アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

インデックス「ハァ、ハァ……す、凄かったんだよ、とうま………」【とあるss/アニメss】

 

――とある喫茶店

 

 

一方通行「いきなり呼びつけてきたと思ったら開口一番それかよ」

 

上条「悪い……でもお前しかいないんだ!頼む!」

 

一方通行「落ち着け、とりあえず注文くれェさせろ」スイマセーン

 

上条「あ、あぁ…そうだよな、悪い……」

 

「お待たせいたしました、ご注文をどうぞ」

 

一方通行「ホットコーヒー一つ。お前は?」

 

上条「い、いや俺は水でいいよ」

 

一方通行「お前いくら金欠だからって喫茶店来といて『水でいい』はねェだろ」

 

上条「お金がないわけじゃないよ!?悩み事のせいで水くらいしか喉通らないつってんの!」

 

一方通行「あっそォ。ンじゃすいませン、ホットコーヒーだけで」

 

「かしこまりました、少々お待ちください」

 

一方通行「ふゥ…」

 

上条「そ、それで相談なんだけど…」

 

一方通行「だァから落ち着けってのに、ちゃンと聞いてやっからコーヒー来るまで待てっての」チッ

 

上条「うぅ……」シュン

 

一方通行「ったく……」

 

上条「……」ソワソワ

 

一方通行「そわそわしてンじゃねェようざってェ」

 

上条「う……ご、ごめん……」

 

一方通行「……そンな深刻な事なのかよ?」

 

上条「俺にとっては物凄く……」

 

一方通行「ふゥン……」

 

「お待たせいたしました、こちらホットコーヒーです」

 

一方通行「どォも」

 

「ご注文以上でよろしいでしょうか?」

 

一方通行「はい」

 

「それではごゆっくりどうぞ」

 

一方通行「さて、と」

 

上条「相談、聞いてもらえるか?」

 

一方通行「あァ……だがその前に」

 

上条「ん?」

 

一方通行「ンなにテンパった状態じゃまともに話も出来ねェだろ?おら、これでも飲ンで落ち着け」ス

 

上条「は!?いやいやそんなホットコーヒーに付属してるミルク渡されても困るから!

そんなの飲んでも落ち着かないから!何でそんないい顔しながら差し出して来てんの!?

いくら貧乏な上条さんでもそんなもの飲もうとは思いませんのことよ!?」

 

一方通行「あァ?安心しろ、こいつはコーヒーフレッシュつってミルクじゃなくて植物性油脂と乳化剤から……」

 

上条「減った減った!安心出来る要素むしろ減った!ますますそれ単品じゃ飲めないものって事じゃねぇか!?」

 

一方通行「わかったわかった、軽い冗談だっての。ほら砂糖もつけてやっから」ス

 

上条「だからいらないって!何なの『砂糖もつけてやるから』って!?全然妥協案になってないじゃん!ミルクとスティックシュガーで俺に何しろってんだ!?」

 

一方通行「ミルクじゃなくてコーヒーフレッシュだつってンだろ」チッ

 

上条「うるさいよ!てか何でお前が不機嫌になってんだ!?どうしちゃったの今日のアクセラさん!?」

 

一方通行「ふむ……」

 

上条「いや、『ふむ』じゃなくて……」ハァハァ

 

一方通行「よォやく少しはいつもの調子が戻ってきたみてェだな」ヤレヤレ

 

上条「え?」

 

一方通行「何でもねェよ、それで相談ってのは何だ?」

 

上条「一方通行……」

 

一方通行「さっさとしろよ、俺は気が短ェンだ。このコーヒー飲み終わったら帰っからな」ズズ

 

上条「……わかった、それじゃ聞いてくれ……実はインデックスの事なんだけど……」

 

一方通行「あの暴食シスターの?……そォいやお前ら正式に付き合い始めたとか言ってやがったな」

 

上条「あ、あぁ、先月からな。そういえばその報告はしてなかったっけ?まぁ、上条さんにもようやく春が来ましたよ」フ

 

一方通行「『ようやく』……『ようやく』ねェ……」ハァァ

 

上条「ん、何だその含みのある言い方?」

 

一方通行「べっつにィ?ただお前に春が来ちまったお陰でどこぞのオリジナルが荒れまくってこっちまでとばっちり喰ったのを思い出してただけですけどォ?」

 

上条「御坂の事か?何で俺に春が来たらあいつが荒れるんだ?」キョトン

 

一方通行「お前は相変わらず……いや、もう何も言わねェけどよ……

つか恋愛事の相談なら俺にすンのはお門違いだろ、力になれるとは思えねェぞ?」

 

上条「いやその、恋愛事っつーかなんつーかさ……一方通行、お前口は固いよな?」

 

一方通行「……まァ、他人の悩み事をぺらぺら吹聴する趣味はねェしそンな相手もいねェな」

 

上条「こっから先は絶対に他言無用で頼む。お前だから、話すんだ」

 

一方通行「だから本当に俺でいいのかよ?男女間の事ならもっと他に適任がいるンじゃねェか?」

 

上条「俺の知ってる中で一番口が固そうなのがお前だったからさ。聞いてくれるだけでもいいんだ、だから頼む……」

 

一方通行「……はァ……わかった、話せよ」

 

上条「サンキュ……えっとな、さっきちょっと言った通りインデックスの事でさ」

 

一方通行「おォ」

 

上条「ちょっとその、言い辛いんだけど、せ、性の不一致っつーかさ、えっと……」

 

一方通行「……はァなるほど、そォいう話か。そりゃ確かに口が軽いやつには相談し辛ェわな」

 

上条「だろ!?俺だって最初は経験豊富そうな土御門に相談しようと思ったんだよ!だけどアイツに話したらいつの間にか色んな奴に話が広まってそうだし!」

 

一方通行「気持ちはわからねェでもねェが、お前ら付き合い長ェダチなンだからもっと信用してやってもいいンじゃねェか?」

 

上条「……ちょっと前にさ、インデックスに告白したいって相談を土御門にしたんだよ」

 

一方通行「あっ(察し)」

 

上条「次の日にはイギリスにまで話が広がっててステイルが飛んできた」

 

一方通行「お、おォ」

 

上条「お前も激励に来てくれたよな、話してもないのに」

 

一方通行「……」

 

上条「お前だけじゃない、他にも色んな人が来てくれたよ……

嬉しかったし実際勇気づけられたけどさ、俺がインデックスに告白するって皆誰に聞いたんだろうね?

俺土御門にしか相談してないのにおかしいよね?一方通行、お前はどこから聞きつけたんだ?」

 

一方通行「……土御門から聞いた」

 

上条「ほら見ろ!ほら見ろ!これでも土御門を信用しろって言うのかよ!?そりゃ確かにアイツは的確なアドバイスをくれたけどさぁ!」

 

一方通行「わかったわかった、俺が悪かったよ……」

 

上条「それにその、お前に相談しようと思ったのは単に口が固そうだからってだけじゃなくて、お前ならどんな相談でも真剣に聞いてくれそうだったからさ……」

 

一方通行「……随分と買い被られたもンだな」コーヒーズズズ

 

上条「まぁお前に相談するか同じく真面目で口が固そうな御坂に相談するか結構悩んだんだけどな」

 

一方通行「ぶっ!!?」ゴフッ

 

上条「うお!?ど、どうした突然!?大丈夫か!?」

 

一方通行「ゲホッゲホッ……お、お前、オリジナルにその話はしてねェだろォな?」ゴホッ

 

上条「あ、あぁ、冷静に考えたら性の不一致なんて女の子にする話じゃないよなーって思ってさ」

 

一方通行「そ、そォか……ちょっと思い留まる方向性は間違ってる気もすっけど話してねェンならまァいいか……」ゲホゲホ

 

上条「それでだ一方通行、本題に入る前にまずこれを聞いてもらえるか?」ス

 

一方通行「あァ?何だこりゃ、iPodか?」

 

上条「そんな高級品俺が買えるわけないって。パチモンの音楽プレーヤーだよ、2000円くらいの」

 

一方通行「ふゥン……それで?」

 

上条「安物だけどボイスレコーダー機能もちゃんとついててさ、俺の悩みの種の全てがそれに録音されてる。

だから多分俺が口で説明するよりそれを聞いてもらった方がわかりやすいと思うんだ」

 

一方通行「そンな複雑な悩みなのかよ?性の不一致とか言ってやがったが……

つかお前ヤることしっかりヤってたンだな、相手シスターなのに」

 

上条「い、一生大事にするし結婚するからセーフ!セーフです!ちゃんと合意の上だし!」

 

一方通行「まァ現代なら一応将来を誓った相手となら婚前交渉してもオッケーなンだったか」

 

上条「そうそう、俺だってその辺はちゃんと調べたんだよ。

でもってそんな一生大事にしなきゃならない相手だからこその悩みなんだよこれは」

 

一方通行「確かに、十字教のシスターコマしてキズモノにしといて『性の不一致がある』と来たら結構洒落にならねェ悩みなのかもな」

 

上条「コマしてキズモノってもうちょっとマシな言い方あるよねアクセラさん?そういう言われ方すると地味に傷つくからやめて」

 

 

一方通行「ンで、これ聞きゃいいンだったか?」

 

上条「スルーですかそうですか、まぁいいですけど。とにかく早くそれ聞いて俺の悩みを知ってくれ。あ、イヤホン忘れずにな?周りに聞こえると恥ずかしいし」

 

一方通行「へェへェ」ポチ

 

 

ザーザー

 

『ね、ねぇとうま、本当に録音するの?』

 

『今更何言ってんだよインデックス、

二人の色んな事を記憶だけじゃなく記録にも残しておきたいって言った時お前も賛成してくれたじゃんか』

 

 

一方通行「………?」

 

 

『そ、そうだけど……これはその範疇外って言うか、その……は、恥ずかしいかも……』

 

『大丈夫だって、俺とお前以外誰にも聞かせたりしないからさ』

 

『で、でもぉ……』

 

 

一方通行「………(俺今モロに聞いてンだけどいいのか?)」チラッ

 

上条「ん、どうした?」

 

一方通行「いや……(いいのか……)」

 

 

『そ、その、とうまはさ、』

 

『ん?』

 

『とうまは何でそんなに録音したがるの?ふ、普通はこんな事しないんじゃ……?』

 

『……インデックス、お前の言ってることもよくわかるよ』

 

『じゃあ……』

 

上条さんもね、本当は録音じゃなくて録画がよかったよ?でもほら、うち貧乏だから。ボイスレコーダーで精一杯だから。

音声しか残せないのは本っ当に残念だけど仕方がないよね』

 

『そういう事じゃないかも!!』

 

『わ、わかってるって、ちょっと巫山戯てみただけだよ。悪い悪い』

 

『もう、こんな時に巫山戯ないで欲しいんだよ。私は真剣に聞いてるの!』

 

『……俺はさ、インデックス、お前と二人でいる時の事を何一つ、どんな些細な事だって忘れたくないんだ』

 

『とうま?』

 

『これから先ずっと一緒に暮らしてたらきっと喧嘩になる事もあると思う。

もしかしたら別れ話なんてことにまで発展するかもしれない』

 

『え、えぇ?そんなの……嫌だよ、とうま』

 

『うん、俺も嫌だ。絶対に嫌だ。だからさ、二人が今までどんな道を歩んできたのか、どんな思い出を作ってきたのか、

それを詳細に覚えてれば喧嘩したってすぐに仲直り出来るんじゃないかって思うんだ』

 

『でも、それなら私が全部覚えてるよ?完全記憶能力を甘く見ないで欲しいかも!』

 

『ハハッ、そうだな、お前ならぜーんぶちゃんと覚えてられるだろうな。

でも、お前一人が覚えてるだけじゃダメなんだ、俺が覚えてないと……記憶にズレがあるってのは悲しいからな』

 

『あ……』

 

『なんて、ちょっと大袈裟に言い過ぎたかな。まぁお前が嫌だってんならやっぱやめとくか!

冷静に考えたらこんな事記録に残しておこうなんておかしいしな!』ハハ

 

『……うぅん、いいよとうま』

 

『え、い、いいのか?』

 

『私のためなんだよね?とうまは普通の人だから、やっぱり色んな事をちょっとずつ忘れちゃって、私だけが全部覚えてて……

それで二人の気持ちがズレちゃって私が寂しい想いをすることになるかもしれないから、だからとうまは……』

 

『うーん、半分正解!』

 

『え?半分……?』

 

『おう、半分。もう半分は……何か悔しいじゃん!お前が覚えてるのに俺が忘れてるって!

お前が楽しい思い出に浸ってる時に俺ははっきり思い出せないって何か損してる気分になるじゃん!』

 

『……ぷっ、何それ、もう。私だって楽しい思い出ばっかり覚えてるわけじゃないんだよ?』

 

『そっか?俺はお前と一緒ならどんな辛いことも後々楽しい思い出になると思ってんだけどなー』

 

『と、とうま……』

 

 

 

一方通行「……おい」

 

上条「ん?」

 

一方通行「なンだこりゃ?お前ノロケを聞かせたかっただけか?死ぬか?」ギロ

 

上条「え、ちょ!?そんなキレるとこあった!?」ビクッ

 

一方通行「大有りだボケが。悩みの種が録音されてるっつーから聞いてみたら、バカップルのバカ会話が延々流れてきてンだぞ?これのどこが悩みなンだ?あァ?」

 

上条「え?あぁそっか、最初から再生してるから関係ない部分から聞いてんのか。えっと悪い、32分辺りまで早送りしてくれ、そしたら本題に入るからさ」

 

一方通行「最初から本題部分だけ録音したもンよこせよ……こンな砂糖吐きそうな会話聞かせやがって」

 

上条「そんな甘い会話してたっけか?普通に話してただけだと思うけど……」

 

一方通行「こンだけ歯の浮きそうなセリフ吐き散らしといて普通ねェ……お前らが普段からどンだけイチャついてンのかがよく分かったわクソムシが」

 

上条「クソムシ呼ばわり!?」ビクッ

 

一方通行「で、32分だったか?本当に本題に入るンだろうな?」ジロリ

 

上条「た、多分そのくらいだったはず……」アセッ

 

一方通行「つーかこれ何の録音だよ?」

 

上条「それは……まぁ聞いてたらわかるって」

 

一方通行「もォお前が口頭で悩みの詳細説明した方が早かった気がすンだがな……っと、早送りはこンなもンでいいか」ポチ

 

 

ザーザー

 

 

『ハァ、ハァ……』

 

『ん……とうま……』

 

 

一方通行「………?」

 

 

『……なぁインデックス、本当に……いいのか?』

 

『うん……いいよ、来て……とうまと、一つになりたいから……』

 

 

一方通行「……!?」ガタッ

 

上条「ど、どうした突然立ち上がって?」

 

一方通行「ど、どうしたじゃねェだろ!?お前これ……」

 

 

『ん、く………』

 

『つあ……んぅ……とうまが、入ってくる……あぁ……っ』

 

『く、はぁ……だ、大丈夫かインデックス?い、痛くないか?』

 

『ん……ちょっと、だけ……でも……』

 

『でも?』

 

『すごく、幸せ、かも……』

 

『お、おぉぅ……』

 

一方通行「おい!三下おい!」

 

上条「あー三下呼びされんの何か久々だな」ハハッ

 

一方通行「ハハッじゃねェだろォ!?お前何考えてこンなモン録音してンだよ!?ンで何考えて俺に聞かせてンだよ!!」

 

上条「お、俺だって本当は誰にも聞かせたくなかったし今滅茶苦茶恥ずかしいわ!!でもそれ最後まで聞いてくれないと多分俺の悩み伝わんねーし!!

つか性の不一致についての相談なんだからそういうの聞かされるくらい想定の範囲内だろ!?」

 

一方通行「範囲外過ぎるわボケが!!」

 

上条「と、とにかく最後まで聞いてくれ!絶対に俺の悩みが伝わるから!!」

 

一方通行「クッソ、何が悲しくてダチのハメ撮り音声なンざ聞かなきゃならねェンだ……」

 

 

『んふ……はぁ……ねぇとうま、動いても、大丈夫だよ……』

 

『え、い、いいのか?もっと慣らしてからの方がいいんじゃ……』

 

『大丈夫、だってとうま、さっきから動きたそうにしてるし、それに……』

 

『それに?』

 

『私ももっと、とうまを感じたい、かも……』

 

『………あ゛あぁぁちくしょう!!可愛いなぁお前!くそぉ!!』

 

 

一方通行「……お前ホントのホントに悩ンでンだろォな?今ンところイチャついてる声しか聞こえて来ねェぞ?まさかこォいう音声を他人に聞かせる羞恥プレイとかじゃねェよな?」

 

上条「どんなプレイ!?上条さんは極めてノーマルな性癖しか持ってませんよ!」

 

一方通行「録音してる時点でもう極めてノーマルではねェよ……それも初めてで……」

 

上条「え、初プレイは記念に何らかの形で記録に残すのが普通だって土御門が……」

 

一方通行「土御門ォォォォ!!!!」

 

 

『ハァ、ハァ……そ、それじゃゆっくり動くからな?い、痛かったら言えよ?』

 

『いいよ……ちょっとくらい痛くても、とうまなら……』

 

うぐぅ……ぬあぁもう!お前は上条さんをキュン死させるつもりですか!?』

 

 

一方通行「……」

 

上条「……(え、何かめっちゃ真顔になってる……怖い)」

 

一方通行「……」ハァァァ……

 

上条「……(すっげぇ深い溜息ついてる……)」

 

 

『んく、ふあぁ……とうまぁ……』

 

『く、ふぅっ……インデックス……』

 

『あぁっダメ、とうま、あああぁぁ!!』

 

『ご、ごめんインデックス!もう、止まらねぇ……ッ!』

 

『あぁ!あん!あっ…………』

 

『い、インデックス?』

 

『あ、アァオ……オゥイエス、オゥイエェス……オオゥッ』

 

『……インデックスさん?』

 

『シーハー!シーハー……オーイエスッカモン!フウゥゥゥッ!!』

 

『い、イン……』

 

 

『イヤー!オマイガッマイガッ!シーハー……オゥ、アイムカミン!アイムカミン!シーハー!』

 

『………』

 

『プリーズ!プリィィズ!オーイヤー!カモンカモン!!オーイエスッ!!カモンッノオオオォ!!』

 

『…………』

 

『ノウ、ノウ、アイムカミン、アイムカミン!!シーハーシー……AAAAAAAH!!!!!』

 

『……………うん』

 

『ハァ、ハァ………うぅ……す、凄かったんだよ、とうま………あれ、どうしたの?』

 

『いや………』

 

『ねぇとうま、もう少しこのまま……いいよね?』

 

『あ、はい』

 

 

プツン、ザーザー……

 

 

一方通行「……」

 

上条「……」

 

一方通行「……」

 

上条「……上条さんの言わんとしてる事、もうお分かりですね?」

 

一方通行「………」

 

上条「そう、インデックスの喘ぎ声が欧米風だったんだ……俺はどうしたらいいんだろう……」

 

一方通行「知るかボケェェェェ!!つーか最初からそう口頭で説明するだけでいいだろォが!!一々こンなモン聞かせる必要絶対なかっただろォがァァァァ!!!」

 

上条「ばっ!口頭で説明するだけじゃ臨場感伝わらないだろ!!

『インデックスの喘ぎ声が欧米風だからなんとかしたい』って最初に口で説明しても『何言ってんだこいつ?』って感じになるだろ!?」

 

一方通行「実際に聞かされても何言ってンだオマエとしか思わねェよ!!くっっっだらねェ相談持ちかけて来やがって!!アホか!?いやアホだ!!」

 

上条「く、くだらないだぁ!?取り消せよ!!お前そのインデックスのアメリカンポルノ女優ばりの気合の入った喘ぎ声で興奮するのかよ!?絶対無理だろ!?喘ぎ声っていうのは男が性的興奮を得るための重要なファクターなんだよ!!」

 

一方通行「アメリカンポルノだって日本で一定の需要はあるだろうが!!そういう喘ぎ声に興奮する奴もいンだからお前もそうなれよ!!」

 

上条「無理無理!生粋の日本人の上条さんには絶対無理だね!!奥ゆかしさの欠片もない開けっぴろげな喘ぎ声はNGです!!

てかこれもう喘ぎ声っていうか雄叫びの域だし興奮しろなんてインポッシブルだよ!お前も日本人ならわかるだろ!?侘び寂びだよ!!」

 

一方通行「わかりたくもねェ!!つーか侘び寂び絶対関係ねェ!!」

 

「いいやわかる!わかるぜ大将!!」

 

上条「だ、誰だ!?」バッ

 

一方通行「その声はまさか……ッ」

 

浜面「そう、俺だ!!」バァーン

 

上条「は、浜面ぁ!!」

 

一方通行「クッソ、まためンどくせェのが……」ハァァ

 

浜面「水臭いじゃねーかお前ら、そんな話に俺を呼ばないなんて……あ、隣いいか?」フ

 

一方通行「え、ダメですけど」

 

浜面「普通に断られた!?」

 

上条「あぁほら浜面、こっち座っていいよ」

 

浜面「おぉ、すまねぇ」

 

一方通行「チッ」

 

浜面「やめて舌打ちやめて」

 

一方通行「つかどっから湧いて出やがったお前」

 

浜面「いや、外からお前ら二人が何か話し込んでるのが見えたからつい」

 

一方通行「外から見えねェ席に案内してもらうべきだったな」ハァ

 

浜面「だから何でナチュラルに俺を省こうとすんのよ!?それより上条の大将よ、大体の話は聞かせてもらったぜ!お前の悩み、俺にはよく分かる!」

 

上条「あぁうん、聞かれちゃったらもうしょうがないけど誰にも話さないでくれよ?頼むからさ」

 

浜面「わかってるって、男の悩みを誰かれ構わず話すほど野暮じゃねぇよ」フッ

 

一方通行「相手を選べば話すって事だよなそれ」

 

浜面「揚げ足取るんじゃありません!」

 

上条「そんで浜面、俺の悩みがよくわかるって言ってたけど……」

 

一方通行「お前の彼女も欧米風に喘いだりすンのか?」

 

浜面「いや流石にそれはねーよ、滝壺は生粋の日本人だし。たださ……」

 

上条「ただ?」

 

浜面「喘がなかったんだ、滝壺……」

 

一方通行「………」

 

上条「……それはその、恥ずかしくて声を押し殺してるとかじゃなくて?」

 

浜面「ん、まぁぶっちゃけマグロってやつみたいでさ……喘ぐどころかむしろ嫌そうな顔すらする……」

 

上条「あー……」

 

一方通行「嫌そうな顔、ねェ……」

 

浜面「だからな?喘ぎ声がどれだけ大事なのかはほんとよく分かるつもりだぜ……?」

 

一方通行「……浜面よォ」

 

浜面「よせよ一方通行、同情はいらねぇって。滝壺と付き合えてるだけで俺は幸せだしな……だから今は俺のことよりも大将のことをだな」

 

一方通行「いや、言い難ェンだがそれお前が下手なだけなンじゃねェか?」

 

浜面「ごふぉぁ!!!」ブフッ

 

上条「は、浜面ぁ!!」

 

浜面「ゲホ、ゲホ……なな、何を根拠に、俺が下手だなんて言いやがるんだ!?俺が初セッ◯スを失敗しないためにどれだけ予習と努力をしたと思って……」

 

一方通行「いやだってよォ、いくら不感症だからって普通好き合ってる恋人と事に及ンでる最中に嫌そうな顔はしねェだろ。それにお前のことだからその予習だの努力だのってのも大方AV見て男優の指使い真似たとかそンなモンじゃねェのか?」

 

浜面「うぐぅ!?そ、それの何がいけねぇんだ!?加○鷹さんに突かれた女は皆喜んでるじゃねぇか!!」

 

一方通行「そりゃ相手も素人じゃねェからな。つかよりによって○藤鷹かよ、ゴールドフィンガーかよ。あンなン素人が真似しても女は痛がるだけに決まってンだろォが」

 

浜面「な、あ……だ、ダメ、なのか……で、でもゴールドフィンガーだぞ……?」

 

一方通行「お前の指はゴールドフィンガーじゃねェンだよ」

 

浜面「ぐふぅっ!!」

 

上条「浜面!?あ、一方通行!もうそんなもんにしとけ!!」

 

一方通行「なァ浜面、思い出してみろ。お前とヤッてる最中、能力追跡の女は本当にただマグロってただけか?やめろ、とか痛ェ、とか言ってなかったか?」

 

浜面「そ、そんな、こと……」

 

 

『はまづら、待って』

 

 

浜面「俺は、ただ……」

 

 

『待って、痛い、はまづら……』

 

 

浜面「ただ、滝壺に喜んでもらいたくて……」

 

 

『も、もっと優しく、普通に、して……いや……』

 

 

浜面「た、滝壺に……」

 

 

『聞いてはまづら……あぐっ、だめ、痛い……やめ……』

 

 

浜面「俺は……」

 

 

『やめて!』

 

浜面「う、うわあああああぁぁぁ!!!!」ガクガクガク

 

上条「浜面!!しっかりしろ!浜面ぁぁ!!!」

 

浜面「お、俺は何て事を、何て事をぉぉぉ!!!」

 

上条「やめろ浜面!自分を責めるな!お前は、お前は滝壺に喜んで欲しかっただけなんだろ!?」

 

浜面「だ、だけど、だけど俺はアイツの声に耳も傾けねぇで……

自分の都合のいいように勝手にアイツを勝手にマグロだと思い込んで!!あ、アイツが痛がってたの無視して!謝ってもねぇんだぞ!?」

 

上条「それだけ必死だったって事じゃねぇか!!お前の想いは間違っないし滝壺だってちゃんとわかってくれてるよ!!」

 

浜面「た、大将……」

 

一方通行「押し付けた善意は悪意となンら変わりねェ。お前の想いがどうだったかなンて関係ねェよ、事実はお前が彼女を傷付けたって事だけだろ」

 

浜面「がはああぁぁ!!!」バターン

 

上条「一方通行アァァァ!!テメェ言葉で人を殺す気かあぁぁ!!!!」

 

浜面「コヒュー、コヒュー」ガクガク

 

上条「しっかりしろ浜面!大丈夫だ!まだ、まだ挽回出来るって!!」

 

一方通行「ハァ……おい浜面ァ、お前過呼吸起こしてる暇なンざあンのか?やらなきゃいけねェ事があるンじゃねェか?」

 

浜面「……!!」ハッ

 

一方通行「自分の過ちに気付いたンだろ?だったら後悔するより償いに行くのが先なンじゃねェか?こンな所でのた打ち回ってて何か解決すンのかよ?」チッ

 

浜面「ゼェ、ゼェ……そうだよな……すまねぇ一方通行、俺はまた滝壺を傷つけるところだった」スッ

 

一方通行「いいからさっさと行けよ、お前はまだ取り返しがつくンだからよ」フン

 

浜面「ああ……!大将も、悪い!結局全然相談に乗ってやれなくて……」

 

上条「いいって、気にすんな。つーかお前の話聞いてたら心が痛くなってきたからもう早く行ってあげて」

 

浜面「じゃあ、俺行ってくるよ。ちゃんと滝壺に謝れたら今度二人に何か奢らせてくれ!」タッタッタ

 

上条「おう、期待してるぜ!……って何か地味に死亡フラグっぽいなぁ」

 

一方通行「これで能力追跡がふっつーにマグロだったら笑えるンだがな」ククク

 

上条「お前ね……」

 

一方通行「ンじゃァ浜面の悩みも解決したしそろそろお開きにすっか」ヨッコイセ

 

上条「待て待て、待て。上条さんの悩みが一切解決しておりませんが?」

 

一方通行「チッ、覚えてやがったか」

 

上条「忘れてたまるか!」

 

一方通行「で、具体的にお前はどォしてェンだよ?」

 

上条「え、どうって……」

 

一方通行「彼女の喘ぎ声が欧米風でドン引きしました、それで?お前はどうなりゃ満足するンだ?」

 

上条「そりゃー……インデックスの喘ぎ声が普通になったら、かな?」

 

一方通行「普通ねェ……冷静に考えて見ろよ、あのシスター英国出身だろ?だったら喘ぎ声が欧米風ってのはむしろ普通な事なンじゃねェか?」

 

上条「そ、そりゃそうかも知んないけど、アイツ日本語ペラペラで普段英語喋らないし、喘ぎ声だけ英語なんてやっぱり何か不自然じゃねーか?」

 

一方通行「チッ、いいかよく聞け。人間は幼少期に育った環境によって自然に修得する母語ってのがある。俺やお前にとっちゃ日本語で、あのシスターにとっちゃ多分英語がそれに当たるンだろうよ」

 

上条「あ、あぁ、それくらいは学校で習ったから知ってっけど、それが?」

 

一方通行「この母語ってやつはしぶとくてよォ、一度脳味噌に刻まれちまったらその後何年も母語を喋る機会がなくても脳内の思考は母語でされるらしいンだわ」

 

上条「へぇへぇ」

 

一方通行「つまりだ、母語以外の言語をどンだけ堪能に話せてるように見えても結局まずは脳内で母語による会話を構築してそれを翻訳して喋ってるってわけだ」

 

上条「てことはインデックスも日本語で何か喋る前にまず頭の中で英語を思い浮かべて、それを日本語訳してから喋ってるって事か?」

 

一方通行「ほとンど無意識の内にな。人間の脳ってのはそれくらいの事を一瞬で出来るようになってンだと」

 

上条「へー、すげぇんだなぁ人間って……」

 

一方通行「そう、すげェンだよ。ところがお前とヤッてる最中にあのシスターの口からは母語が出ちまったわけだ。これがどういうことかわかるか?」

 

上条「え……っと、日本語に変換出来なかった……する余裕がなかった、とか?」

 

一方通行「そォいうこったな。普段無意識下で一瞬の内にやってることすら出来なくなるほど切羽詰まった状態に追い込まれてたわけだ。つまり……」

 

上条「つ、つまり……?」

 

一方通行「脳味噌がショートして思わず母語が飛び出ちまうくらいお前とのセッ◯スが良かったって事になる」

 

上条「おぉ!!」

 

一方通行「よかったなァ、自信持っていいぜ?性の不一致どころか相性最高って事なンだからよォ」

 

上条「そっか、そんなに感じてくれてたのかインデックス……」ムクムク

 

一方通行「よし!そンじゃァこれで解決だな!俺もう帰ンぞ!」

 

上条「あぁ!ありがとう!お陰で自信が持てた……って待て待て待てぇ!!良く考えたら何も解決してないじゃん!!」

 

一方通行「チィッ!気付いたか!」チッ

 

上条「適当に持ち上げて煙に巻こうたってそうは行かねーぞ!インデックスの喘ぎ声をどうにかする案をちゃんと出してくれよ!!」

 

一方通行「あァーだからよォ、お前が手加減してわざと下手なヤり方すりゃァ余裕が出来て日本語で喘ぐンじゃねェか?」

 

上条「やだよそんな手抜きすんの!?」

 

一方通行「つか、お前の方から歩み寄る気はねェのか?」

 

上条「え?」

 

一方通行「さっきも言ったけどよォ、母語ってのは幼少期に脳味噌に刷り込まれるモンだ。それを矯正して出てこねェようにするのがどンだけ大変でストレスになるかくれェ想像に難くねェだろ?そンな苦労をオマエはさせてェのかよ、恋人に?」

 

上条「うぐ……」

 

一方通行「一番手っ取り早ェのはお前が欧米風の喘ぎ声に慣れて興奮出来るようになるこった。違うか?」

 

上条「違わない、けど……」

 

一方通行「けど何だよ?お前アイツにどンな告白したか忘れちまったのか?」

 

上条「へ?」

 

一方通行「『お前の全てを一生愛す』とかなンとか言ったんだろ? 欧米風の喘ぎ声もアイツの一部なンじゃねェのか?だったら……」

 

上条「いや、ちょ……はぁ!?ちょっと待て!何でお前が俺の告白内容知ってんの!?」

 

一方通行「あ、土御門に聞いた」

 

上条「土御門おぉぉぉぉぉ!!!!!いや待て何で土御門は俺の告白内容知ってんだよ!?そこまでは喋ってねぇよ!!」

 

一方通行「ンな事よりだ、お前は自分で言ったことすら守れねェのか?喘ぎ声一つ受け入れる度量すらねェのかよ?」

 

上条「く、くそう、何か色々と釈然としねぇ……しねぇけど……」

 

一方通行「あン?」

 

上条「……お陰で目が覚めたよ一方通行……そうだよ、俺はアイツの外見や声だけに惹かれたわけじゃないんだ」

 

一方通行「ハッ、どォやら思い出したみてェだな、最初の気持ちってやつを」

 

上条「あぁ……あぁ!例えインデックスがアラスカの大地を思わせるような力強い喘ぎ声を上げたとしても、それでアイツの優しさが、強さが、暖かさが陰るような事は一切ないんだ……

アイツの本質を喘ぎ声一つで見失ったりしてたまるか!!」

 

一方通行(今の今まで見失いまくってた気がすっけどまァいいか……あ、コーヒー冷えてら)ズズ

 

上条「サンキュー、一方通行……俺、行ってくるよ……インデックスのところに」

 

一方通行「あァ、行って来い」

 

上条「まず謝って……それで正直に俺がどう思ってるかを話そうと思うんだ。もう俺一人で抱え込んだりしねぇし、アイツ一人に押し付けたりもしねぇよ。

辛いことも、楽しいことも、二人で分かち合えるような関係を作るんだ……」

 

一方通行「あァうン、なンか俺に相談した意味なくねェ?」

 

上条「それじゃ一方通行、またな!お前にも早く春が来るといいな!」ダッ

 

一方通行「余計なお世話だよクソッタレがァァァ!!!!」ガタン

 

一方通行「ハァ、ハァ………あァクソ………」ハァハァ

 

一方通行「……帰っか……本当に下らねェ時間だった……」

 

「あーストップストップ、ちょっと待つじゃん?」

 

一方通行「あァ?……ンだ黄泉川じゃねェか、こンなとこで何やってンだ?サボリか?」

 

黄泉川「いやいや何やってるはこっちのセリフじゃん?お前自分が何やってたか覚えてないじゃん?」

 

一方通行「はァ?何言って……」

 

黄泉川「ちょっと前にこの喫茶店で、大声で猥談してる馬鹿がいるって通報受けたじゃん」

 

一方通行「ふァ!?」

 

黄泉川「個人的にはそういう事に興味なさそうなお前がそういう話をしてたっていうのは安心したけど、流石にまだ明るい内から喫茶店中に響き渡るような大声で猥談するのはまずいじゃん?というわけでちょっと警備員の詰め所まで……」

 

一方通行「ま、ちょっ、待ちやがれ!俺は悪くねェンだって!は、話を聞け!聞いてくれェ!!」

 

黄泉川「だから話なら詰め所で聞いてやるじゃん?ほら来い!これ以上恥の上塗りはやめるじゃん!」ガシッ

 

一方通行「だから違ェンだっての!俺はただ相談に……は、離せェェェ!!!ちっきしょォ覚えてろよ三下ァ!!あと浜面ァァァ!!!」ズルズル

 

*********

 

上条「ただいま、インデックス」

 

インデックス「おかえりとうま!見て見て!今日特売ですっごく安くお肉が買えたんだよ!」ジャーン

 

上条「何だと!でかしたインデックス!」

 

インデックス「うん!一緒に美味しい晩御飯つくろうね!」ニコッ

 

上条「インデックス……くっ」

 

インデックス「どうしたのとうま?」

 

上条(くそ、俺は今からこの笑顔を曇らせることになるのか……やっぱりまた今度に……)

 

インデックス「大丈夫?なんだかとうま、凄くつらそうな顔してるかも……」

 

上条(いやダメだ!一人で抱え込むのはもうやめるんだ!何でもぶつけ合える関係を築くって決めたんだ!)グッ

 

上条「インデックス!」ガシ

 

インデックス「わわ、な、何?どうしたの突然?」

 

上条「インデックス!大切な話があるんだ、聞いてくれ!」

 

インデックス「え?う、うん」

 

上条「これから言うことでお前を傷つけるかも知れない、ひょっとしたら俺と別れたくなるかもしれない。

でも、それでも俺達の今後のためにも!これは伝えておかなきゃいけない事だと思うから……」

 

インデックス「………」

 

上条「インデックス……実は俺、俺、お前の……」

 

インデックス「待ってとうま!それ……もしかして、私の声の事?」

 

上条「……え?」

 

インデックス「だ、だから……その、この前シた時の、私の声が変だったっていう話じゃないの?」

 

上条「え?え?」

 

インデックス「も、もしかして違った……?」カァー

 

上条「い、いや、その、どうして……」

 

インデックス「どうしてそう思うのかって?だってとうま、あの時途中から何だか真顔になってたし、終わった後は他人行儀になってたし……」

 

上条「う……そんなに態度に出てたか……」

 

インデックス「そ、それでもしかしたら私に何か変なところがあったんじゃないかって思って、は、恥ずかしかったけど、こもえに相談してみたんだよ、そしたら……」

 

『シスターちゃん、それはきっと文化の違いに根差す問題です。シスターちゃんは英語圏の出身ですから、きっと自分でも気付かない内に英語で洋物AVのような喘ぎ声をあげていたんだと思うのです。

生粋の日本人である上条ちゃんはそれが受け付けなかったんでしょうねー』

 

 

インデックス「……って」

 

上条「小萌先生ストレートすぎぃ!!!」

 

インデックス「ど、どうなのとうま!わ、私やっぱりそんな変な声上げてたの!?とうまはそれが嫌だったの!?」

 

上条「まぁぶっちゃけ……うん……」

 

インデックス「うぅぅぅ……」カァー

 

上条「で、でもなインデックス!俺気付いたんだよ!そんなところも含めて俺の好きなインデックスなんだって!だ、だからそんな気にしなくてもさ、」

 

インデックス「わ、私は!私はとうまに私の全部を好きになってもらいたいんだもん!」

 

上条「うぐぅ!!」ズキューン

 

インデックス「だ、だから私、頑張るんだよ!頑張って、とうまに好きになってもらえるような声を出すから……」

 

上条「インデックス……」

 

インデックス「だから、だからその……嫌いに、ならないで、ね?」ウルウル

 

上条「ば、馬鹿野郎!嫌いになんてなるわけじゃいだろ!!俺の方こそ、お前をそんなに追い詰めてたなんて知らなくて……ごめん!!」

 

インデックス「と、とうまのせいじゃないかも!私がそんな変な声を出さなければ……」

 

上条「違う!俺が最初からお前の全部を受け入れられる度量があればよかったんだ!そうすれば……」

 

インデックス「いや私が……」

 

上条「いやいや俺が……」

 

インデックス「……」

 

上条「……」

 

インデックス「……ぷっ、ふふふ」プルプル

 

上条「ふふ、はははっ!」

 

インデックス「二人とも悪かったんだよね、とうま」クスクス

 

上条「そうだな、俺達二人ともお互いの事をよく知らなかったんだ」ハハッ

 

インデックス「ねぇとうま……私もっと、とうまの色んな事知りたい」

 

上条「俺もだよ、お前の事、全部知っておきたい」

 

インデックス「とうま……」ギュ

 

上条「インデックス……」ギュー

 

 

一方通行「ちィーッすお届け物でェーっす!」ガラガラッ

 

 

インデックス「ふぇ!!?」ビクッ

 

上条「あ、一方通行!?お前どこから!?」

 

一方通行「窓からっすけどォ!?それより上条さァン!忘れモンですよこれェ!」ヒュッ

 

上条「っと、あ、これ!?」パシッ

 

インデックス「なになに?」ハテ

 

一方通行「ハメ撮り音声なンて大切なモン喫茶店に忘れていくとかねェっすわ上条さァン!誰にも聞かせねェとか約束してンだからもっと大切にしねェと!なァ!?」

 

上条「ば!馬鹿お前!!シィー!!」

 

インデックス「とうま……?」ユラァ

 

上条「ひっ!?い、インデックス……?」

 

インデックス「とうま、それこの前録音したやつだよねぇ?喫茶店に忘れたってどういうこと?どうしてあくせられーたがそれを持ってて、内容まで知ってるのかな?」コオォォ

 

上条「お、落ち着けインデックス!これには深いワケがだな……」

 

一方通行「いやァ流石の俺も彼女とのハメ撮りの録音を聞いてくれって頭下げられたのは初めてだったわァ!上条さンマジパねェっすわァ!!」

 

インデックス「……」ビキィッ

 

上条「一方通行ァァァ!!!お前俺に何の恨みがあんだよおおお!!!?」

 

一方通行「るっせェンだよこのド三下がァァァ!!!オマエに無実の罪(公然猥褻及び迷惑位防止条例違反)でしょっ引かれた俺の気持ちがわかンのかよォォォォ!!!」

 

インデックス「とーうーまぁー………?」ビキビキビキィ

 

上条「ヒィィィィィ!!ごめんなさいごめんなさいごめんなさいいぃぃぃ!!!!」

 

一方通行「ンじゃ俺帰るンでェ!後は二人で仲良くどうぞォ!!!」バッ

 

上条「テメェェェェ!!!!100万回生まれ変わっても恨んでやるからなぁぁぁぁぁ!!!!」

 

インデックス「とうまぁぁぁぁぁぁ!!!!」キシャァァァ!!

 

上条「ぎゃああああ!!不幸だああぁぁぁ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

上条「相談に乗ってくれ!」 一方通行「はァ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385801295/