカ「……」パクパク 

ヒカリ「え、えっと…何か悪いことしたかな?」アワアワ 


帰り道 

アスカ「……」 

シンジ「よかった……綾波、残さずに全部食べてくれたよ」 

アスカ「あっそう」 

シンジ「美味しかったって言ってくれた」エヘヘ 

アスカ「ふーん」 

シンジ「やっぱり、薬とかよりお弁当のほうがいいよね」 

アスカ「ねぇ」 

シンジ「?」 

アスカ「私には聞かないの?」 

シンジ「え?何が?」 

アスカ「今日のお弁当のか ん そ う!」 

シンジ「どうだった?」 

アスカ「ま、まぁまぁね」モジモジ 

シンジ「はぁ……」 

アスカ「何よ」 

シンジ(まぁまぁなら聞かなくてもいいじゃないかぁ) 

アスカ「……でも、卵焼きは…その、前よりほんのちょっとは美味しかったかなって」モジモジ 

シンジ「?」 

アスカ「……ほんのちょっとね!こんくらい!」 

シンジ「ふふ、ありがと。アスカ」ニコッ 


ミサト宅 

ミサト「ふぅ……つかれたぁ~」 

ミサト「シンジくんたちより早く帰宅しちゃった~」 

ペンペン「クワクワ?」 

ミサト「ただいま♪ペンペン」 

ミサト「さってと、久々に部屋の掃除でもしますか!」 


数分後 

ミサト「~♪」  

ガシャッ バサァ 

ミサト「あぁ…ゴミ袋破けた」 

ミサト「はぁ……ちょっち詰めすぎたかしら」 

ヒラッ 

ミサト「?」 

ミサト「チラシの裏に何かびっしり書いてるわね」 

ミサト「シンジくんの落書きかメモかしら」 


アイツがいるから アイツがいるから アイツがいるから 

邪魔はさせない 私だけのも 邪魔はさせない 邪魔はさせない 

邪魔はさせない 邪魔はさせない 邪魔はさせない 邪魔はさせない 

シンジは私だけのものなんだから 


ミサト「……」 

ミサト「あ、アスカが書いたのかしら……」 

ミサト「やぁね!年頃の女の子は~♪」 

ミサト「これだけシンジくんのこと想ってるんなら直接言ってあげればいいのに♪」 

ミサト「恥ずかしがり屋さんねアスカは♪」 

ガチャッ 

シンジ アスカ「ただいま」 

ミサト「」ササッ スッ 

ミサト「お、おかえり……二人共」ブルブル 

シンジ「今日は早かったんですね。ミサトさん」 

ミサト「うん、仕事が早く片付いたの」 

アスカ「ふ~ん」 

ミサト「それよりどう?ちょっち掃除してたのよ?」 

ミサト「綺麗になったでしょ」 

シンジ「まぁ、部屋が汚い原因は大体ミサトさんだし」 

アスカ「ビールの缶ばっかだしねぇ」 

ミサト「もう!せっかく、掃除したのにぃ!」 

ミサト(あの紙……まぁ、この時期の子にはよくあること、よね?) 

シンジ「あんまり、面白いテレビしてないね」 

アスカ「そう?」 

シンジ「うん、この映画もなんかつまらないし」 

アスカ「それはアンタがバカだから理解できないだけよ」 

シンジ「そんなことないよ!」 

アスカ「そうよ。私は面白いと思うし」 

シンジ「僕がバカだとかそういうのは関係ないって!」 

アスカ「関係あるわよ!ちょっとこの話難しいし」 

シンジ「へ~。僕は難しいとは思わないけど」 

アスカ「それがバカなのよ!その時点で理解できないの!アンタは!」 

シンジ「だから!理解してるって!!」 

ミサト「」ジーッ 

シンジ「?」 

シンジ「なんですか?ミサトさん」 

ミサト「え?いやぁ、二人共仲がいいなって♪」 

アスカ「よくないわよ!」 

ミサト「日本では喧嘩するほど仲がいいって言うのよ?」 

アスカ「喧嘩なんかしてない!」 

シンジ「喧嘩だったよ」ボソッ 

アスカ「はぁぁ!?」 


次の日 

朝 

シンジ「ふぁぁ……」スタスタ 

アスカ「アンタ…また、アイツに弁当作ったの?」 

シンジ「え?うん」モジモジ 

シンジ「美味しいって言ってくれたし……」 

シンジ「綾波が言いっていうんなら、これから毎日作って上げようかなって」 

アスカ「アンタがそこまでする必要ないと思うけど」 

シンジ「やっぱり、心配なんだ。綾波のことが」 

アスカ「はぁ……」(私の心配なんかしたことないくせに)  


シンジ「お昼ごはんに限らず、普段からちゃんとご飯食べてるのかなって」 

アスカ「見るからに元気そうだけど?」 

シンジ「で、でも…うぅん…なんだろう」 

アスカ「……」 

アスカ(エコヒイキ……私のシンジを奪うつもり?) 

アスカ(そうはさせない!!こいつは私のものなんだから!!) 


学校 

シンジ「綾波!これ!今日も作ってきたんだ!」 

レイ「お弁当?」 

シンジ「うん!それでさ、これから毎日作ってこようと思うんだけど」モジモジ 

シンジ「どうかな?」 

レイ「碇くんはいいの?」 

シンジ「うん!一人分多くつくることくらい全然平気だよ!」 

レイ「そう」 

レイ「私も毎日、碇くんのお弁当、食べる」 

シンジ「綾波!!うん!わかったよ!」 

アスカ「」スタスタ 

アスカ「ねぇ、どういうつもりよ?」 

レイ「何が?」 

アスカ「毎日、バカシンジにお弁当作ってもらおうなんて!」 

アスカ「図々しい!」 

レイ「碇くんがいいって言ったから」 

アスカ「なっ…」 

アスカ「あんなのお世辞よ!お世辞!」 

レイ「でも、碇くんが作ってきてくれるって」 

アスカ「……」 

レイ「面倒じゃないって」  


アスカ「アンタ…アイツのことどう思ってるのよ」 

レイ「どうって?」 

アスカ「好きなのか嫌いなのかよ!」 

レイ「好き」 

アスカ「!?」 

レイ「碇くんは優しくてポカポカするから」 

レイ「好き」 

アスカ「なななななな、なんですって!」 

レイ「?」 

アスカ「冗談じゃないわよ!!」 

レイ「何が?」 

アスカ「とぼけないでよ!人のものを勝手に取ろうなんて!!」 

レイ「好きっていけないこと?」 

レイ「私はあなたから何も奪うつもりはないけど」 

アスカ「……」イライラ 

レイ「あなたは碇くんのなんなの?」 

アスカ「は?」 

レイ「私が碇君を好きなのはあなたにとって困ることなの?」 

アスカ「そ、それは……」 

アスカ「とにかく!!あの馬鹿は私のものなの!!」 

レイ「どうして?」 

アスカ「どうしてもよ!!!もう!アイツには近づかないで!」 

レイ「私は碇君に近づいてない」 

レイ「碇くんが私のところへ来てくれるの」 

アスカ「何よ!!!アンタの自慢話なんか聞きたくない!」 

アスカ「ふん!」スタスタ 

レイ「」 

レイ「碇くんはあなたのものだなんて思ってない」ボソッ 

 


帰り道 

シンジ「~♪」 

アスカ「」イライラ 

シンジ「明日は何」 

アスカ「また!アイツの話!」 

シンジ「!?」ビクッ 

アスカ「」イライラ 

アスカ(バカシンジは私のものよ!?あんなエコヒイキに奪われてたまるかっての!) 

シンジ「ど、どうしたの?アスカ?」アセアセ 

アスカ「」ギロッ 

シンジ「ひっ!」 

アスカ「アイツのどこがいいのよ!?」 

シンジ「へ?」 

アスカ「エコヒイキのこと!!!好きなの!?アンタは!」 

シンジ「そ、そんな……急に言われても」モジモジ 

アスカ「アイツはアンタのこと好きって言ってたけど?」イライラ 

シンジ「え!ホント?」 

アスカ「むぅ……」 

アスカ「で!!アンタはどうなのよ!」 

シンジ「わ、わからないや/////」モジモジ 

アスカ「!!」 

アスカ(その反応……好きってことじゃない) 

アスカ「」ウルウル 

シンジ「アスカ…?」 

アスカ「知らない!!」スタスタ 


ミサト宅 

ミサト「あ~すか。ご飯食べないの?部屋に篭っちゃって」 

アスカ『いらない!!!!』 

ミサト「はぁ……アスカ、どうしたのかしら」 

シンジ「……」 

シンジ「僕がいけないのかな?」ボソッ 


アスカの部屋 

アスカ(どうして!どうして!どうして!どうして!どうしてよ!!!!) 

アスカ(なんで私じゃなくてエコヒイキなのよ!!!!) 

アスカ(アイツのどこがいいのよ!!!) 

アスカ(私の方が頭いいし!!運動神経もいい!!) 

アスカ(アイツに劣っているところなんて何一つ無いのに!!!!!!!) 

アスカ(アイツがいるから……エコヒイキがいるから) 

アスカ(シンジは私のものにならないのよ) 

アスカ(――アイツがいるから) 


次の日 

アスカ「バカシンジ!学校行くわよ!」グイッ 

シンジ「ちょ、ちょっと!そんなに急がなくても!」 


シンジ「もう、機嫌直ったの?」 

アスカ「何が?」 

シンジ「ううん。なんでもない」 


学校 

シンジ「綾波、おはよう!はいこれ!」 

綾波「ありがとう」 

シンジ「今日は、ちょっと野菜と」 

アスカ「バカシンジ」 

シンジ「え?何?」 

アスカ「宿題、見せてよ」 

シンジ「え?まだやってなかったの?」 

アスカ「うん」 

シンジ「え、でもアスカならすぐ終わ」 

アスカ「いいから!」ピシャリッ 

シンジ「ご、ごめんね!綾波!とりあえずこれ!お弁当!」 

レイ「うん」 

シンジ「なんだよぉ……綾波と喋ってたのに」 

アスカ「いいじゃない!私の頼みなんだから」 

シンジ「はぁ……はい、これ」 

アスカ「あ、ありがと…」モジモジ 

シンジ「ねぇ、アスカ。もしかして、昨日のことまだ怒ってるの?」 

アスカ「な、何のこと?」 

シンジ「い、いや……昨日ずっと部屋に篭ってたし」 

アスカ「アンタには関係ない」 

シンジ「えっと……今日のお弁当。なんだと思う?」 

アスカ「何よ。突然」 

シンジ「いいからいいから」 

アスカ「?」 

アスカ「わかんない」 

シンジ「正解は!ハンバーグ!」 

シンジ「前にアスカが食べたいっていってたから」ニコッ 

アスカ「なっ////////」 

アスカ「そ、そうだった?」 

シンジ「えぇ!自分で言ったくせに覚えてなかったの?」 

アスカ「ま、まぁそんなことも言ってたかなって」モジモジ 

シンジ「ハンバーグ食べて機嫌直してよ。アスカ」エヘヘ 

アスカ「うぅ……」モジモジ 

 


ミサト宅 

シンジ「」トントン 


アスカ「~♪」(ハンバーグ……あんなこと、覚えてたんだ。シンジ) 

ミサト「なになに?顔がにやついてるわよぉ?」コノコノー 

アスカ「ミサトには関係ない~」 

ミサト「えぇ、お姉さん気になるな~」コノコノー 

アスカ「鬱陶しい!」 

シンジ「」トントン 

シンジ「いたっ」 

シンジ「包丁で切っちゃった……」 

シンジ「アスカ~。絆創膏とってくれない?」 

アスカ「えぇ。テレビ見てる途中なのに~」スタスタ 

ミサト(とか言っちゃって♪すぐ駆けつけてあげちゃうアスカ) 

アスカ「よっと、はい。これ」 

シンジ「ありがと」 

アスカ「」ジー 

シンジ「?」 

シンジ「どうしたの?」 

アスカ「」パクッ 

シンジ「!?」 

アスカ「」ペロペロ 

シンジ「ちょ!ちょっと!アスカ!」 

アスカ「何?」 

シンジ「何って!何してんだよ!?」 

アスカ「――血が出てたから、舐めてあげたのよ?」 

シンジ「それくらい!自分でするよ!」 

アスカ「――そう」スタスタ 

シンジ「……」 

アスカ「あぁ!ミサトぉ!勝手にチャンネル変えたぁ!」 

ミサト「ちょっとくらいいいじゃない!けちぃ」 

シンジ(な、何だったんだろ?今のアスカ……) 

アスカ「バカシンジ~。ご飯まだぁ?」 

シンジ「も、もうちょっとでできるよ!」 

シンジ(い、今のはなかったことにしよう) 

シンジ(なかったことに?そういえば前にも何か忘れようと) 

『シンジは私だけのもの』 

シンジ「」ゾクッ 

シンジ(わすれよう!わすれよう!)ブンブン 


学校 

シンジ「はいこれ。お弁当」 

レイ「ありがとう。碇君」 

シンジ「」チラッ 

アスカ「」ジー 

シンジ「そ、それじゃぁこれで」クルッ 

シンジ「」スタスタ 

トウジ「放課後!ノックや!」 

ケンスケ「また、突然に何を言い出すかと思えば」 

トウジ「隣のクラスの連中に誘われたんや!センセもくるやろ?」 

シンジ「え?あぁ、でも野球とかしたことなくて」 

ケンスケ「いいんじゃない?この際来なよ」 

シンジ「いいの?本当に僕、下手だよ?」 

トウジ「ええ経験になるで!!大歓迎や!」 

シンジ「そ、それじゃぁ」 

アスカ「」 


放課後 

シンジ「じゃぁ、先に帰ってって」 

アスカ「はいよ~」 

トウジ「ホンマに夫婦みたいな会話しよって」 

アスカ「夫婦じゃないって言ってんでしょう!?」 

ケンスケ「はいはい」アハハ 

トウジ「ほな行くで」 

シンジ「晩御飯は帰ってから作るね」 

アスカ「遅くならないでよ?」 

シンジ「うん」 

アスカ「お腹すいちゃうから」 

シンジ「ふふ、わかってるよ!それじゃぁ!」スタスタ 


アスカ「」スタスタ 

アスカ「」クルッ 

アスカ「」スタスタ 

ワイワイガヤガヤ 

カキーン 

トウジ「センセ!!いったで!!!」 

シンジ「う、うん!」ヨタヨタ 

シンジ(やっぱり、ボールはちょっとこわいなぁ) 

シンジ「おわっ!」 

ケンスケ「あちゃー!エラーだよ!エラー!」 

トウジ「まぁ、初心者やし!しゃぁないな」 

トウジ「みんなも、多めにみたってくれや!」 

ウエーイ 

シンジ「えっと!ボールは」キョロキョロ 


シンジ「あれ?おかしいな……」 

シンジ「確かにこの茂みに入ったんだけど」キョロキョロ 

シンジ「あっ!」 

シンジ「ボール!見つけた!」 

アスカ「」 

シンジ「!?」ゾクッ 

シンジ「あ、アスカ?」 

アスカ「」 

シンジ「か、帰ったんじゃなかったの?」 

アスカ「――ちょっと見に来ただけよ」 

シンジ「なんだ……見に来るんだったら一言言ってくれればよかったのに」 

アスカ「――家にいても暇だったから」 

シンジ「ふぅ……やっぱりスポーツはつかれるね」アハハ 

アスカ「」 

シンジ「もうこんな時間か」 

シンジ「トウジに言って先に帰らせてもらうよ」 

シンジ「待ってて!」スタスタ 


帰り道 

シンジ「楽しかったなぁ」 

シンジ「アスカも一緒にしたらよかったのに」 

アスカ「私はさっき来たばかりだたし」 

アスカ「汗掻くのもいやだし~」 

シンジ「そう」 

アスカ「ねぇ、今日の晩御飯何?」 

シンジ「えぇと、オムライスにしようかなって思ってるんだけど」 

アスカ「そう、上手く作れるのぉ?」 

シンジ「うん!そこは任せて」アハハ 

アスカ「まぁ、期待はしないけどね~」 


ミサト宅 

アスカ「~♪」 


ミサト「」グビグビ 

ミサト「ぷっはぁぁ!!くぅうう////」 

シンジ「ミサトさん、食事前にビール飲まないでくださいよぉ」トントン 

ミサト「いいじゃな~い。これが至福の時なのにぃ」 

シンジ「アスカは?」 

ミサト「向こうでテレビ見てるわよ?」 

シンジ「今日、トウジたちとノックしたんですよ」 

ミサト「へぇ。どう?楽しかった?」 

シンジ「はい!なんだかとても新鮮でした」 

シンジ「アスカも一旦家に帰ってから来たんですけど」 

シンジ「その時はもう時間が遅くて」 

シンジ「アスカは結局、見てただけだったんです」 

シンジ「参加すればよかったのに」エヘヘ 

ミサト「変ねぇ……」 

シンジ「どうしたんですか?ミサトさん」 

ミサト「今日は結構早くに帰ってきたんだけど」 

ミサト「アスカ見てないわよ?」 

シンジ「……え?」 

シンジ「い、入れ違いになったんじゃないんですか?たまたま…」 

ミサト「だとしても、気づくわよ~」 

ミサト「あなた達が学校終わる時間より早かったんだから」 

シンジ「……」 

シンジ(いつからあそこにいたんだよ……アスカ) 

アスカ「」 


夜 

シンジ「」スースー 

シンジ「ふぁぁ…」ゴロンッ 

シンジ「ん?」(あれ?ドアが少し開いたまんまだ) 

シンジ(ちゃんと閉めてなかったのかな) 

シンジ「」ウトウト 

シンジ「!?」 

アスカ「」ジーッ 

シンジ(え?アスカ?) 

シンジ(ミサトさんかな?とにかく、誰かがドアの隙間から覗いてる……) 

シンジ(起きるべきなのかな……) 

シンジ(僕にそんなに勇気ないよ……) 


アスカ「――おやすみ。シンジ」 


朝 

シンジ「」ウトウト 

シンジ(結局、怖くて寝付けなかった……) 

アスカ「あぁ!」 

シンジ「どうしたの?」 

アスカ「また宿題忘れた!」 

シンジ「えぇ!?また?」 

アスカ「今度はちゃんとやったのよ!だけど」 

アスカ「宿題を書いたノートを家に忘れてきたの!」 

シンジ「はぁ……僕の写す?」 

シンジ「別のノートに書けばなんとかなると思うよ」 

アスカ「言われなくてもそうする!」 


学校 

先生「ですからぁ、南極で起きた」 

シンジ「……」 

アスカ「」チラッ 

シンジ「」ゾクッ 

シンジ(僕のこと……何度も見てきてる…) 


昼休み 

シンジ「綾波、お弁当」 

レイ「ありがとう」 

シンジ「今日も、野菜ばっかりだけど」 

シンジ「これでいいかな?」モジモジ 

レイ「」パクッ 

レイ「」モグモグ 

レイ「美味しい」 

シンジ「そう!よかった!」 

レイ「碇君、嬉しいの?」 

シンジ「うん!」 

レイ「誰かに料理を作って食べてもらうって嬉しい?」 

シンジ「そんなの嬉しいに決まってるじゃないか」 

レイ「碇君」 

シンジ「?」 

レイ「今度、私が」 

アスカ「――シンジ?」ボソッ 

シンジ「!?」ゾクッ 

シンジ「あ、アスカ?どうしたの?」 

アスカ「宿題、見せてくれるっていってたでしょう?」 

シンジ「あ、あぁ…そうだったね」アセアセ 

シンジ「お弁当、また取りに来るよ」 

レイ「え、」 

シンジ アスカ「」スタスタ 

レイ「お弁当……」 


ミサト宅 

シンジ「」トントン 

シンジ(僕が綾波と話をしてると必ずアスカが邪魔する……) 

シンジ(授業中は僕の方をチラチラ見てくるし……) 

シンジ(それに…) 

『――血が出てたから、舐めてあげたのよ?』 

シンジ「……」ブルブル 

シンジ(やっぱり、アスカ……何か変だよ) 

夜 

アスカの部屋 

アスカ「」スースー 

―― 
― 

ミサト「そう……そんなことが」 

シンジ「なんか……アスカのことが段々わからなくなってきて…」 

シンジ「すごく怖くなったんです…」 

ミサト(ゴミ箱に入ってたあの紙のことも考えると……) 

ミサト(これは只事じゃなさそうね…) 

ミサト「今は我慢してあげて」 

シンジ「そ、そんな……あの冷たい視線に耐えられないんですよ!」 

ミサト「解決策は必ず見つける!」 

ミサト「それまでは辛抱してちょうだい…」 

シンジ「わかりました……」 


次の日 

NERV本部 

ミサト「ちょっち、いい?」 

リツコ「何かしら?」 

―― 
― 

リツコ「弐号機のパイロットに関する報告書?」 

リツコ「全部、渡してあるはずだけど?」 

ミサト「……他にもあるはずよ」 

リツコ「あるにはあるんだけど」 

リツコ「機密書類だから、貴方に見せるわけにはいかないわ」 

ミサト「保護監督を任せておいて?」 

リツコ「私の言っている意味がわからないのかしら」 

リツコ「貴方に渡した以上のチルドレンの情報開示は許可されていないの」 

リツコ「もし、それを見てバレてしまったら貴方は拘束されるわよ?」 

ミサト「リツコ!お願い!」 

ミサト「緊急事態なのよ!」 

リツコ「はぁ……そのかわり、何があったのか聞かせてちょうだいね」 

ミサト「ありがとう。リツコ」 

リツコ「全く、よっぽどの事情なんでしょうね」 

リツコ「資料はこれで全部よ」ドサッ 

ミサト「……」ペラッ 

リツコ「さっき、言ってた話……」 

リツコ「あれは完全なストーカー行為よ」 

ミサト「それで済んだらいいけどね。ホント、どんだけシンジくんのことが好きなのよ……」 

ミサト「あの子は」 

リツコ「アスカのそれは好意じゃないわ」 

ミサト「じゃぁ、何なのよ」 

リツコ「行き過ぎた独占欲」 

リツコ「彼女はシンジくんを我ものにしようと必死なのよ」 

リツコ「それも完璧にね」 

ミサト「でも、それって好きってことじゃないの?」 

リツコ「違うわ。アスカは負けず嫌いな性格」 

リツコ「自分よりはるかに劣るシンジくんが自分のものにならないのが許せないのよ」 

ミサト「なんでも思い通りにならないと気がすまないのね……」 

ミサト「でも、それって異常なことでもないんじゃない?」 

リツコ「……」 

リツコ「パライノアって知ってる?彼女には少なからずその兆候が見受けられるわ」 

リツコ「酷い妄想癖、自身の力量を過信しすぎている」 

リツコ「アスカは自らが手の届かない範囲まで何とか我が物にしようとしているの」 

ミサト「人の心までも自分のものにするなんて……そんなこと叶わいのにね」 

ミサト「じゃぁ、アスカの精神状態は極めて不安定って言うの?」 

リツコ「彼女の生い立ちを見れば一目瞭然よ」 

リツコ「その資料、目を通した?」 

ミサト「えぇ……」 

リツコ「幼少期の酷いトラウマ」 

リツコ「常人なら精神に何らかの形でその爪あとが残ってもおかしくないでしょ?」 

リツコ「ところが彼女はそのトラウマをバネにエヴァパイロットにまで上り詰めた」 

ミサト「まさに努力のたまものというわけね」 

リツコ「ところがその努力が彼女の異常な過信を生んだ」 

リツコ「それはもはやサイコパスの粋」 

リツコ「母親の自殺は彼女に絶対的価値観を植え付けたのよ」 

リツコ「今までに貴方が見てきたシンジくんに対する彼女の異常な行動なんて」 

リツコ「全て必然だったのよ」 

ミサト「……」 

リツコ「エヴァパイロットである限り」 

リツコ「何も問題ないと思っていたんだけど……」 

リツコ「はぁ……」 

ミサト「ねぇ、どうすればいいのかしら……」 

ミサト「別居とか?」 

リツコ「ダメよ。そんなことしたら事を早めるだけよ」 

ミサト「事を早める?」  


リツコ「シンジくんを殺すこと」 

ミサト「なっ……」 

リツコ「シンジくんを殺すことに寄ってもう誰もシンジ君に近づくことはできない」 

リツコ「彼の最期を奪う行為は彼女にとってシンジくんそのものを手に入れるのと同義になるの」 

ミサト「ありえない!いくらなんでもアスカはそんなこと!」 

リツコ「しないと思うかしら?」 

ミサト「……」 

ミサト「じゃぁ、どうすればいいのよ」 

リツコ「今すぐ、捕まえて拘束する」 

ミサト「ダメよ!!それは駄目!」 

ミサト「アスカを拘束なんてしたらシンジくんはきっと自分を責めてしまう!」 

リツコ「一度に2人のパイロット失うのは避けなくてはね……」 

ミサト「アスカを信じるしかないわ……」 

ミサト「私にはそれしかできない……」 

リツコ「……」 

リツコ「アスカがシンジくんを殺そうとしても諜報部がそれを阻止するでしょうね」 

ミサト「どの道、アスカは隔離されてしまうのね……」 

リツコ「……」 

ミサト宅 

ミサト(終わりを迎えるのをただ黙って見届けるしかできないの?) 

ミサト(他にも何か方法があるはずよ!!) 

ミサト(アスカがシンジくんを殺そうとするとき……) 

ミサト(その時は……私がアスカを止める……) 


ミサト「ただいま~♪」 

シンジ「おかえりなさい。ミサトさん」 

アスカ「今日は遅かったのね~」 

ミサト「色々と大変なのよ」 

シンジ「ご飯はもうできてますよ」 


夜 

シンジ「あ、あの…ミサトさん……」 

シンジ「解決策……わかりましたか?」 

ミサト「え?あぁ」 

ミサト「リツコとかに色々と相談してみたんだけどね」 

ミサト「思春期の女の子には良くあることだから気にするなって♪」 

シンジ「そ、そんなぁ……」 

ミサト「ふふ♪もてもてねシンジくん」 


NERV本部 

ミサト(私にできること……私にできること……) 

ミサト「ねぇ、みんな。ちょっちいいかしら?」 

日向「?」 

青葉「なんですか?急に」 

伊吹「なんでしょう?」 

―― 
― 

伊吹「アスカが……シンジくんを…うぅ…」 

日向「シンジくんとアスカの監視?」 

青葉「どうして、また」 

リツコ「ミサト!」 

ミサト「諜報部に手荒な真似はされたくないの!」 

ミサト「事が起きそうになったらみんなで全力で止めに入る!いいわね?」 

リツコ「あなたねぇ!一体何を考えてるのよ!」 

ミサト「避けられないのなら……」 

ミサト「せめて、顔見知りが近くにいてあげたほうが……」 

ミサト「少しはアスカの気も楽になるかなって」 

リツコ「ヘタすれば我々が殺されるかもしれないのよ!?」 

ミサト「そんなこと!100も承知よ!!」 

ミサト「嫌ならこの作戦に参加しなくてもいい」 

ミサト「これは私の勝手だしね……」 

日向「参加しますよ」 

青葉「いくら子供でも女一人で取り押さえるのは無理があるでしょうし」 

伊吹「アスカとシンジくんのために何か少しでも役に立てるのなら!」 

リツコ「あなたたち!」 

ミサト「みんな……ありがと」ウルッ 

リツコ「はぁ……」 


数日後 

NERV本部 

青葉「進展なしっと」 

日向「確かにあの行動は異常ですね……」 

伊吹「ずっと影からシンジくんを見てます…」 

ミサト「……アスカ」(お願い……バカな真似はしないで!) 


学校 

シンジ「え?作ってきてくれるの」 

レイ「今度は私が碇くんにお弁当作る」 

シンジ「な、なんか悪いなぁ」モジモジ 

レイ「駄目?」 

シンジ「そ、そんなことないよ!」 

シンジ「すごく嬉しい!!」 

レイ「そう」 

シンジ「明日、楽しみにしてるよ!」 

レイ「」コクリッ 



アスカ「」ジーッ 


学校 

放課後 

シンジ「さて、帰ろう。アスカ」 

アスカ「――ねぇ、シンジ」 

シンジ「?」 

アスカ「――ちょっと、寄り道していかない?」 

シンジ「え?ま、まぁ…いいけど」 

アスカ「」スタスタ 

シンジ「ちょ、ちょっと!待ってよ!!アスカ!」 


NERV本部 

日向「まずいですよ!!」 

青葉「多分、人気のないところでシンジくんを……」 

伊吹「やめて……アスカ…お願い……」 

ミサト「やっぱり……」 

リツコ「ミサト!」 

ミサト「直ちに現場へ急行するわよ!!!」 


タッタタッタッタ 


シンジ「この辺ってあんまりこないからわからないや」キョロキョロ 

シンジ「アスカはよく寄り道するの?」 

アスカ「――」 

シンジ「お店も何もないけど」 

シンジ「どうして、この道へ連れてきたの?」 

アスカ「――ふたりきりになれるから」 

シンジ「え?」ゾクッ 


青葉「よし!」 

ミサト「まだダメよ!」グイッ 

伊吹「そうですよ!まだ、凶器もだしてないのに!」 

シンジ「ど、どうしたの?アスカ」 

アスカ「――」スタ スタ 

シンジ「ね、ねぇアスカ?」オドオド 

アスカ「――ここだとひと目につかない」 

アスカ「――でしょ?」 

シンジ「」ゾクッ 


日向「ま、まずくないですか?」 

ミサト「……まだ」 

リツコ「ミサト…」 

ミサト「最後までアスカを信じたいの…」 

シンジ「こ、怖いよ……アスカ」 

アスカ「――シンジは私だけのもの」 

シンジ「!?」(今のことば……聞いたこと……ある) 

『――血が出てたから、舐めてあげたのよ?』 

シンジ「」ブルブル 

シンジ「ア、アスカ……ねぇ」 

アスカ「――」スタ スタ 

シンジ「ねぇ!!アスカってば!!!」 

アスカ「――」スタスタ 


ミサト「今よ!!」スタッ 

青葉「よし!!」 

日向「早まっちゃ駄目だ!!」 


アスカ「」チュッ 

シンジ「!?」 

ミサト「へ?」 

青葉「なっ!!」 

日向「はへっ!?」 

伊吹「//////」カーッ 

リツコ「」 

シンジ「!?」 

アスカ「」チュゥ 

シンジ「ぷはっ/////え?え?」 

アスカ「ふう……」 

アスカ「これで、私のファーストキスはアンタのもの」 

アスカ「アンタのファーストキスは私のもの!!!/////」 

シンジ「あ、アスカ///////!?な、なんだよ!?へ?」アセアセ 

アスカ「な、なによ……」 

アスカ「初めてがこの私じゃ不満なわけ?」モジモジ 

シンジ「え!?まさか!そんなことないよ!!」 

アスカ「ふん!」(これでもう誰もシンジとはファーストキスできない) 

アスカ「はぁ……」(緊張した……引き離されたどうしようかと思ったじゃない) 

シンジ「え、えっと///」モジモジ 

アスカ(ま、こいつにそんな勇気ないか) 

アスカ「ん?」 

ミサト「あははは…どうも」 

青葉「……」 

伊吹「/////」 

日向「……」 

リツコ「」 

アスカ「な、なによ……これ」 

シンジ「み、ミサトさん!!!見てたんですか?今の」 

ミサト「ちょっちね…」エヘヘ 

アスカ「うぅ…///////////」ワナワナ 

アスカ(せっかく、ひと目の付かないところまできたのにぃ…) 

アスカ「信じらんなーい!!!!!!」 


数日後 

ミサト「何がパラノイアよ。サイコパスよ」 

リツコ「でも、よかったじゃない。ただの中学生の恋愛で」 

ミサト「ただの、じゃないわよ!あの子たちにとっては貴重な青春の思い出よ!」 

リツコ「ふふ。それで、あの子たちは?上手くいってるの?」 

ミサト「えぇと、それが……以前とあんまり変わらなくて」 

リツコ「そう」 

ミサト「まぁ、あの子たちらしいっちゃあの子たちらしいけどね」フフ 

リツコ「先が楽しみね」 

ミサト「えぇ」 


学校 

シンジ「アスカ!!遅刻だよ!」タッタッタ 

アスカ「もう!寝坊なんて信じらんない!」 

シンジ「夜中までアスカのTVゲームに付き合わされたからだろ!」 

アスカ「しょうがないじゃない!!アンタが下手くそだったから時間がかかったのよ!」 

シンジ「せっかく!手伝ってあげたのにそれはないよ!」 

アスカ「とにかく!急ぐわよ!!」タッタッタ 


トウジ「お!きよった!きよった!」 

ケンスケ「仲良く手をつないで走ってるよ」 

トウジ「お~い!センセ!夫婦揃って遅刻かぁ?」 

シンジ アスカ「なっ////////」 

ケンスケ「赤面しても手は離さないっと」 

シンジ アスカ「夫婦なんかじゃないっ////////!!!」 

-----------------------------------------------------


ミサト「あら。レイ、調整終わったの?」 

レイ「……」 

ミサト「どうしたの?」 

レイ「寂しいってどんな感じですか」 

ミサト「レイ?」 

レイ「悲しいと涙が出るんですか?」 

ミサト「えぇ…そうよ」 

ミサト「人は辛い時、悲しい時。そして嬉しかった時に涙をながすのよ」 

レイ「嬉しかった時…」 

レイ「私は今、嬉しいと感じているの?」ウルウル 

ミサト「レイ……」 

レイ「私だって碇くんが欲しい」 

レイ「でも……この気持ちは胸にしまっておく」 

レイ「大切に」 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスカ「シンジは私だけのもの」ボソッ シンジ「え?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355733644/