アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

レイ「アスカお姉ちゃんは、出来る?」 アスカ「…はぁ?!」【エヴァss/アニメss】

綾波「アスカお姉ちゃん」 

 

アスカ「なに?レイ」

 

綾波「これ」スッ

 

アスカ「ん?なにそれ」

 

綾波「知恵の輪よ」チャラ

 

アスカ「いや、知ってるわよ…」

 

アスカ「! レイ、もしかしてこんな簡単そうなのもできないわけぇ?まったく、あんたはホント」

 

綾波「私は出来たわ」チャラチャラ

 

アスカ「…は?」

 

綾波「アスカお姉ちゃんは、出来る?」

 

アスカ「…はぁ?!」

 

綾波「…」

 

アスカ「アンタお姉ちゃんのことバカにしてるわけ!?レイに出来て私に出来ないわけないじゃない!」

 

綾波「じゃあ、やってみせて」チャラ

 

アスカ「貸しなさいよ!」ヒョイッ

 

綾波「…」

 

アスカ「えっ…と…」カチャ

 

綾波「…」

 

アスカ「ここが…」カチャ

 

綾波「…」

 

アスカ「…じゃなくてこっちから…」カチャ

 

綾波「…」

 

アスカ「…」カチャカチャ

 

綾波「…プッ」

 

アスカ「……」

 

アスカ「フンッ!!」バキィッ

 

綾波「!!」

 

アスカ「ほら、とれたわよ」

 

綾波「…」チャラ

 

アスカ「…なによ」

 

綾波「…違うわ」

 

アスカ「何がよ」

 

綾波「知恵を使ってない」

 

アスカ「使ったわよ」

 

綾波「暴力で無理矢理壊したわ」

 

アスカ「…」

 

綾波「知恵の輪を解くのに力は必要ない」

 

アスカ「…うるさいっ!!」

 

綾波「!!」

 

アスカ「レイのバカッ!」ダッ

 

綾波「あ…」

 

綾波「アスカお姉ちゃん」

 

アスカ「なに?レイ」

 

綾波「これ」

 

アスカ「…これは…」

 

綾波「知恵の輪よ」

 

アスカ「…また買ったの?」

 

綾波「アスカお姉ちゃんが先にやっていいわ」

 

アスカ「!!」

 

綾波「アスカお姉ちゃんが出来て、私が出来なかったら」

 

アスカ「…」

 

綾波「それで引き分けね」

 

アスカ「…なるほど」

 

ーー

ーーー

 

アスカ「バカシンジ」

 

シンジ「ん、なに?アスカ」

 

アスカ「これ」チャラ

 

シンジ「これは…知恵の輪?」ヒョイ

 

アスカ「そうよ」

 

シンジ「わー、懐かしいな」カチャカチャ

 

アスカ「…やったことあるの?」

 

シンジ「この形は初めてだけど、知恵の輪自体はやったことあるよ」カチャカチャ

 

アスカ「ふーん…ま、最近のは難しいらしいしバカなバカシンジに解けるとは思」

 

シンジ「あ、解けた」カチャッ

 

アスカ「!?」

 

シンジ「じゃあ、戻しておくね」カチャッ

 

アスカ「!!?」

 

アスカ「ちょっと、バカシンジ!」

 

アスカ「アンタ今なにしたのよ!」カチャカチャ

 

アスカ「なに!?どこをどうしたの!」カチャカチャ

 

アスカ「私が見ててあげるからもう一回やってみなさいよ!」カチャカチャ

 

アスカ「特別に見ててあげるから!ねぇ!」カチャカチャ

 

アスカ「聞いてるの!?バカシンジ!」カチャカチャ

 

シンジ「夜ごはん出来たよ、アスカ」

 

アスカ「人の話聞きなさいよ!だからアンタはバ」

 

シンジ「夜ごはんはハンバーグだよ」

 

アスカ「ハンバーグ!」ポイッ

 

この後アスカは飛び級大卒の頭脳で知恵の輪を解き、お姉ちゃんとしての威厳を取り戻しました。

 

 

綾波「アスカお姉ちゃん」

 

アスカ「なによ、レイ」

 

綾波「これ」

 

アスカ「これは…?」

 

綾波「DVDよ」

 

アスカ「…知ってるわよ。何のDVDかって意味で聞いたんだけど」

 

綾波「映画よ」

 

アスカ「映画ねぇ…」

 

綾波「一緒に観ましょう」

 

アスカ「ま、いいわよ。なんていう映画なの?」

 

綾波パラノーマル・アクティビティ

 

アスカ「聞いたことないわね」

 

プシュッ

 

シンジ「ただいま、アスカ。…なんで震えてるの?」

 

アスカ「帰ってくんの遅い!なにしてたのよ!私を1人にすんじゃないわよ!今の私を!」プルプル

 

シンジ「意味がわからないけど…ちょっとDVDを借りに行ってたんだ」

 

アスカ「さっさと夜ご飯作りなさいよね!もうお腹ぺこぺこなんだから!」

 

シンジ「わかったよ、もう…。食後にDVD見るけど、一緒に見る?」

 

アスカ「んー…」ポチポチ

 

アスカ「特に面白そうな番組もやってないし、いいわよ」

 

シンジ「じゃあご飯のついでに映画見ながら食べられるものも作っておくね」 

 

アスカ「早くしてよねー」

 

<ワカッタヨー

 

アスカ「なに借りてきたのかしら」ガサゴソ

 

アスカ「……シャイニング?」

 

その晩はアスカはシンジと一緒に寝たとかどうとか

 

 

アスカ「どれにするの?」

 

綾波「…このカルボナーラパスタ」

 

アスカ「あ、それベーコン入ってるわよ」

 

綾波「そう…」シュン

 

アスカ「……すいませーん」

 

綾波「?」

 

店員「はいー」タタッ

 

アスカ「このカルボナーラってベーコン抜きにできます?」

 

店員「はい、できますよー」

 

アスカ「じゃあそれと…この和牛ステーキと、あとドリンクバー2つ」

 

店員「かしこまりましたー」タタッ

 

綾波「…ありがとう」

 

アスカ「別に、お姉ちゃんなんだから当然よ」

 

綾波「…」コポポ

 

アスカ「げっ、あんたドリンクバーでお茶なんか飲むの?」

 

綾波「…?いけないの?」

 

アスカ「せっかくなんだからジュース飲みなさいよ」

 

綾波「お茶のほうが好きだから」

 

アスカ「ふーん、私はー…コーラと、ジンジャーエールと、カルピス混ぜちゃおーっと」コポポポポ

 

綾波「そんなことをしたら、変な味になるわ」

 

アスカ「私の特製ブレンドなんだからおいしいに決まってるじゃない!」

 

アスカ「レイ、ジュース飲みたくない?」

 

綾波「いらないわ」

 

綾波「こっち?」ピコピコ

 

アスカ「そうそう。そこの宝箱に鍵があるから」

 

綾波「あったわ」チャラララーン

 

アスカ「で、さっきの扉のところに行けばいいのよ」

 

綾波「さっきって、どこ?」ピコピコ

 

アスカ「あの…溶岩とか橋とかあって、火の柱が出てくるところ」

 

綾波「頭蓋骨が落ちていたところね」ピコピコ

 

アスカ「そうそう」

 

綾波「……」ピコピコ

 

アスカ「……」

 

綾波「…?」ウロウロ

 

アスカ「端にバクダン草あるでしょ」

 

綾波「…! あったわ」ブチッポイッ

 

綾波・アスカ「あっ」ドーン

 

アスカ「ここでっ…ミニターボっ!」ボッ

 

綾波「甘いわ」カチャチャッ

 

アスカ「!」

 

綾波「1つ目のカーブは捨てて2つ目、3つ目のカーブをインでミニターボで抜けたほうが早い。私はすでにそのことを知っ」ドコォ

 

アスカ「緑のコウラ命中っ!」

 

綾波「……」

 

アスカ「いっえーい!1位ー!」

 

綾波「……」

 

アスカ「…あ」

 

綾波「……」

 

アスカ「……」ナデ

 

綾波「!」

 

アスカ「……」ナデナデ

 

綾波「……」ニコ

 

綾波「アスカお姉ちゃん」

 

アスカ「なに?レイ」

 

綾波「アスカお姉ちゃんは、好きな人はいるの?」

 

アスカ「…なによ急に」ピクッ

 

綾波「聞いたわ」

 

アスカ「……」ピクピクッ

 

綾波「私達くらいの年の人は、こういう話をするものだって」

 

アスカ「…あぁ、そう。別に、私はいないわよ」

 

綾波「…そう…」

 

アスカ「そういうあんたはどうなのよ。レイは好きなヤツとかいるの?」

 

綾波「お姉ちゃん」

 

アスカ「は?」

 

綾波「私はアスカお姉ちゃんが好き」

 

アスカ「…ふ、ふーん…そう…/// まぁ…私もレイのこと」

 

綾波「あと碇くんも」

 

アスカ「!」ピクッ

 

綾波「……」ゴシゴシ

 

アスカ「先に湯船入ってるわよー?」

 

綾波「ええ」ゴシゴシ

 

アスカ「っあぁー…きもちいー」ザプッ

 

綾波「…」ピクッ

 

アスカ「…どうかした?」

 

綾波「…なぜ?」

 

アスカ「は?なにがよ」チャプッ

 

綾波「なぜ『っあぁー…』って言ったの?」

 

アスカ「なぜって、別に…っていうかマネすんじゃないわよ!」

 

綾波「私も湯船に入ると、声が出そうになるわ。なぜ?」

 

アスカ「理由なんて…そういうもんだからよ!お風呂に入ったら言うもんなの!」

 

綾波「そう…」ザパー

 

アスカ「……」

 

綾波「っあぁー…」ザプッ

 

アスカ「ごめん、やっぱり言わないようにしましょう」

 

綾波「アスカお姉ちゃん」

 

アスカ「なーに?レイ」

 

綾波「ベッドがあるわ」

 

アスカ「そうね。ベットじゃなくてベッド(bed)ね。ドイツ語ではベット(bett)でもいいんだけど英語の『賭ける』のベット(bet)と間違えやすいから気をつけないといけないわね。私が言ったら別に間違いでもないけどシンジが言ったら間違えたと思われて総ツッコミを受けるでしょうね」

 

綾波「ええ。でも、1つしかないわ」

 

アスカ「…ん?」

 

綾波「来客用の布団もないわ」

 

アスカ「はぁ!?じゃあ、私はどこで寝るのよ!」

 

綾波「……私が床で寝」

 

アスカ「それはダメよ!」

 

綾波「!」

 

アスカ「年頃の妹を、床で寝かせるわけにはいかないでしょ」

 

綾波「…お姉ちゃん」

 

アスカ「…だから、今日は私が床で」

 

綾波「ダメ」

 

アスカ「…レイ」

 

綾波「…お姉ちゃんも、同い年だわ」

 

アスカ「…そうね、じゃあ…」

 

アスカ「一緒に寝ましょうか」

 

綾波「ええ」

 

綾波「アスカお姉ちゃん」

 

アスカ「なに?レイ」

 

綾波「今日は、楽しかった?」

 

アスカ「ええ、楽しかったわ。レイは楽しかった?」

 

綾波「…分からないわ」

 

アスカ「えっ…」

 

綾波「でも、お姉ちゃんと一緒にいると胸の奥がポカポカする。これが楽しかったということ?」

 

アスカ「…ホント、つくづくバカね」

 

アスカ「それは、楽しかったってことよ」ギュウ

 

綾波「…そう」ギュ

 

 

~学校~

 

シンジ「おはようトウジ、ケンスケ、委員長」

 

アスカ「はよー」

 

トウジ「また仲良く夫婦登校かいな」

 

アスカ「誰が夫婦よ!」

 

ケンスケ「あはは、おはよう」

 

ヒカリ「おはようシンジくん、アスカ」

 

アスカ「おはよ、ヒカリっ」

 

 

ガラッ

 

綾波「…おはよう、碇くん」

 

シンジ「あ、おはよう綾波。はいお弁当」

 

綾波「ありがとう」ヒョイ

 

アスカ「おはよ、レイ」

 

綾波「おはよう、アスカお姉ちゃん」ズイッ

 

アスカ「えっ、なっ」

 

綾波「んっ」ブチュー

 

アスカ・シンジ・トウジ・ケンスケ・ヒカリ「!!?!??!!?」

 

綾波「……」チュー

 

シンジ・トウジ・ケンスケ・ヒカリ「」ポカーン

 

アスカ「んっ…ん!なっ…なにすんのよ!///」バッ

 

綾波「…なぜ怒るの?」

 

アスカ「あ、あんたが急にキ、キッ…キスなんかするからでしょうが!///」

 

綾波「挨拶よ」

 

アスカ「はぁ?!」

 

綾波「外国では挨拶でキスをすると聞いたから」

 

アスカ「それはアメリカよ!」

 

綾波「でもアスカお姉ちゃんはアメリカ国籍のはず」

 

アスカ「そうだけど…日本でするのはおかしいの!」

 

綾波「そう」

 

アスカ「っていうかアメリカでも挨拶ではほっぺとかにするもんなの!く、唇同士ではしないのよ!」

 

綾波「知らなかったわ」

 

アスカ「くぉんの……」

 

 

アスカ「ウルトラバカぁーー!///」

 

 

シンジ(この前アスカが綾波の家に泊まったのって…まさか…)ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

元スレ

綾波「アスカお姉ちゃん」 アスカ「なに?レイ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430124793/