アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

いろは「バラされたくなかったら私の言うこと聞いてくださいね?」 八幡「もう好きにしてくれ…」【俺ガイルss/アニメss】

 

八幡「陽乃さんっ…陽乃さんっ…」シコシコ 

いろは「こんにちは〜」ガラガラ

 

八幡「……うっ」ドピュ

 

いろは「こんにちは〜って、先輩だけ…です、か……」

 

八幡「あっ、えっ」

 

ミニ八幡「コンニチハ!」

 

いろは「」

 

八幡(うわあやばいぞこれはやばいなんでこいつ来たんだよ)

 

八幡「いやっ、あのだな一色これは違うんだよほらっな?」ボロン

 

八幡(いや何が違うんだよ俺テンパリすぎて何言ってるか自分でもわからん)

 

いろは「……」

 

八幡「あの〜一色さん?」

 

いろは「とっ、とりあえずソレしまってくれませんか?」

 

八幡「あっ、うん」スルッ

 

 

五分後

 

 

いろは「……」

 

八幡「……」

 

八幡(ずっと無言のまんまとかすげえ気まずいまあ俺が悪いんだが)

 

いろは「…とりあえず何してたか教えてもらってもいいですか?」

 

八幡(いきなり直球どストレートかよおい)

 

八幡「いや何ってナニっていうか…アレだよアレ最近流行ってるんだよ流行りの健康ストレッ―

 

いろは「まあ、あそこの白いのみればわかりますけどね。私も高校生ですし?」

 

八幡(そうだった…!焦りすぎて沈黙の間に処理するのも忘れてた…一生の不覚もう言い逃れできん)

 

八幡「なんかその…すまん」

 

いろは「いきなり謝られても困ります」

 

八幡「じゃあどうすればいいんだよ」

 

いろは「ちゃんと説明してください、何してたか、先輩の口で」

 

八幡「いやっ、それは…」

 

いろは「私がこの事言いふらしたらどうなると思います?」

 

八幡(生徒会長様怖え……ここまで来たら覚悟を決めるしかねえか…従わないとどうなるかわからんしな)

 

八幡「えっと…この奉仕部部室で」

 

いろは「奉仕部部室で?」

 

八幡「1人寂しく自慰行為に勤しんでいました…」

 

いろは「…そうですか。やっぱり先輩そういうことしてたんですね」

 

八幡(なんか今日の一色迫力満点だな…下手したら怒った平塚先生よりやばいまである)

 

八幡「というか、なんでお前そんな落ち着いてるんだよ」

 

いろは「これなんだかわかりますか?」

 

八幡「それは…ってお前まさか」

 

八幡(一色のスマホじゃねえか!)

 

いろは「今までの会話ばっちり録音しちゃいました」

 

いろは「どういうことか分かりますよね?」

 

八幡(終わった…さよならマイ人生)

 

いろは「バラされたくなかったら私の言うこと聞いてくださいね?」

 

八幡「もう好きにしてくれ…」

 

いろは「それじゃ、私は生徒会の仕事があるので。後でメールするのでちゃんと見て下さいね、先輩?」

 

八幡「ああ…」

 

八幡(あっ、そうだ)

 

八幡「ちょっと待て一色」

 

いろは「…なんですか?」

 

八幡「お前ドア空ける前俺が何て言ってたか聞こえたか?」

 

いろは「いえ、何も…」

 

八幡「そ、そうか」

 

いろは「?では、また」ガラガラ

 

八幡(よかった……俺が雪ノ下さん…もとい陽乃さん、いやはるのんでシコってたのはバレてなかったみたいだな)

 

八幡「今日は帰るか…雪ノ下には明日用事があって帰ったとでもいっておこう」

 

八幡「あっ、アレ拭いとかないと」

 

八幡(部室に俺の息子の分身を残しておくわけにはいかないしな)

 

八幡「帰るか…」トボトボ

 

 

生徒会室

 

 

いろは「……」ボー

 

いろは(あーっっ、どうしよう!まさか奉仕部に行って先輩でも借りようかと思ったら先輩が1人でシてる所に出くわすなんてーっっ)

 

いろは(なんとか正気を保とうと振る舞ってたらいつのまにか先輩になんでも言うこと聞いてくだいとか言っちゃったし…!)

 

いろは(先輩の、見ちゃったし…)

 

いろは(雪ノ下先輩も、結衣先輩も見たこと無いよね…?多分)

 

いろは(あれっ?これってもしかしてチャンスかな……?!)

 

いろは(とりあえず先輩は私の言うこと聞いてくれる感じだったし…)

 

いろは(い、いけるっ!が、頑張れいろは!)

 

いろは「……」グッ

 

本牧「会長、急にガッツポーズなんてしてどうしたんだ…?」

 

藤沢「さあ…?」

 

 

八幡「ただいまー…」

 

小町「おかえりなさーいお兄ちゃーん!ってどうしたのお兄ちゃん、いつもより目が濁ってるけど」

 

八幡「男にはいろいろ事情があるんだ、小町。特に千葉の男にはな」

 

小町「えーなにそれ…」

 

八幡「おい不審者を見るような目で見るなまだ俺は準不審者だぞ」

 

小町「わけわかんないよ…まあとにかく、何かあったら遠慮無く妹の小町に相談してねっ?あっ、今の小町的にポイント高いっ!」

 

八幡「へいへい」

 

八幡「…はあ」

 

八幡(つい抑え切れなくなって部室でシコったのは流石にまずかったな…まさか一色が来るとは。雪ノ下は用事で遅くなって由比ヶ浜は三浦達とだから油断した…)

 

八幡(うわあ携帯の威圧感パネエ)

 

八幡「……」

 

ヴーヴー

 

八幡「!」

 

八幡「来たか…」

 

八幡(見ないと何されるかわからんしな…ええい)

 

 

『こんばんは

何でも言うこと聞くって言ったの忘れてないですよね?先輩』

 

 

八幡(今すぐにでも忘れたって返信してえ…)

 

八幡「『忘れてねーよ』っと…」

 

ヴーヴー

 

八幡(うわ返信はっや!由比ヶ浜より早いとか何者だよ)

 

『じゃあとりあえず明日からわたしの事は下の名前で呼んでくださいっ

先輩が言うこと聞いてくれる間はわたしも今日のことは忘れますから!

だから、呼び方以外はいつも通り接してくださいね

そうしないと帰って怪しまれますよ?うっかり口がすべっちゃうかもです

 

愛しの一色いろは

 

 

八幡(うわあ下の名前で呼べとか悪魔かこいつは…)

 

八幡(でも思ってたよりはマシだったな…昼飯毎回買ってこいとか課題やっとけとか奴隷みたいな扱いされるかと)

 

八幡(いつもどおりって…これも命令か?まあそっちのが気が楽かもな…)

 

小町「おにーちゃーん!ご飯できたよー!」

 

八幡(っと、もうこんな時間か)

 

八幡「おう、今行くー」

 

八幡(とりあえず飯食って風呂入って寝よう…この感じだとなんとかなるかもしれんし学校へ行ってから考えるか)

 

 

学校

 

キーンコーンカーンコーン

 

八幡(昼休みになったけど何も無しか…このまま何事も無く頼むぜいろはす

 

ヴーヴー

 

八幡(うわっなんだあいつエスパーかよ)

 

『生徒会室に来て下さい』

 

八幡(行くしかねえよな…)スッ

 

戸塚「…?どうしたの八幡?」

 

八幡「いや、なんでもないんだ戸塚。俺はちょっと行かなきゃならないとこがあってな」

 

戸塚「そっかあ…一緒にお昼食べようと思ったんだけどなあ…でもしょうがないよね、頑張れ!八幡!…えへへっ」

 

八幡「…ああ」

 

八幡(天使だ)

 

 

生徒会

 

八幡「……」ガラガラ

 

いろは「あっ!遅いですよ先輩!」

 

八幡「…おう、悪いな一色」

 

いろは「……む」

 

八幡「?」

 

いろは「…名前」

 

八幡「えっ、お前あれマジなの?」

 

いろは「あーなんか手が滑ってSNSに昨日の先輩のこと書き込んじゃいそうだなー」

 

八幡「すみませんでした全力で付き従わさせて頂きますッ!」

 

いろは「えっなんですか結婚して私の尻に敷かれたいってことですかごめんなさいもう少し段階を踏んでお付き合いしてからがいいです」

 

八幡「いやなんでそうなるんだよ、全然違うからねマジで」

 

八幡「というかお前なんというか…本当に普段通りなんだな」

 

いろは「いや昨日メールで言ったじゃないですか!」

 

八幡「そうだけどさ…俺が言うのもあれだけどお前平気なの?」

 

いろは「平気なわけないじゃないですか…私だって折角忘れようとしてるんですから掘り起こさないでくださいよ」

 

八幡「あっ、そうだなすまん」

 

いろは(まあ半分嘘ですけど…!)

 

いろは「じゃあ試しのわたしのこと名前で呼んでみてください」

 

八幡「いや…だってな…」

 

いろは「わたしにあんなもの見せたんですから責任とってくださいっ!」

 

八幡(まあ確かに俺が悪いしな…)

 

 

八幡「い…」

 

いろは「い?」

 

八幡「…いろは」

 

いろは(〜〜〜ッッッ!)

 

いろは「も、もういっかいお願いします」

 

八幡「いや1回でいいだろ…」

 

いろは「今のうちに練習しておいたほうが身のためですよ?」

 

八幡「練習って俺これからずっとお前のこと下の名前で呼ぶの?マジで?」

 

いろは「あたりまえじゃないですか…いざというときに不自然だったら怪しまれますよ」

 

八幡「…い、いろは」

 

いろは「はいっ」

 

八幡「いやなんかこれめちゃくちゃ恥ずかしいんだけど」

 

いろは「先輩下の名前で呼ぶの慣れてないんですか?」

 

八幡「ああ当たり前だろ小町だけだわ」

 

いろは「即答の上にシスコン…うわあ…」

 

八幡「お前から聞いてきてひどくない?」

 

いろは「じゃあ…妹さん以外だと」

 

八幡「?」

 

いろは「わたしが先輩の初めてってことですねっ」

 

八幡「っ!…いやお前それ誤解を生むからなマジで」

 

いろは「とにかく!これからはいろはって呼んでくださいね、違う呼び方したら全校生徒に先輩の痴態をぶちまけますから」

 

八幡「うわやっぱりこいつ悪魔だわ」

 

いろは「ちょっ!悪魔じゃないですよ!天使ですよ!こんなにかわいいのに!」

 

八幡「天使は自分のことかわいいとか言わないからな、いろは」

 

いろは「…!」

 

八幡「ん?」

 

いろは「いっ、いえっ!なんでもないです!また放課後!」

 

八幡「おいおいお前から呼んだのに追い出すのかよ…」

 

いろは「変態がうつるので」ガラガラ

 

八幡「ぐっ」

 

 

放課後

 

八幡(意外となんとかなったな…まあどっちかというとあいつ妹属性っぽいしそのおかげかもな)

 

八幡「うぃ〜す」ガラガラ

 

雪乃「あら、今日はちゃんと来たのね、サボり谷くん」

 

結衣「あ、ヒッキー!やっはろー!」

 

八幡「おう。昨日はちょっと用事を思い出したから来てけど早めに帰ったんだよ」

 

雪乃「そう…どうせ貴方のことだからロクでもない用事なんでしょうけど」

 

八幡「もしかして俺が年中ヒマ人間かなにかかと思ってないお前?」

 

結衣「え?違うの?」

 

八幡「お前もかよ!」

 

雪乃「由比ヶ浜さん、一寸の虫にも五分の魂というし比企谷くんにも用事くらいあってもおかしくないわよ?」

 

八幡「それ人に使う言葉じゃねえから」

 

 

結衣「今日もヒマだねー」

 

八幡「そうだな」

 

雪乃「依頼がないということは良い事よ比企谷くん」

 

八幡「なんで俺に言うんだよ」

 

雪乃「あら、ごめんなさい。あなたのその腐りきった瞳を見たらつい…」

 

八幡「流石にそんな極悪人じゃねえから」

 

 

ガラガラガラ

 

いろは「どうもでーす!」

 

結衣「あ、いろはちゃんやっはろー!」

 

いろは「やっはろーです結衣先輩。雪ノ下先輩も」

 

雪乃「こんにちは、一色さん」

 

いろは「…先輩も」ジッ

 

八幡(なるほど、こいつらの前で呼ばせて恥かかせるのが狙いか…)

 

八幡(こうなったら謎の対抗心を燃やして鋼の姿勢を貫いてやる…見ていてくれ戸塚俺はやる)

 

八幡「よっす……いろは」

 

雪乃「!?」

 

結衣「!?」

 

いろは「先輩どうもですっ!」

 

結衣「ちょ、ちょっとヒッキー!」

 

八幡「なんだ?」

 

結衣「い、いまいろはちゃんのこと名前で呼ばなかった?!」

 

八幡「そうだけど…別にいいだろお前も名前で呼んでるし」

 

結衣「それとこれとは話が別だし!」

 

雪乃「まさか比企谷くんが本当に悪事に手を染めるなんて…」

 

八幡「いや染めてないからね?」

 

雪乃「仮にそうだとしても、一色さんが嫌がってるわ。即刻辞めなさい悪ヶ谷くん」

 

結衣「そ、そうそう!ねっ?いろはちゃんっ?」

 

いろは「わたしは別にいやじゃないですけど…というか」

 

いろは「わたしからそう呼んでくださいって言いましたし」

 

雪乃「なっ…!」

 

結衣「ちょっとヒッキーどういうこと!?」

 

八幡「だからなんで俺に…」

 

いろは「あーそれはですね、昨日の放課後―んっー!」

 

八幡(おいお前どういうつもりだよ)

 

いろは「むむむむんんっーんっー!(先輩口から手どけてください!)」

 

八幡「とりあえず廊下行くぞ…」

 

いろは「んーっ!んーっ!」

 

雪乃「ちょっと待ちなさい比企谷くん!」

 

八幡「えっ、おい雪ノ下お前手を離せって!」

 

結衣「あたしにも説明してよー!」

 

八幡「おい由比ヶ浜お前までってあっやべっ…」

 

いろは「きゃっ!」

 

結衣「わっ!」

 

雪乃「っ!」

 

八幡「いってえ…おいお前ら大丈夫かよ」

 

雪乃「比企谷くんがあまりにも非力だから4人まとめて床に衝突するのは大丈夫なのかしら?」

 

八幡「いや悪かったよ…」

 

結衣「ヒッキーマジ最悪!ちょー痛いんだけど!」

 

いろは「…結衣先輩、雪ノ下先輩、実はですね……」

 

八幡「あ、ちょ、お前」

 

ガラガラガラ

 

静「この教室から大きい物音がしたから来てみたが…大丈夫か?」

 

雪乃「丁度いいところに平塚先生。少しの間、比企谷くんを抑えておいてください」

 

静「比企谷を?まさかお前ついに…お前はそんなことするやつじゃないと…」ガシッ

 

八幡「いやちょっと先生離して下さい本当にお願いします」ジタバタ

 

静「安心しろ比企谷、面会には必ず行ってやるからな…」

 

結衣「ヒッキーも先生のおかげで大丈夫だし、さ!いろはちゃん!」

 

いろは「実はですね……」

 

八幡(あっ完全に終わった…グッバイ総武高)

 

 

いろは「カクカクシカジカ」

 

 

結衣「ひ、ヒッキー…」

 

雪乃「比企谷くん…」

 

静「比企谷…」

 

八幡(煮るなり焼くなり好きにしてくれ…)

 

雪乃「まさか貴方がそんなことを…」

 

結衣「本当なの?ヒッキー」

 

八幡「ああ…本当だ」

 

結衣「……」

 

雪乃「……」

 

八幡「……」

 

雪乃「ごめんなさい、由比ヶ浜さん、ちょっと私…」

 

八幡(雪ノ下が口元を抑えている…そりゃそうか)

 

結衣「ううん、大丈夫だよゆきのん、私もだから…)

 

八幡(由比ヶ浜もか…二人にこんな風に本気で軽蔑されると…流石にクルな…)

 

八幡(とりあえず謝っても許されないが謝ろう…)

 

八幡「なあ…その―

 

雪乃「ちょっと興奮してきてしまったわ」ジュン

 

結衣「あたしも…」ジュン

 

八幡「えっ」

 

いろは「えっ」

 

八幡(えっなに興奮って今から制裁するのに興奮的な?)

 

静「比企谷…」

 

八幡「は、はい」

 

静「お前がそんなになるまで我慢していたとはな…すまない、教育者たる私の落ち度だよ」

 

八幡「えっ」

 

雪乃「ちなみに誰を想像してシていたのかしら?」

 

八幡「えっ、あーその、陽乃さん、だけど…」

 

プルルルル

 

雪乃「もしもし?姉さん?ええ、そういうことだから、ええ」

 

雪乃「良かったわね比企谷くん、今から姉さんも来てくれるみたいだわ」

 

結衣「あたしも他のこにメールしといたよ!」

 

八幡「いやっ、なに?どういうこと?」

 

結衣「ヒッキー?あたしたちずっと待ってたんだよ?」

 

雪乃「ごめんなさい比企谷くん…でももう大丈夫よ、私たちがいるわ」

 

結衣「ゆきのん、あたしヒッキーの匂いかいでたらもう我慢できないかも…」

 

ガラララララララ

 

 

紗希「比企谷!」

 

陽乃「比企谷君!」

 

留美「八幡!」

 

優美子「ヒキオ!」

 

めぐり「比企谷くん!」

 

雪乃「さあ往きましょう比企谷くん…」

 

結衣「ヒッキー、きてっ?」

 

静「車は陽乃が用意してくれたみたいだ、さあ、比企谷」

 

八幡「なんだよこれ…!」

 

 

いろは(その後、先輩は二度と戻ってきませんでした)

 

いろは(風の噂では、千葉の山奥に謎の別荘が建てられたとか…)

 

 

 

 

 

 

 

 

元スレ

八幡「陽乃さんっ…陽乃さんっ…」シコシコ いろは「こんにちは〜」ガラガラ

https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452437382/