アニメssリーディングパーク

おすすめSSを当ブログで再編集して読みやすく紹介! 引用・リンクフリーです

ベジータ「も…もうダメだ!! い 意識が朦朧としてきやがるぜ……」【ドラゴンボールss/アニメss】

 

ベジータ「こ…このオレが……イ インフルエンザだと…………!?」ガクガク

 

ブルマ「さすがのサイヤ人もインフルエンザには勝てないのね ほらこの部屋から出ないで大人しくしてなさい」

 

ベジータ「バ…バカな……!!オ オレはトレーニングルームに行くぞ…!!」フラフラ

 

ブルマ「あーもう!フラフラじゃないの!感染するじゃない!!マスクしてっ!!」

 

ベジータ「ち……こ このオレがなんと無様な…………ゴホッゴホッ」

 

ベジータ「も…もうダメだ……おしまいだ……!!い 意識が朦朧としてきやがるぜ……」

 

ベジータ「ちっ……ひさしぶりにドーンと睡眠を取るとするか……」

 

シュンッ

 

ベジータ「!?」

 

悟空「どうしたベジータ!敵か!?おめえの気がずいぶん弱まってっから来たぞ!!」

 

ベジータ「ば…バカヤロウ……!!今のオレに近づくんじゃあない…!!どうなってもしらんぞ~…!!」

 

悟空「な…なんだ……敵にやられたんじゃねえみてえだな」

 

ベジータ(くっ…こ このオレ様がインフルエンザで弱っているなどとカカロットに知られてたまるか……!!)

 

ベジータ「な…なんでもない!!とっとと帰りやがれぇ…!!」

 

悟空「んじゃ手合わせしようぜ!」

 

ベジータ「!!?」

 

ベジータ(ば…ば…ばかな………!!こ このとてつもない倦怠感と目眩、頭痛でカカロットと手合わせだと……!?)ワナワナワナ

 

悟空「どうした?」

 

ベジータ「く……く……うぅ…」ガチガチ…

 

ベジータは所帯を持ってから初めて涙を流した……

 

悟空「なっ なんだよベジータ!?」

 

ベジータ「い…いいだろう……の 望むところだ…」

 

悟空「うっし!んじゃ…」

 

コンコン ガチャッ

 

ブルマ「ベジータ 起きてる?おかゆ食べれる?」

 

ブルマ「って孫くん!?なにしてるのよ!!うつっちゃうわよ!?」

 

悟空「ん…?うつるって…………なにが?」

 

ブルマ「インフルエンザよ!!ベジータは今インフルエンザで弱ってるんだから 遊ぶのは今度にしなさい!」

 

ベジータ「ばっ…!!」

 

悟空「わったった…!わ わかったわかった!んもう…そういうことならベジータも言ってくれりゃいいのによ…」

 

ブルマ「いいからさっさと去りなさい!悟天くんにうつっちゃったら大変なことになるわよ!」

 

悟空「わかったって!悪かったな!じゃな!」シュンッ

 

ベジータ「…………」

 

ブルマ「まったく…孫くん 大人になってもああいうところは変わってないんだから…」

 

ベジータ(オレのプライドはズタボロになっちまったが……あのままだったら相当ヤバいことになっていたな…ふん とりあえずブルマに感謝するとするか…)

 

ベジータ「さて このダルさから逃れるには…ゴホッ…寝るしかあるまい……」

 

ゴウン

 

ゴワンゴワン

 

ゴウン

 

ベジータ「ぬ…く…ぐっ……!!」

 

ベジータ(ば…バカな……気だるくてちっとも寝れないではないか……!!こ これが地球のインフルエンザ……!!)

 

ベジータ「…………枕が悪いに違いない…ブルマに俺の枕を持ってきて貰うとするか…」

 

ベジータ「おいブルマ…!おーい…!!」

 

ベジータ(くっ…!大きな声が出せん……!!自分自身の声が頭を締め付けるようだぜ……!)

 

ベジータ「く……!」

 

ベジータ「ち…俺は戦闘民族サイヤ人の王子だ……!!インフルエンザの寝苦しさごときに負けてたまるかぁ……!!」

 

ベジータ「Zzz…」

 

ベジータ「うう……」

 

ベジータ「…………」パチ

 

ベジータ「……いつのまにか寝ていたのか…ふん ほんのすこしだが体が軽くなったような気がするぞ……」

 

ベジータ「体温を測ってやるとするか……」

 

ピピッ

 

ベジータ「な……!!?39.8℃だと……!?」

 

ベジータ(そ…そういえば寝る前より倦怠感や目眩が酷くなった気がするぞ……クソッタレ……!!)

 

ベジータ「…とはいえ…ゴホッ…ずいぶん寝てしまったから もう寝れないぞ……」

 

ベジータ「…………」

 

ベジータ(退屈だ……!)

 

ベジータ「…ラジオでも持ってくるとするか」

 

ベジータ(…………はっ!)

 

《ブルマ『いい?絶対にこの部屋から出ちゃダメよ!私はともかく父さんやトランクスに感染したら大変よ?』》

 

ベジータ「ちっ…………!…部屋で大人しくしているとするか……」

 

ベジータ「…………孤独がこんなにも恐ろしいものだったとは……」

 

ベジータ(トレーニングルームにいればトランクスが遊びにくる……腹が減ったらブルマに頼めば出てくる……)

 

ベジータ(だが…修行もクソもできねぇ状況で部屋に独り隔離されると…………こう……寂しさが込み上げてきやがる…!!)

 

ベジータ(……ちっ どうやら熱が相当回ってるらしいぜ…!!このオレがこんなことを考えるなんてな……!)

 

コンコン

 

ベジータ「っ!?」

 

ガチャッ

 

トランクス「パパ大丈夫…?」

 

ベジータ「っ!!」

 

ベジータ「ふ ふん…!平気だ なんともない このオレをあまりみくびるんじゃあない」

 

トランクス「よかったぁ!」

 

ベジータ「……ところで何しに来た?移っても知らんぞ…」

 

トランクス「ママがリンゴ持っていけって マスクしたら大丈夫だからって」

 

ベジータ「…………ふ ふんっ…!!」

 

ベジータ(ブ…ブルマぁ……!!!!)

 

 

翌々日……

 

ベジータ「ふっ…ふはははっ!!なんと清々しい朝だっ!!」

 

ブルマらの献身的な看護のおかげもあり…ベジータの体調は復活していた……

 

ピピッ

 

ベジータ「36.9℃……平熱とまではいかんが熱もずいぶん下がった…!!」

 

ベジータ「はーっはっはっは!!!!ざまぁみやがれインフルエンザの野郎!!完治だっ!!」

 

ベジータ「さて 清々しい気持ちで久々に修行をするとするか…!」

 

テクテク

 

トランクス「あれ?パパもう大丈夫なの?」

 

ベジータ「ふっ…当然だ……!このオレ様にかかればインフルエンザなど怖くはない!!」

 

トランクス「すげえやパパ!」

 

ベジータ「ふっ…」

 

トランクス「もしかしてパパ今からトレーニングルームに行くの?」

 

ベジータ「勿論だ」

 

トランクス「じゃあ僕も行く!着替えてくるから待ってて!!」

 

ベジータ「ふっふっふ…」

 

こうしてベジータ父子はおよそ三日ぶりのトレーニングを楽しんだ……

 

しかし……

 

ブルマ「ちょ…ちょ ちょ ちょっとちょっと!ベジータ知らない!!?部屋にいなかったんだけど!!」ガチャッ!

 

ベジータ「む?」

 

トランクス「ん?」

 

ブルマ「あ…あ…あ…あんた何やってんのよ!!」

 

ベジータ「ふふふ、お前もこのオレ様の回復速度を見くびっていたようだな……心配するな…完全に治っ…」

 

ブルマ「治ってないわよ!!インフルエンザはね、最低一週間大人しくしてないとウイルス感染のおそれがあるんだからね!!!」

 

ベジータ「なっ…!!?」

 

トランクス「……?」

 

 

一週間後、トランクスは初めてのインフルエンザにかかり 一家でつきっきりの看病にあたったという……

 

 

 

 

 

 

 

 

元スレ

ベジータ「こ…このオレが……イ インフルエンザだと…………!?」ガクガク

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1546866935/