アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

美琴「べべべ別にアンタの好きな人なんか気にならないんだから!!」【とあるss/アニメss】

 

美琴「ア、アンタの好きな人ぐらい知っているんだから!」

 

美琴「だ、だから隠したって意味ないわよ!」

 

上条「……………………はあ」

 

美琴「私の口から聞きたくなかったら、早く言ったほうがいいわよ!」

 

上条「知らないだろ」

 

美琴「ギクッ!」

 

上条「知らないからそうやって聞き出そうとしてんだろ」

 

美琴「ギクギクッ!」

 

上条「(口でギクッて……)図星かよ……)」

 

美琴「べべべ別にアンタの好きな人なんか気にならないんだから!!」

 

上条「…………はいはい。つーか上条さんにはそm「いいわよ!!」な、なんだよ……」

 

美琴「明日! 明日のこの時間までにアンタの好きな人を見つけ出してやる!!」

 

上条「……………………はあ(気にならないんじゃなかったのかよ……)」

 

美琴「首を洗って待ってなさい。私の情報網を甘く見ないでよ! じゃあバイビー!」ダダダダ

 

上条「…………な、なんだったんだ」

 

美琴「…………って言っちゃったけど、どうしよう……」

 

美琴「(そういえば、アイツに関してなんも知らないのよね……)」

 

美琴「…………うーん……」

 

舞夏「どうしたんだーみさかー? 眉間にしわよせてー」

 

美琴「えっ? あっ、なんだ土御門か。ちょっと考え事をしててね」

 

舞夏「へーみさかも悩んだりするんだー。私ならいつでも相談に乗るぞー」

 

美琴「今軽くバカにしたわよね……大丈夫よ。もっとも人に言えるようなことじゃないし……

   (……ん? 確か土御門って……)」

 

舞夏「そうなのかー? じゃあ、マンガ買ってきてほしー。兄妹もので妙になまめかしいヤツー」

 

美琴「またそれかい……まあ、いいけど。あっ、代わりと言っちゃなんだけど、ひとつ訊いてもいいかな?」

 

舞夏「んー? なんだー」

 

美琴「ア、アンタって兄貴がいたわよね」ニヤリ

 

舞夏「う、うん……(なんだか怖い……)」

 

 

学生寮

 

 

土御門「にゃっにゃにゃ~♪」

 

土御門「今日は暗部の仕事もないし、一日暇だにゃー」

 

土御門「さて何見ようかな~『義妹がいちばん!』にしようかにゃー?『メイド大全』も捨てがたいにゃー」

 

 

     ピンポーン

 

土御門「……チッ、誰だ俺の至福の時を邪魔する奴は……はいはい、今出るぜよ!」

 

 

   「5……43210」

 

 

土御門「ん? ……カウントダウン?」

 

 

   「ちぇいさぁぁぁぁぁああああああああああ!!!!」ドゴーン!!

 

 

土御門「にゃぁぁあああああああ!! ドアが吹っ飛んだぁぁぁぁぁああああ!!!」

 

美琴「アンタが土御門元春ね」

 

土御門「レ……超電磁砲……?」

 

美琴「アンタの義妹から訊いたわよ。アンタ、アイツのクラスメイトなんだって?」

 

土御門「ま、待て! 話が読めない! アイツって誰だ!?」

 

美琴「いいから! 早く! アイツの好きな人を言いなさい!!」ビリビリ

 

土御門「あ、あぶなっ! (こういう厄介ごとは……)もしかして、カミやんのことかにゃー……?」

 

美琴「!アアアアイツは関係ないでしょ! い、いや、か、関係あるんだけど……///」モジモジ

 

土御門「(やっぱりか……カミやーん、あとで一発殴らせろ)」

 

美琴「……で、どうなのよ?」ビリッ

 

土御門「ひっ! し、知らないにゃー!!」

 

美琴「……ほんとに?」ビリビリ

 

土御門「ほんとにほんとだぜよ! こんな所で命を捨てるバカはいないにゃー!!」

 

美琴「……はあ、まあ最初っから期待してなかったんだけど……」

 

土御門「…………ほっ」

 

美琴「でも、それを訊くためだけに来たんじゃないのよねぇ」ニヤリ

 

土御門「!!」ビクッ

 

美琴「エツァリ」パチンッ

 

海原「はいっ!」シュタッ!

 

土御門「!?」

 

土御門「う、海原どうしてここに!……ってエツァリ!?」

 

海原「ご察しの通り、僕は御坂さんにすべてをさらけ出し、差し出したんですよ。言葉通り、身も、心も……」

 

美琴「御坂·さ·ん?」

 

海原「はいぃぃっ! 御坂様ぁぁ!!」

 

土御門「(駄目だこいつ……早くなんとかしないと……)」

 

海原「……ところで、なぜ僕を呼び出したのですか? 御坂様?」

 

美琴「アンタに頼みたいことがあってね。まずこのグラサン男の皮を剥いで変装しなさい」

 

土御門「はあぁぁ!?」

 

海原「了解しました」チャキ

 

土御門「お、お前、一般人に魔術を……」

 

海原「言ったでしょう? すべてをさらけ出した、と」

 

土御門「(想い人とその周辺の世界を守るとか、なんとか言ってなかったっけ……)」

 

海原「さあ、腕でも脚でもいいですから、早く出してください」

 

土御門「くっ、断る! テメェらに協力する義理なんかねぇし、なにより痛いのは嫌だ!!」ダッ

 

海原「逃がしませんよ!」

 

美琴「えい☆」ビリビリ

 

土御門「あふん」バタ

 

美琴「ったく、さっさとしてよね」

 

海原「はっ!」

 

土御門「うな……ばら…………覚えて……ろ……よ……」ピクピク

 

海原「腕の皮を剥ぎますね」

 

土御門「ショチトルに……言いつけて……やる……」ボソボソ

 

海原「やっぱり尻の皮にしときますね」

 

土御門「! や、やめろ!わかった、チクらないから!!」

 

海原「案外目立たないものですよ?」

 

土御門「そうじゃねえよ! 男に脱がされてしかもケツの皮を剥がされるなんて一生もんの恥じゃ『うるさい(ビリッ)』あふん」バタ

 

美琴「腕でも脚でも尻でも×××でもいいから、早く皮を剥ぎなさいよ」パリッ

 

海原「はいぃぃ! (やだ……ゾクゾクしちゃう……)」

 

土御門「」

 

偽御門「じゃん! どうですか、御坂様!」

 

美琴「そっくりじゃない! これならアイツの……ふふふ」

 

偽御門「! ……ア、[アイツ]とは……」

 

美琴「え、ああ、今からアンタはアイツに接触してもらうわ」

 

偽御門「!!」

 

美琴「そしてアイツのす、好きな人を訊きだしてちょうだい」

 

偽御門「!!!」

 

美琴「頼むわよ」

 

偽御門「い、いや……その……[アイツ]ってやっぱり……」

 

美琴「?……か、上条当麻よ。言わせないでよ、恥ずかしい////」

 

偽御門「orz」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

美琴「お願い、できるかな?」(しゃがんで、上目づかい)

 

偽御門「喜んでぇぇぇ!!!」

 

美琴「(ちょろい)じゃあ、さっそく行ってもらえるかな? 私は別方向から調べてみるから行けないけど」

 

偽御門「わっかりましたぁぁぁぁ!! 行ってきまっす!!!」ダダダダ

 

美琴「さぁて、あの子はどこにいるのかしら?」タタタタ

 

  「……」ソォー チラッ

 

  「!」ビクッ

 

土御門「」

 

  「……」トコトコ ガチャ バタン

 

  「……」

 

禁書「隣人が皮の剥けたケツを出して気絶してるんだけど質問ある?」カタカタ

 

 

上条「ふー、やっと補習も終わったし、スーパーでも寄って帰るとするかな」

偽御門「にゃー! 上条にゃん! やっと見つけたにゃーん!!」

 

上条「つ、土御門ぉ!?」

 

偽御門「上条にゃんを探してにゃー、学園都市中をにゃー、走り回ったんだにゃんにゃにゃん」

 

上条「(か、上条にゃん? つーか、にゃーにゃー言い過ぎじゃねぇかw?)」クッ…プルプル

 

偽御門「? 上条にゃん、どうしたんだぜい、ぜあー、ぜむ」

 

上条「ブハッww! いや、なんでもないw!そ、それより俺に用があるんだろ?」

 

偽御門「そうなんだにゃー。単刀直入ににゃー訊くけどいいかにゃん?」

 

上条「……ああ、別にいいけど」

 

偽御門「上条にゃんの好きな人って誰?」

 

上条「………………はあ?」

 

偽御門「だから、上条にゃんの好きな人は誰だって訊いてるにゃん」

 

上条「…………なんで?」

 

偽御門「ひ·み·つ」

 

上条「(うぜぇ……)……前にも言わなかったけ?」

 

偽御門「も、もう一度頼むにゃー」

 

上条「前言ったの信じてねえだけだろ……はあ、俺の好きな人はだなあ……『(ん……ちょっと待ってください)』……で」

 

 

偽御門「(これを訊いて本当に僕にメリットがあるのでしょうか……?)」

 

偽御門「(おそらく御坂様は自分と彼が両想いかどうか調べているのでしょう)」

 

上条「…………だから………………」

 

偽御門「(もし両想いだったら彼女は告白するのでしょうか……)」

 

上条「…………というわけで…………」

 

偽御門「(もし片想いだったら…………御坂様の悲しむ姿を見たくありませんね)」

 

上条「…………なんだよ」

 

偽御門「(御坂様の悲しませず、僕のことも……い、いえ! 自分のことは二の次です!)」

 

上条「……あのー、土御門さん? 聞いてます?」

 

偽御門「(御坂様が幸せになるなら自分を犠牲にしてでも……………………あっ)」

 

上条「おーい、グラサーン、天邪鬼ー」

 

偽御門「上条にゃん……」

 

上条「お、おお……なんだ?」

 

偽御門「ちょっとそこの公衆トイレに行かないか」

 

上条「連れション? まあ、いいけど」

 

偽御門「ああ、連れションだ……」

 

上条「…………土御門?」

 

偽御門「………………」

 

上条「……上条さんにそっちの趣味はありませんよww」アハハ

 

偽御門「………………」

 

上条「…………え、マジ……冗談だよな……」

 

偽御門「…………上条当麻…………」

 

 

 や·ら·な·い·か

 

上条「」

 

アッーーーーーーー!!

 

 

某所

 

 

美琴「さぁて、確かあの子とここで会ったときって……」ビリビリッ

 

    

  「お姉様?」

 

 

美琴「イェイ! さすが私の妹!」

 

御坂妹「? 強い電磁波を感じたので来てみたんですけど、何か用ですか? とミサカは尋ねます」

 

美琴「んっふふー♪ 実はアンタたちのネットワークで調べてほしいことがあるの」

 

御坂妹「なんでしょうか? とミサカは首をかしげます」

 

美琴「ア、アイツのす、す、好きな人について////」

 

御坂妹「[アイツ]とは上条当麻のことですか、とミサカは確認します」

 

美琴「え、ええ、そうよ。お願いね」

 

御坂妹「……わかりました、とミサカはMNWに接続します」

 

御坂妹「(この後運営のおしおきをくらった者は後を絶ちませんでした、とミサカはMNWを切断します。19090号もくらってたな……)」

 

美琴「で! どうだった!」ワクワク

 

御坂妹「(あ、忘れてた……)えっとですね。彼の好きな人は……」

 

美琴「うんうん///」ドキドキ

 

御坂妹「なんと! このミサk(ガシッ!)!?」ビクッ

 

 

 

 

美琴「ど·の·ミ·サ·カ?」ゴゴゴゴ

 

御坂妹「ミ、ミサカの目の前にいるミサカ、つまりお姉様ですハイ、とミサカは答えますハイ」

 

美琴「や、やっぱり~//// 困っちゃうな~/////」クネクネ

 

御坂妹「(どないせえちゅうねん)」

 

美琴「こ、告白しようかな/// で、でもあっちからのを待つのもいいかな////」ビリッ

 

御坂妹「ひぃ! 漏電してる!!」ビクッ

 

美琴「どうしよう~////」ビリビリ

 

御坂妹「(巻き込まれないように退散したほうがいいですね、とミサカは逃走を計ります)」スタコラサッサ

 

美琴「むふふ///……ってあの子いつの間にかいなくなってる」

 

 

 

   「御坂!!」

 

 

 

美琴「っはいぃ!!(この声って……)」

 

上条「はあ、はあ、ここにいたのか。探したぞ」

 

美琴「(さが、探したって私のことを!? あわわわ/// め、目合わせられない///)」トクントクン

 

上条「? どうしたんだ? 顔真っ赤だけど……」

 

美琴「んな、なんでもないわよ! アンタは何か用件でも? まだ時間切れにはほど遠いでしょ(もう答えはわかったけどね///)」

 

上条「……そのことについてなんだけどさ…………」

 

美琴「?」

 

上条「もう我慢できなくて…………俺」

 

美琴「!!(ええ!! こ、告白!? 今! ここで! ちょっと、ちょっと待って心の準備がまだ……)」ドキンドキン

 

上条「俺……実は…………御坂のことが、」

 

美琴「(はわわわわわわ//// しししししん、心臓が飛び出るぅぅぅぅぅぅ!!!)」バクバクバクバク

 

 

    「すk『とうま!!』

 

 

上条·美琴「!!」

 

禁書「また女の人に手ぇだして! その性分はいつになったら治るのかな!!」プンプン

 

美琴「あ、あの時の白シスター!?」

 

上条「き、禁書目録! どうしてここに!?」

 

美琴「(きんしょ……?)」

 

禁書「あっ、短髪! あなたはとうまとどういう関係なの!?」

 

美琴「どういう関係って……今からあれな関係になるっていうか……なんていうか……////」ゴニョゴニョ

 

禁書「? よく聞こえないかも。とうま、早く帰って一緒にごはん食べようよ。もう腹ペコなんだよ!」

 

美琴「一緒にごはん!? ア、アンタこそコイツとどういう関係なのよ! ってアンタも何か説明しなさい!!」

 

上条「…………」タラー

 

禁書「とうま! 私もとうまの口から聞きたいんだよ!」

 

上条「………………」ダラダラダラ

 

禁書「う~、黙ってると噛みついちゃうんだよ!!」

 

     ガブッ!!

 

上条「いたたたたたたたたたたた!! すみませんすみませんもうしませんもうしません!!ぎゃあああああ、僕の頭がああああああ!!!」

 

禁書「グルルルルルルル」ガジガジ

 

美琴「([もうしません]……[僕]?)」

 

上条「割れちゃうぅぅぅぅぅぅ!! み、御坂様ぁ! た、助けてくださいぃ!! 

   反省してますからぁぁ!! もうストーカーも何もしませんからぁぁぁ!!!」

 

美琴「([御坂様]?……………[ストーカー]!!)」

 

禁書「(あれ? いつもの噛みごたえと微妙にちがうかも…………そもそもこれって……魔術?)」パッ

 

上条「はあ、はあ、やっと解放された…………」

 

美琴「……………」

 

禁書「……………」

 

 

美琴「……………エツァリ」パチンッ

 

上条「はいっ!」シュタッ!

 

美琴「……………」ニコニコニコニコ

 

上条→偽条「……………」ダバダバダバダバ

 

美琴「…………えろ」ボソッ

 

偽条「…………はい…………?」

 

美琴「消えろ消えろ消えろぉ!! 私の前に二度と姿を現すなあああああああああ!!!!」

 

 

   ビリリリッバリバリバリィィィィィィィィ!!!!!

 

 

偽条「ひ、ひえぇぇぇぇぇ~~~~~~!!」ダダダダ

 

 

 

美琴「はあ、はあ、はあ、はあ……」

 

禁書「た、短髪……」

 

美琴「…………うぅ」グス

 

禁書「!(あれはとうまの偽物だってことはわかったけど、どうして短髪は泣いているの?)」

 

美琴「……うぅ……ひっく……ぐす……」ポロポロ

 

 

  「御坂! インデックス!」

 

禁書·美琴「!!」

 

禁書「とうmええええぇぇぇぇぇぇぇ!?」ガビーン

 

上条「お前ら、俺を、いや俺の偽物を見なかったか?」

 

美琴「……偽物って(グスン) じゃあ、アンタが本物だっていうnはああああぁぁぁぁぁぁぁ!?」ゴーン

 

上条「ん? どうした二人とも。叫び声をあげて」

 

禁書「どどどどどどうしてパンツ一丁なのかな、とうま!!」

 

 

美琴「」ポカーン

 

 

上条「こ、これは偽物に盗られてな……偽物が脱いだ服は自分で持ってちゃうし……拘束されてて今やっと抜け出してきてって、御坂! 泣いているのか?」

 

美琴「!!(ブンブンブン)ち、違うわよ! こ、これは汗で……」

 

上条「正直に言え! 俺の偽物にやられたのか!?」ガシッ

 

美琴「(顔近い///)……う、うん」コクン

 

上条「ちくしょう! あの野郎、ぜってーぶん殴る!!」ヒョコヒョコ

 

禁書「(ん? 歩き方がぎこちないんだよ)」

 

上条「御坂!俺の偽物がどこ行ったかわかるか?」ヒョコヒョコ

 

美琴「……あっち(パンツ姿で歩き回らないでよ、もう////)」

 

禁書「ねえ、とうま」

 

上条「ん、なんだ?(あ、たぶん俺の偽物は魔術師みたいだ)」ボソボソ

 

禁書「んーん、そうじゃなくて……なんでひょこひょこしてるの?」

 

上条「……ききききき気にするなインデックス!(トイレで偽土御門にケツの皮を剥がされたなんて言えない……)」

 

禁書「脚をつたって血が垂れてるし……」

 

上条「ささささあ! 早く俺の偽物を捕まえないと!!」

 

美琴「…………ねえ…………」

 

上条「ななななんでせうか?(バレたか…………?)」

 

美琴「…………アンタの好きな人って誰?」

 

上条「…………ハイ?」

 

美琴「だ·か·ら! アンタの好きな人は誰って訊いてんの!!」

 

上条「……え? それって自分で調べるって」

 

美琴「せせせ正解はわかったわよ! 答え合わせがしたいのよ!」

 

禁書「と、とうま、私も気になるかも!」

 

上条「インデックスまで! ……まあ減るもんじゃねえし、かまわねえけどよ」

 

禁書「(え、本当に言っちゃうの?)」ドキドキ

 

上条「……俺の……」」

 

美琴「(ま、まあわかっちゃってるし、ただ確かめるだけよ!…………ってこれって告白?)」

 

上条「…………好きな人は……………」

 

禁書·美琴「…………」ドキドキ

 

 

「いっませ~~~~~ん☆」

 

 

禁書·美琴「…………………………」

 

禁書·美琴「…………………………はあ?」

 

上条「なんだよ、その顔は。どうせ信じてないんだろ」

 

禁書·美琴「…………………………」

 

上条「悲しいことにこれは事実なんですよ。女子との出会いが少ねえからかなぁ」

 

禁書·美琴「…………………………」ピキ

 

上条「なんか女の子とフラグが立つようなイベント起きないものですかねえ」

 

禁書·美琴「…………………………」ピキピキ

 

上条「天よ! どうか俺のハートをズキュ~ンと打ち抜く運命の出会いを!!」

 

禁書·美琴「…………………………」ピキピキピキ  ブチィッ!

 

禁書「と~う~ま~!!」ゴゴゴゴ

 

美琴「ア~ン~タ~は~!!」ゴゴゴゴ

 

上条「ひいっ! み、御坂は知ってたんだろ!」

 

美琴「え! あ、ああ、そ、そうよ! 知ってたわよ(あの子……覚えてなさいよ……)」

 

禁書「と~う~ま~! なんで私がこんなに怒っているかわかるよね?」ゴゴゴゴ

 

上条「イ、インデックスさん!? わ、わかりますとも! 俺に好きな人がいない発言にガッカリしてんだろ!?」

 

禁書「……………」ブチブチッ!!

 

上条「えええ、え~とだな、代わりと言っちゃ変だけど、上条さんの好きなタイプを教えますハイ」

 

禁書·美琴「!!」

60 :1 [saga]:2010/11/29(月) 23:27:32.23 id:I644g7k0

上条「ずばり! 上条さんの好きなタイプは!!」

 

禁書·美琴「……………」ゴクリ

 

 

上条「年上で、巨乳で、おしとやかで、大人っぽいとみせかけて実は可愛らしくて、強がっているけど守ってやりたくなるような感じで、毎朝ほうき持って掃除しながら俺に[おはよっ♪]って言ってくれる人だ!!」

 

 

禁書·美琴「…………………………」

 

上条「これでアパートの管理人のお姉さんだったら、もう! 最高! パーフェクトッ!!」

 

禁書·美琴「…………………………」

 

上条「ふ……二人とも? どーしたー? フリーズしてっけど……」

 

美琴「…………………………丸焦げ……」ボソ

 

上条「へ?」

 

禁書「…………………………噛み砕く……」ボソ

 

上条「ハイ?」

 

禁書·美琴「…………………………」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

 

上条「な、なんでそんなに怒っているんだ…………? そうか! 俺の偽物がなんかやったんだな!!

   許せねえな! 俺の偽物!! 早く捕まえに行こうぜ! 俺の偽物を!!」

 

 

 

禁書·美琴「ウガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

 

 

上条「ええ!? 不幸っだあああああああああああああああああああ」

 

偽条「…………はあ」

 

偽条「(御坂様、いえ御坂さんを怒らせてしまいました…………)」

 

偽条「(泣いてましたよね……彼女……)」

 

偽条「([二度と姿を現すな]……ですか…………はあ……僕はなんてことをしてしまったんだ……)」

 

偽条「………………」

 

偽条「(……死のう……)」

 

 

 

  「どいてどいてどいてぇぇぇ!!」

 

 

     ドンッ!

 

偽条「うわっ!」

 

上条「うおっ、わ、悪い!って俺ぇ!! じゃなくて、俺の偽物!!」

 

上条「テメェよくも俺に変装して、好き勝手やってくれたな!」

 

偽条「……そうですよね……死んだほうがいいですよね……海のゴミにでもなりましょか……」

 

上条「…………は?」

 

偽条「確か日本には富士の樹海というものがありましたよね……そこで静かに死ぬのもいいでしょう……」

 

上条「お、おいおいおい! 何言ってんだよ、お前!」

 

偽条「御坂さんに嫌われてしまった以上、僕の生きる希望は途絶えました……」

 

上条「……変装に……この口調に……御坂さん!? お前ってあの時の偽海原か!?」

 

偽条「はい……そうです……御坂さんには貴方がいますし、安心できますよ……それではそようなら……もう二度と会うことはないでしょう……」フラフラ

 

上条「な、何があったんだよ!!」

 

偽条「……………………」フラフラ

 

上条「……………………」

 

偽条「……………………」フラフラ

 

上条「待ちやがれテメェ!!」

 

偽条「……なんですか?…………もうほっといてください……」

 

上条「ほっとけるかよ! 俺は、今から自殺するって言っているヤツを黙って見過ごせる人間じゃねぇんだよ!!」

 

偽条「………………」

 

上条「話してみろよ!こんな俺でも人の相談を受けることはできるぜ!!」

 

偽条「………………です」

 

上条「ん?」

 

偽条「……御坂さんにひどいことをしてしまったんです……それで[二度と姿を現すな]って……彼女泣いてたんですよ……」

 

上条「…………」

 

偽条「最低ですよね…………彼女を守るって誓っておいて、泣かせてしまうなんて……」

 

上条「それでいいのかよ……」

 

偽条「…………はい?」

 

上条「テメェは御坂を泣かしたまま、勝手に死んじまっていいのか訊いてんだよ!!」

 

偽条「…………ッ!」

 

上条「御坂を守るってことは、御坂の[笑顔]も守るってことだろ! 守れよ! 今からでもいいから守り通せよ!!」

 

偽条「…………そうですね……会えなくても陰から守ることもできますしね……」

 

上条「馬鹿野郎!!」

 

偽条「!!」

 

上条「なんで裏にまわろうとすんだよ! なんで正面から守ろうとしねぇんだよ!! テメェは御坂のことが好きなんだろ!  好きになったヤツぐらい真正面から守ってやれよ!!」

 

偽条「…………ですが、[二度と姿を現すな]って言われてしまいましたし……」

 

上条「…………謝ったのか?」

 

偽条「!」

 

上条「御坂にひどいことをして謝ったのか!? 謝ってねぇんだったら今すぐ御坂に頭を下げに行け!!」

 

偽条「……し、しかし謝ったぐらいで許されることでは……」

 

上条「大馬鹿野郎!!」

 

偽条「!!]

 

上条「許すかどうかを俺たちが決めることじゃねぇ! 御坂本人だろ! それに、許してもらおうなんてのは甘いかもしれねぇ。だがな! 絶対に許されちゃいけないってことはねぇんだよ!!!」

 

偽条「!!!」

 

上条「それでもテメェが、御坂に謝らず、自殺するって考えを持つってんなら、まずはその幻想をぶち殺す!!」

 

 

偽条「…………ふっ、パンツ一丁の人に説教されるとは思いませんでしたよ」

 

上条「えっ、いや、これは……ってお前盗ったんだろ! 返せよ!」

 

偽条「…………やはり貴方は優しい方だ……」ボソ

 

上条「え? 今なんて?」

 

偽条「いいえ、なんでもありません。では御坂さんに謝りに行きたいと思います」

 

上条「おう! がんばれよ!」

 

偽条「はい! 相談に乗っていただきありがとうございました。それでは、

 

 

 

 

   

    うおおおおおおおおおおおおおおお御坂さああああああああああああん!!!!」

 

 

上条「……………………」

 

上条「(御坂にひどいことって何したんだろな……あえて訊かなかったんだが)」

 

上条「(結局、あいつ俺の変装解かなかったな……服も返してもらってないし)」

 

上条「(御坂、俺と勘違いしなければいいけど……)」

 

上条「(あれ? 結果的に俺の囮になってない?)」

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

某所

 

美琴「はあ、はあ、アイツどこ行ったのよ……」

 

 

 「御坂さん!」

 

 

美琴「!!」

 

偽条「先ほどは本当にすみませんでした! 一生かけても償い切れないかもしれません!で、ですが、御坂さんを好きだという気持ちは本当です! 今度素顔で告白s『ぶっ飛べぇぇぇぇええ!!!』ハイ?」      

 

 

 

    ドッコオオオオオオオオオオオン!!!!

 

 

 

偽条「あっひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいいいいいい!!!」ヒュー キラン☆

 

 

路地裏

 

上条「ふう、何とか逃げ切ったようだな……」

 

      ビービー

 

上条「!」ビクッ

 

警備ロボ「ウィーン ウィーン」

 

上条「なんだ……警備ロボットか……」ホッ

 

   

 

    ギギギギギギギギ

 

 

 

上条「! み、耳が! なんだこれは……まるで黒板を爪でひっかいたときの音……だ」

 

 

 

    ガッキィン!! ガッキィン!!

 

 

 

上条「ぐわっ!! こ、こんどは……まるでつるはしをコンクリートに叩き付けたような音……」

 

上条「(くそっ! 何が起きている! また魔術師か!?)」

 

 

      ピタッ

 

 

上条「! 音が止んだ……」

 

 

   「と·う·ま」

 

上条「イ、インデックス!? ここは危険だ! 魔術師から攻撃を受けているかもしれない!」

 

    ギギギギギギギギギ

 

上条「くっ、 またか!」

 

禁書「とうま、まだわからないの?」

 

上条「?」

 

 

 

禁書「これは私の歯ぎしりの音だよ」

 

 

 

上条「」

 

禁書「そしてこっちが

ガッキィン!! ガッキィン!!

歯を打ち鳴らしている音だよ」

 

 

上条「」  

 

禁書「覚悟はできてるのかな? とうま」

 

上条「ちょ、ちょっとま待ってくれインデックス! ひとつ質問していいか?」

 

禁書「?」

 

上条「ど、どうやってここまで来れたんだ? 結構距離が離れてただろ……」

 

禁書「とうまのね、お尻から垂れてる血をたどって来た」

 

上条「」

 

禁書「アステカの魔術師にやられたんでしょ? 一度同じようなの見たからわかるよ」

 

上条「」

 

禁書「そういえば、誰も信じなかったなあ……カメラとかないから、うpしたくてもできねえんだよ!!」ギギギギ

 

上条「イ、インデックスさ~ん?」

 

禁書「あーもう! イラつくこと思い出させやがって……いつもの二割増しで噛みついてやる!!」ガッキィン!

 

上条「二割増しどころじゃないと思うんですが!!」

 

 

禁書「グガアアアアアアアアアアアアアアア!!!」ガバッ

 

 

上条「ひぃ!!」サッ

72 :1 [saga]:2010/11/30(火) 01:48:48.47 ID:br./Qvc0

     ガキィッ!!

 

警備ロボ「ビーガガガ、ギギーガガ」ガクガク

 

上条「け、警備ロボ?」

 

 

 

      ギギギギギ、、、ガキンッ!!

 

 

 

警備ロボ「ジジ、、、ザザザ、、、、ガ」 ボンッ!!

 

 

上条「警備ロボぉぉぉぉぉぉおおお!!!」

 

禁書「ぺっ、まずい鉄くずなんだよ!!」

 

上条「(殺される殺される殺される殺される殺される!!)」ガクガクガクガク

 

禁書「ふっふっー、次こそとうまなんだよ」

 

上条「(逃げなきゃ逃げなきゃ逃げなきゃ逃げなきゃ!!)」ダッ

 

禁書「あっ、待てぇ!!」

 

上条「(来るな来るな来るな来るな!!)」ダダダダ

 

 

     ドンッ!!

 

 

上条「!!」

 

  「おっと」

 

上条「よ、黄泉川……先、生……?」

 

黄泉川「お、上条だな」

 

上条「(黄泉川先生……俺がピンチのときに颯爽と登場するなんて…………もしかして貴方が運命のh『ガチャッ』……がちゃ?」

 

黄泉川「えー、こちら黄泉川。容疑者を確保した。連行するじゃん」

 

上条「黄泉川先生? これは何でせうか?」ガチャ

 

黄泉川「手錠じゃん」

 

上条「そうじゃなくて! なんで俺が手錠かけられているんですか!!」

 

黄泉川「自覚無しか…パンツ一丁でJCにつかみかかっている変態がいるって通報があったじゃん」

 

上条「へ?」

 

黄泉川「その他にも、パンツ一丁の不審者が町を走り回っているってたくさん通報が来てるじゃん」

 

上条「」

 

黄泉川「しかもお前を監視していた警備ロボットを壊すなんて……普通に逮捕ものじゃんよ」

 

上条「」

 

禁書「グルルルルルルル また女の人と…………」ガッキィン!

 

上条「」

 

上条「よ、黄泉川先生! 今だけ! 今だけでいいですから逃がしてください!!」

 

黄泉川「はあ? 何言ってるんじゃんよ」

 

「と」

 

上条「死期が! 死期が歩いてくる! お願いです! 放してください! 逃げ切ったら必ず捕まるんで!!」

 

黄泉川「死期? 逃げ切る? 捕まる? 意味不明じゃんよ」

 

「う」

 

上条「いやだぁぁぁぁあああ!! たすけてくれぇぇぇぇええええ!!! まだ死にたくないぃぃぃぃぃいいいい!!!!!」

 

黄泉川「こ、こら! 暴れるな!!」

 

「まあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

 

上条「んぎゃぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

美琴「ア、アンタの好きな人ぐらい知っているんだから!」

https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1290779330/