アニメssリーディングパーク

おすすめSSを当ブログで再編集して読みやすく紹介! 引用・リンクフリーです

雪乃「信頼してもらえないと傷つくの….だから….約束して」 【俺ガイルss/アニメss】

 

それでも比企谷八幡は静かなる期待を寄せる。

 

 

「君たちに依頼がある」

 

平塚先生は部室に現れるや否やそう切り出した。

またいつぞやのキャンプの様に、何らかの行事を間接的に手伝わされるのだろうと思ったが、平塚先生はいつになく深刻な表情をしているので、どうやら今回は違うらしい。

本日、水曜日は小町に早く帰るように言われていたので、できれば早く帰りたかったのだが………そうはいかないらしい。

 

「それは先生からの依頼でしょうか?」

 

雪ノ下が訪ねると平塚先生は短く「ああ」と答え、近くのパイプ椅子に腰かけてた。

 

生徒の依頼を、平塚先生経由で受けることは多々あったが、平塚先生からの直接的な依頼というのはしかし珍しい。

それこそ俺の入部する関する依頼以外では初めてかもしれない。

俺はなんとなく読んでいた本を閉じて居ずまいを正した。

 

「特に比企谷と由比ヶ浜、君たちに全く関係のないという話でもはない……」

 

「え!?どういうことですか!?」

 

由比ヶ浜が大袈裟に声をあげる。

 

「F組が関係しているってことですか?」

 

俺がそう聞くと平塚先生は首を縦にふった。

そして少し口籠もるように平塚先生は続ける。

 

「実はうちのクラス……F組でイジメが起きている。イジメを受けているという女子生徒から相談があってな」

 

「……そりゃあまた穏やかじゃないですね」

 

「ああ、本当に困ったものだよ」

 

雪ノ下の方に目をやると少し考えるように俯いていた。

それから平塚先生は概要と経緯を述べた。

 

被害者はF組の女子生徒。

本人がイジメだと具体性を感じ出したのは、先々週の水曜日からだという。

 

体育の授業中に校庭で何者かに、背後から泥をかけられたそうだ。

そしてその授業の後には女子更衣室のロッカーにしまってあった制服がゴミ箱に捨てられていた。

 

続く一週間後の水曜日、トイレの個室に入った際、外側からホースで水を浴びせられる。

同日放課後、机の中の教科書が破られていた。

 

そして本日、見知らぬフリーアドレスから自身が女子更衣室で着替えをしている写真が送られてきた。

同日放課後、つまり先ほど……下駄箱の中に鳩の死骸が入っていた。

 

以上がイジメに関する経緯らしい。

なんというかまあ、携帯小説みたいな典型的なイジメだな。

 

自然と話題の重さに部室の空気が重々しくなる。

由比ヶ浜は話を聞いている最中に節々と、顔を歪ませていた。

確かにあまり気分のいい話ではない。

 

そして由比ヶ浜とは相反するように顔の表情一つ歪ませず、話を聞き終えた雪ノ下が口を開いた。

 

「比企谷くん、盗撮は犯罪よ。さすがに度が過ぎているわ」

 

………あなたの空気の読めなさは本っ当に一流ですね。

 

「雪ノ下、お前の冗談が度が過ぎているぞ」

 

「あら…冗談のつもりはなかっただけれど……まあいいわ」

 

いや良くないですよ。

 

「それで平塚先生、つまり私達はそのイジメをしている犯人を見つければいいと?」

 

「そういうことだな。いや今回の件に関しては依頼と言うよりは協力してくれるだけで構わない。生徒間の問題と言っても積極的に子供が関わっていい話ではないからな。もちろん嫌なら断ってくれたまえ」

 

「え…?待って!どうして犯人を見つけるの?イジメを受けているなら、その被害者の子が犯人は誰なのかわかっているんじゃないの…?」

 

雪ノ下と平塚先生が会話を淡々と進める中、由比ヶ浜が困惑したように言った。

仕方ない、俺が説明するか。

 

「その可能性もなくはないが、由比ヶ浜、事件の概要からわかることはないか?」

 

「ん…?酷いことをされている……とか?」

 

まあ間違ってないですね、はい。

 

「いや、確かに酷いけど。まず『後ろから泥をかけられる』、『制服が捨てられる』、『トイレの個室の外側から水を浴びせらる』………つまり全て犯行の瞬間、被害者が直接的に相手の姿を見れてない状況なんだよ」

 

由比ヶ浜は顎に手を当て考えるようにして「あ、ほんとだ!?」と言った。

 

それにーーー

それに犯人が誰なのか割れているので、あれば平塚先生がわざわざ奉仕部に依頼するはずがない。

直接犯人に制裁を行えばいいだけだ。

 

雪ノ下に目をやると、事が事なだけに依頼を引き受けるか、俯き悩んでいた。

 

その間、俺は平塚先生に気になったことを質問する。

 

「先生、質問したいんですけど」

 

「なんだね?比企谷 」

 

「制服捨てられていたり、水をかけられたり、その程度ならイジメと言えるでしょうけど、盗撮や鳩の死骸は度が過ぎている。犯罪でしょう。俺たちではなく他の職員に相談するのは先決では?」

 

「………うむ。その通りだな。しかし、この件に関しては現段階では私のところで留めるつもりだ」

 

「………」

 

「被害者の生徒が公にはしたくないと言ってな。イジメられていることが、他の生徒や家族へ露見するのが嫌なのだろう」

 

確かにイジメの問題が例えばホームルームなどで議題となれば、十中八九被害者は更なる被害を受けることになるだろう。

 

それは告げ口した、所謂『先生にチクった』ということが同時に露見することになるからだ。

更には、仮にその方法論でイジメが解決したとしても、残りの在学期間『イジメられた生徒』として後ろ指を刺されながら過ごさなければならないのだ。

それを平塚先生に相談した生徒は危惧したのだろう。

 

「平塚先生。わかりました。その依頼、奉仕部で引き受けましょう」

 

しばらく考え込んでいた雪ノ下は、承諾することを選択した。

その選択に由比ヶ浜も同意するように強く頷いていた。

 

「ありがとう。助かるよ」

 

平塚先生はそう言って礼を述べたが変わらず浮かない表情だった。

 

「でもどうやって犯人探すの?」

 

「そうね。全校生徒は数百人いるその中から犯人を特定するのは現在の情報だけでは不可能ね」

 

「容疑者の数を絞るだけならできるぞ」

 

「え……?」

 

雪ノ下と由比ヶ浜は少し困惑した表情になり、平塚先生は「 比企谷、説明したまえ」と俺に促した。

 

「先生、うちのクラスの女子は全員で何人いますか?」

 

「18人だが」

 

由比ヶ浜、お前のグループでイジメをしている奴はいるか?」

 

「え!えぇー!?いるわけないし!!酷いよ!ヒッキー!」

 

「だろうな」

 

「?」

 

「これは少し論理的ではないが、身内の証言を信じたい。それに由比ヶ浜の属しているグループには葉山隼人がいる。あいつが周囲のイジメを止めないわけがない」

 

由比ヶ浜は「そうだし!当たり前だし!」と怒っているようではあるが納得したようだった。

 

「つまりこの時点で、由比ヶ浜、三浦、海老名さんを除く15人になる。あとは川崎沙希。これは完全に感情論が過ぎるが、アイツはイジメなんかするタマじゃないだろう。この時点で14人。先生、E組の女子生徒は何人いますか?」

 

「確か16人だ」

 

「なら容疑者は全部で30人だ。これならあとは数日被害者の生徒を観察してれば、更に絞ることができるだろう。あとは……」

 

「待ちなさい。 比企谷くん」

 

と雪ノ下が俺の言葉を制する。

 

「どうして容疑者を女子生徒に絞ったのか、どうしてE組の生徒が含まれたのか説明しなさい」

 

「ああ、それは…」

 

少し説明が面倒だったが俺は続ける。

 

「犯行現場が女子トイレ、女子更衣室ときている。この時点で男子禁制だ。万が一男子が入って犯行を行ったとしても他の女子生徒から目撃情報があってもおかしくはない。その為、容疑者は女子生徒に絞られる」

 

「………」

 

「あとは水曜日に集中して事件が起きている。それは恐らく犯行が起きた体育の授業が関係している為だ。人数の兼ね合い上、うちの学校では男女に別れて、別クラスと合同で授業を行う。それが……」

 

「E組!!」

 

今度は由比ヶ浜が俺の言葉に割り込むように言った。

 

「……なるほど。 理に適ってはいるわね。比企谷くん、やっぱりあなたは少し変わってるわ」

 

「…そりゃどうも」

 

「それに意外だったもの。あなたが自分のクラスの女子生徒の人数を把握していないだなんて。見直したわ」

 

「女子生徒の人数を把握している奴なんかいねーよ」

 

「クラスの女子全員にランキングを付けては密かにニヤニヤしているタイプだと思っていたから」

 

「えー!ヒッキーそんなことしてたの!?え!マジきも!!」

 

「してねーよ!」

 

クラス全員のかわいいランキングとか巨乳ランキングとかは付けてないからね。

男子が密かにランキングを付けているのはトップ3だけだからね。

ちなみに個人ランキング1位から3位までが戸塚彩加である。

もはや俺の人生におけるかわいいランキングを独占しているかもしれない。

 

こほん、と咳払いし雪ノ下が仕切り直す。

 

「では比企谷くんの言う通りその30人に絞りましょう。今後その被害者の女子生徒の観察をし、気が付いたことがあれば平塚先生に報告する。ということでいいでしょうか?平塚先生」

 

「ああ。よろしく頼む。私も何かわかれば逐一報告する」

 

「わかりました。といっても私は別のクラスだから、被害者の女子生徒の観察は由比ヶ浜さんと比企谷くんに任せていいかしら?」

 

「おう」

 

「体育の授業に関しては、男女別になるから、由比ヶ浜さんお願いね」

 

「任せてー!ゆきのん!!」

 

由比ヶ浜が応じ、平塚先生に少しだけ笑顔が戻った。

 

 

それから依頼を受けてから約一週間が経過し翌週の火曜日になった。

はっきり言ってめぼしい情報も進展もない。

唯一わかったことは、被害者の女子生徒は比較的大人しく、周囲との積極的に関わりを持つタイプではないということがわかった。

授業は真面目に受け、休み時間には読書か、体力温存の為か勤勉に睡眠を取っている。

うん……つまり俺と同類のタイプだ。

周囲に馴染めず一人孤立している………ぼっちなのだろう。

 

休み時間、彼女の方を見ながらそんなことを考えていると、「やあ、比企谷」と声をかけられる。

声の主は葉山だった。

相変わらず爽やかオーラ全開で空席だった俺の正面に座る。

 

「比企谷何かあったのか?」

 

周囲に聞こえない程度の声で爽やかな表情は崩さす、神妙な声色でそう言った。

 

「別に何もねえよ。少なくともお前には関係ない」

 

「そうか。ならいいんだが……最近結衣の様子が少し変で気になったんだ。まるで誰かの動向を気にしているような」

 

言われて由比ヶ浜の方に目を向けると、例の被害者の女子生徒をずっと凝視していた。

というか睨んでいた。

雪ノ下に頼まれて彼女なりに気合いが入っているのだろうが………。

しかし由比ヶ浜さん……あなた一番怪しいわよ……それとなく然り気なく観察しなさい。

 

「いや、大丈夫だ………心配ない。たぶん………」

 

俺は苦笑いで答えた。

いいタイミングだったので、俺は葉山に確認しておきたいことを聞いた。

 

「葉山、お前、目の前でイジメが起きたら止めるか?」

 

唐突で突飛な俺の問いに、少し考えるようにしてから葉山は答えた。

 

「止める………と言いたいところだがどうだろうな実際」

 

「意外だな」

 

「そうでもないさ。前にも言ったと思うが、俺は君が思っている程いい奴じゃない。それにイジメそのものを、どういうものか俺は理解していない」

 

ん?それはどういう意味だ。葉山の言葉が引っかかる。

俺はそのままの言葉で疑問を呈した。

 

「どういう意味だ?」

 

「俺は俺自身がイジメを受けたことがないと自覚している」

 

「………」

 

「でも周囲に疎外され、あるいは集団から一つの意思を向けられるという事がイジメであるなら………例えば比企谷、君が周囲から受けている扱いはイジメと言える」

 

「いや、それは……」

 

「それは君だから、折り合いを付けれて、今の状態を良かれと感じることができているだけだ」

 

「………」

 

「だから俺はイジメが起きていても止めるかはわからない」

 

 

頭の中で葉山の言葉を反芻し思考する。

集団から一つの意思を向けられるということがイジメであるなら、他でもない葉山隼人

彼が最もイジメを受けていることになる。

葉山は集団から『期待』という一つの意思を向けられているからだ。

そして周囲は葉山隼人という存在を特別視している。

これはある種の疎外と言ってもいい。

 

しかしそれが世間でイジメとされないのは、集団から向けられる意思がこの場合悪意ではなく、善意だからだ。

 

イジメ被害に遭うのも、人気者になるのも、周囲から悪意を向けられるか善意を向けられるか、それだけ違いなのだろう。

 

集団から向けられる期待。

周囲からの特別視。

 

ん?期待……?

 

「葉山、お前は期待されることは嫌だと感じるか?」

 

「……期待されるだけなら嫌とは思わないだろうな。そして俺は恐らく期待に答えようとする」

 

「だろうな」

 

俺は嫌味っぽく笑った。

 

俺は見落としとていた。

一番見落としてはいけない肝心なことを。

 

葉山が葉山隼人という存在であることを、周囲から期待されているのであれば、逆説的に俺も比企谷八幡という存在であることを、周囲から期待されてるのである。

 

例えば俺の目の前でイジメが起きたとする。

そして俺が「まずはそのふざけた幻想をぶち壊す!!」と熱く拳かざし体を張ってイジメを解決したとしよう。

 

これは周囲が期待する比企谷八幡のキャラクターではない。

つまり周囲の期待を裏切ったことになる。

 

同様に雪ノ下雪乃由比ヶ浜結衣も例外ではなく、期待を裏切らないように、無意識下に周囲の期待する存在になろうとしているのだろう。

 

だからそれはーーー。

誰一人例外ではなくーーー。

 

「葉山、やっぱりお前は目の前でイジメが起きていたら止めるだろうな」

 

俺は皮肉混じりにそう言った。

 

「……だろうな」

 

と葉山は自嘲気味に笑った。

 

「比企谷、君はどうなんだ?目の前でイジメが起きていたら止めるのか?」

 

「止めない。俺の力では止まるとは思えない」

 

今度は俺が自虐的に笑った。

 

「君らしいな」

 

そう言って葉山は立ち上がり、「しかし」と続けた。

 

「止めはしなくとも、君ならきっと助けはするんたろうな」

 

「………?」

 

「それが俺と君の違いだ」

 

「何が言いたいんだよ」

 

「何でもないさ。まあ何か俺に手伝えることがあれば言ってくれ。協力するよ」

 

協力ね………相変わらずの善意なのか社交辞令なのか判断し兼ねるが、しかし今回の場合、結果次第では葉山の学内における影響力は大いに利用できる。

俺はそう判断し「よろしく頼むよ」と告げた。

 

思わぬところからパーツが出揃った。

あとはこれを組み立て実行に移す………簡単なことだ。

しかし俺にとっては最も難しく苦手な解決策である。

例えば由比ヶ浜結衣、彼女ならそつなくこなすだろう。

何故ならば、このやり方は他人と正面から向き合うという、俺が最も避けてきたことなのだから。

 

 

「では、それぞれ被害者の生徒の動向を観察して気が付いたことを報告してくれるかしら」

 

放課後、部室にて平塚先生を含め件の問題について話し合いが設けられた。

 

「この一週間特に変わった様子はない。授業は真面目に受け、休み時間には読書か睡眠をしている」

 

「そうだね、大人しいっていうか…あんまり人とも会話しないっていうか。体育の授業中も一人で作業していることが多いかな」

 

俺と由比ヶ浜が報告すると雪ノ下は顎に手を当て悩むようにする。

 

「私は別に比企谷くんの動向を観察してほしいと、頼んだ覚えはないのだけれど…」

 

違うからね。俺じゃないからね。

大体合ってるけど違うからね。

 

さすがに冗談だったようで「つまり…」と雪ノ下は切り直した。

 

「被害者の生徒は比較的目立つタイプではなく、比企谷のように孤立しているタイプということになるのね」

 

雪ノ下さん、あなたもあまり人のことは言えないですよ。

 

「わかりました。では動きがあるまで引き続き………」

 

「そのことについてだが、俺に一つ提案がある」

 

俺は雪ノ下の言葉を遮り言った。

この辺りが頃合いだろう。

俺の発言に三人がこちらに振り向く。

 

「今回の件はセンシティブな問題だ。動きが起こるまで待っていても事態が悪化する可能性は高い」

 

「そうね。それはわかっているわ。しかし現段階では犯人を特定することも………」

 

「そこが間違っていたんだ」

 

「……どういうことかしら?」

 

「犯人を特定する?確かに推理小説の名探偵なら30人の容疑者リストから、数少ない情報で犯人を見つけ出すことができるだろう」

 

「………」

 

「ただし俺達は名探偵ではない。だから現段階で犯人を特定するのは不可能だ。それに時間がない。こうしている間にもイジメの被害を受けているかもしれない」

 

「だとすればどうすれば……」

 

「だとすれば、犯人を直接捕まえればいい」

 

「………!?」

 

三人がそれぞれ驚いたように表情を歪ます。

 

「現行犯逮捕ってやつだ。推理でも何でもない。力任せに捕まえるんだ」

 

「……そんな事が可能なの?」

 

雪ノ下が怪訝に問う。

 

「可能だ。確率で言えば50%だ。それに失敗したとしてもこの場合リスクはない」

 

正確には50%で成功する確率が50%だ。

即ち25%だ。

しかしこのやり方を通すには50%くらいの数値を提示した方が印象がいい。

 

「50%?成功か失敗?……それじゃあまるで詐欺師の方便ね」

 

「それでも試して損はないだろう」

 

「そうね。では聞かせくれるかしらその方法を」

 

俺と雪ノ下のやり取りに、由比ヶ浜はよくわかっていないような顔をしていた。

気にせず俺は話を進める。

 

 

「まず事件の概要を思い出してくれ。一つ目は必ず水曜日にイジメが起きる」

 

「………」

 

「次にポイントとなるのは事件が起きた場所だ。雪ノ下、事件の起きた場所を具体的に思い出してみくれ」

 

「校庭、更衣室、トイレ、教室、盗撮の件に関しては例外的に更衣室……でいいのかしら。あとは更降口ね」

 

「そこから更に具体性を割り出せる場所はあるか?」

 

少し考えるようにしてから雪ノ下は答えた。

 

「……更衣室のロッカー、教室の机、下駄箱ね」

 

「そうだ。整理するとこの事件は水曜日に事件が起きた後、必ず相次いで校内で唯一のプライベートスペースで被害が起きている。由比ヶ浜、更衣室のロッカーと机中、下駄箱以外に、お前が校内で私物をしまう所はどこだ?」

 

突然の質問に由比ヶ浜は混乱した様子だった。

 

「うーん。部室…?」

 

いや………部室は私物を置いちゃダメだからね。

目の前に顧問の先生もいるからね………。

 

「他にもあるだろ?」

 

少し悩むようにしてから由比ヶ浜は答えを導いた。

 

「あ!わかった!教室の個人ロッカー!!」

 

「そう。正解だ」

 

教室の後ろ側に設けられたスペース。

ロッカーというにはセキュリティに欠けるが、机には入りきらない、教材や備品をしまうあれだ。

 

「つまり明日の水曜日、犯行が行われる場所は教室の個人ロッカーである可能性が高い」

 

「なるほどね……そこで犯人を捕まえるということね。けれどずっとその場で見張ることは不可能でしょう?いつ犯行が行われるかわからないわ」

 

「犯行が行われるのは放課後だ」

 

「……どういうこと?説明してくれるかしら」

 

「教室で犯行を行うには、人気のない時間を狙うしかない。教室が完全に空になるのは、移動教室か放課後のみだ。F組のクラスでは明日移動教室の授業はない。体育はあるが、体育の時間は男子が更衣室代わりに利用するからな。だから明日、教室が完全に空になる放課後に、個人ロッカーが狙われる」

 

「………」

 

「だから明日の放課後、教室内のどこかに身を潜めておき、ロッカー付近で怪しい動きがあれば、飛び出して犯人を捕まえる」

 

俺がそう言い切った後、しばらく部室内に無言が続き、雪ノ下が口を開いた。

 

「呆れたわ。犯罪者の思考は犯罪者が理解するというけれど、それは真実のようね」

 

犯罪者呼ばわりされるのは心外だ。

せめてサイコパスと呼んでくれ。

なんか語呂がカッコいいだろ。

 

「平塚先生、比企谷くんの案、いかがでしょうか?」

 

雪ノ下が平塚先生に問いかける。

どうやら雪ノ下は俺の提案に納得したようだ。

 

「うむ……いいだろ。明日の比企谷の案を実行しよう。あまり教師としては賛同できない方法だがな」

 

平塚先生も懸念点があるようだが、承諾してくれたようだ。

しかしそれは当然だ。

何故なら先生本人が依頼したことなのだから。

 

「なら決まりだな。明日実行に移す。但しこの策を行うのは俺と平塚先生の二人で行いたい。大人数では行動しにくいし、何より全員で実行する意味がそもそもない。雪ノ下、由比ヶ浜それでも構わないか?」

 

「わかったわ。平塚先生が居るなら安心ね。あなた一人だとまた勝手な事をやりかねないもの」

 

「うん。そうだね!ヒッキー頑張って犯人を捕まえてね!」

 

二人から了承を得て、平塚先生にも目を向け確認を取る。

 

「わかった。私もそれで異論はない」

 

最後に平塚先生の同意を得て話は纏まりを示し、先生は職員室に戻り、残りの時間は通常通りの部活を行った。

メールでの依頼をこなし、雪ノ下と由比ヶ浜が談笑する。

その隣で俺は読書をして過ごした。

だが俺は実のところ明日の事を考えると、本の内容など頭に入らなかった。

 

何故ならーーー。

何故ならそれは、明日の放課後、教室にイジメを行った犯人など現れないからだ。

 

 

翌日ーーー水曜日、放課後。

ショートホームルームも終了し、下校する生徒や部活に行く生徒が教室を次々と後にする。

 

その中には例の被害者の女子生徒も含まれていた。

念の為、今日も一日、動向を観察していたが特に変わった様子はなかったように思う。

 

まだ教室には自習や雑談をする生徒が僅かに残って居る為、教室が無人になるまではまだしばらく時間がかかるだろう。

俺はその間に平塚先生と合流する為、部室に向かった。

 

部室に入ると雪ノ下と由比ヶ浜はまだ来ていないようで、平塚先生が一人、パイプ椅子に腰かけて西日に染まる窓を眺めていた。

 

なんだかこの人は何をしても絵になるな。

 

「おう、比企谷」

 

「どうも」

 

と挨拶を交わし俺も定位置に座った。

 

部室で平塚先生と二人きりになるのは何だかんだ初めてだな。

何故か気まずい………。

 

しかしこの状況は好都合だ。

俺は平塚先生に聞いておくべき事を聞いた。

 

「先生、策を実行に移す前に最後に一つ確認しておきたいことがあるんですが」

 

「……なんだね?」

 

特に意など決さず、当然のように俺は言う。

 

「今回のイジメの件、やはり他の職員に相談すべきてはないですか?」

 

「………?」

 

先生は眉を上げほんの僅かに驚いた表情をした。

 

「それは初めに説明した通りだ。被害者本人が『公にはしたくない』と言っている為それはできない」

 

先生は毅然とそう述べた。

そう被害者はもちろん公にはしたくない、と言うだろう。

イジメが露見するのは、元から孤立しているタイプの被害者からしてみればデメリットの方が大きい。

それはわかる。

しかしーーー。

 

「公にしたくないのは、被害者本人だけですかね」

 

「……どういう意味だね…?」

 

「イジメが公になると、被害者の他にも困る人物がいる………」

 

「………」

 

「それはイジメが発生したクラスの担任教師です。つまり平塚先生あなたです」

 

「………!?」

 

「イジメという事件が発生した事が露見すると、教員の間でイジメが発生したクラスの担任教師の評価が下がりますよね。それに、責任問題に発展する可能性だってある」

 

平塚先生は黙って話を聞いていた。

その無言を肯定と受け取り俺は話を続けた。

 

「平塚先生はそれを恐れた。そして自己の範囲で解決しようと、自身が顧問を務める奉仕部に犯人探しを依頼した」

 

「………」

 

「犯人さえ見つかれば先生から直接指導を行い、イジメの事件は表面上『無かった事』にできますからね」

 

 

そう。

俺は根本的に間違っていたのだ。

平塚先生ーーー平塚静という人物に『期待』するあまり、『この人はそんな回りくどい事をしない』と勝手に思い込んでいたのだ。

しかし、教師も一人の人間であると云うように、平塚静も一人の人間である。

職場での評価や、同僚との人間関係、職務責任などを気にしていて当然なのだ。

 

「平塚先生……俺は…」

 

その時、俺は感情が少し高まっていた。

脳が酸素を求め、喉元に異物があるような苦しさがあった。

ああもう……本当に嫌になる。

他人と正面から向き合うのはこんなにも難しいのか。

 

「俺は……先生にそんな人間であってほしくない……!」

 

「………比企谷」

 

「俺の知っている平塚先生は、イジメが発覚した時点で、真っ向から向き合って、犯人も、その被害者も同等に正しく導こうとする……!!」

 

イジメる側と、イジメられる側、どちらに問題があるかと、よく議論されているが答えは簡単だ。

それはどちらにも問題がある。

 

俺の理想とした、期待していた平塚先生ならば、きっとその両者を真っ向から正しく導くはずだ。

イジメる側には、イジメをしないように。

イジメられる側には、イジメられないように。

例えばそう、俺を更正する為に奉仕部に入部させたように、何らかの手を打ち導くはずだ。

 

だから俺は唯一弄した策を提示する。

 

「だからこれは俺からのお願いです。俺の単なる理想の押し付けです」

 

「…………」

 

「俺の期待に答える為に……俺の理想とする平塚先生のやり方で、イジメを解決してください」

 

「………比企谷…君は…」

 

そして先生は「はあ」と大きなため息をついて僅かに頬を緩め笑った。

 

「全く……君の純心さには敵わないよ………」

 

「俺が純心なわけないでしょう」

 

「ははっ。そうかもしれない。しかし生徒にそんなことを言わせるなんて私も教師失格だな」

 

「いや先生ほどの教師は他にいませんよ」

 

俺は皮肉混じりに笑った。

 

「すまなかったな……比企谷。余計な気を回させて」

 

「やめてくださいよ」と俺は顔の前で軽く手を降った。

 

「わかった。他でもない君からからお願いされたら仕方がない。私のやり方で解決してみせる」

 

そう言って笑った平塚先生の目元は、西日に照らされて何かが光っていたような気がした。

 

 

「ちょ、ちょっとやめたまえ!?比企谷!は、離せ!!」

 

その後、俺と平塚先生は予定通り、生徒が教室から出払ったのを確認して誰も居ない教室に入った。

 

「先生、抵抗しないでください。ほら言う通りにしてください」

 

そして現在、俺が人気の内教室で何をしているかというと………。

いや決してやましい行為をしている訳じゃないですからね………。

 

俺は現在、教室内に設置された掃除用具を入れるロッカーに平塚先生を押し込んでいた。

 

先生はかなりの抵抗をした末やっと諦めたようで、大人しくロッカーに入ってくれた。

ここまで成長した大の大人が、ロッカーに入っている絵は中々シュールだ………。

平塚先生も恥ずかしいのか、文字通り収まりが悪い顔している。

 

「比企谷、君はさっきあんなに良いセリフを言って、私のやり方で解決してくれと頼んでいたじゃないか!なのに何故私は今ロッカーに詰め込まれているのだ!説明したまえ」

 

「俺は効率主義なんですよ。先生も早く犯人を見つけたいでしょう?先生の仕事はイジメを根本的に解決することであって、犯人を見つけることではないですからね」

 

「それはそうだが、しかし………」

 

「とにかく」

 

俺は平塚先生の言葉を遮った。

 

「ここに身を潜めて、個人ロッカーの辺りで不審な動きを感知したら飛び出してください。下校まであと三十分です。その間に現れるでしょう」

 

「現れる?………はあ……まあいい。君の言うことなら信じよう」

 

「そうしてくれると助かります。俺も先生のことは信じてますよ」

 

恐らくこれからも、俺は平塚静に期待するのだろう。

彼女が彼女であることを。

 

「あと先生、これからイジメを解決するにあたって、何か協力できることがあれば俺も協力します。奉仕部ではなく俺個人として」

 

これは俺が平塚先生に理想を押し付けた責任でもある。

『犯人を探す』ではなく、イジメそのものを解決するには、いくら平塚先生といえど一人では決して容易ではないはずだ。

 

「比企谷、君には本当に感謝するよ。ありがとう」

 

そう言って平塚先生は静かに笑った。

 

 

あれから数日が経過し、イジメについては粗方解決したらしい。

もちろん学内でもイジメについての問題は大きく取り上げられていた。

しかしまあ平塚先生のことだ、上手くやっているだろう。

 

そんなことを考えながら俺は放課後、部室の扉を開けた。

 

「あらこんにちは、 比企谷くん」

 

「おう。由比ヶ浜はまだ来てないのか?」

 

「彼女、補習があるそうよ」

 

「そうか」

 

俺は定位置に座り、いつも通り本を開いた。

ちなみに雪ノ下と由比ヶ浜にはあの日の翌日、その後の経緯を簡単に説明していた。

ただし一部分、平塚先生のことを除いて。

平塚先生にも立場というものがある為、俺の判断で二人には伏せている。

 

「そういえば比企谷くん、例のイジメ事件に関して粗方の解決をみせたらしいわよ」

 

「らしいな」

 

本を読みながら適当に返事をする。

 

「何でも体育の授業中に、例の被害者の女子生徒を、E組の女子数名が嫌がらせをしているところを三浦さんが見つけて咎めたそうよ」

 

それは想像しただけで怖い………。

 

そう、そして今回唯一救われた点はイジメを行っていたのが、E組の生徒であることだ。

イジメの被害者はF組の生徒だが、イジメを行ったのは別のクラスの生徒。

つまりこれは皮肉にも、平塚先生の担任教師としての責任は半減するということだ。

 

「その後は由比ヶ浜さんが平塚先生に報告して、先生が対処し解決したそうよ」

 

「みたいだな」

 

「そして、そのE組のイジメをした女子生徒数名は停学などの処分を下された。けれど……」

 

ここで雪ノ下は言葉を区切り強調した。

 

「何故かその女子生徒数名は、先生とは別に、葉山くんからも今後イジメはしないように、と釘を打たれたそうなのよ」

 

「………」

 

「いえ、葉山くんの場合、『釘を打つ』というよりはフォローを入れたというべきかしら」

 

三浦優美子に咎められ、葉山隼人にフォローされる。

俺が女子ならトラウマになるレベルだ。

イジメをなんて二度としたくなくなるだろう。

 

「それでもう、イジメが起きないならいいことじゃないか?」

 

「ええ、そうね。けれど比企谷くん……この話、上手くいき過ぎじゃないかしら」

 

「そうか?」

 

「とぼけないで。あなた今回の件、一体どこまで手を回したの?」

 

「人聞きが悪いな……俺は葉山が『協力する』と言ったから協力してもらっただけだ」

 

それがどういう解決方法だったかはわからないが、イジメの根本的な解決には平塚先生が自ら手を下した。

しかしそれ以前の問題、犯人を特定するとなると、教員の平塚先生一人では困難だろう。

 

だから俺は葉山に協力を仰いだ。

俺がしたことは簡単なことで常識的で良識的な行為だ。

「イジメを見つけたら咎めてくれ」、「女子のグループにもこの話を共有してくれ」そして、「万が一イジメが発覚した時はお前がイジメを行った生徒をフォローしてやれ」と。

 

学内でも影響力のある葉山隼人から「イジメは良くない」、「みんな仲良くしよう」と言われればその言葉は、周囲の大人の言葉よりも大きく響くはずだ。

特に女子相手には葉山隼人というブランドの効力は計り知れない。

まあこれに関してはただ念を押しただけだが。

 

「協力ね………利用しただけだと思うけれど」

 

だから人聞きが悪いですよ雪ノ下さん。

 

「私が気にしていているのはね、比企谷くん…」

 

「……なんだよ」

 

「あなたがどの段階で犯人の存在に気付いていたのか。ということなのよ」

 

「………!?」

 

「あなたは恐らく初めから気付いていたのでしょう?『犯人は被害者の女子生徒』だと」

 

「そんなことは……」

 

「そんなことはあるわ。何故なら容疑者を数を絞った時、あなたは由比ヶ浜さんのグループと川崎さんを抜いて、『30人』と言った。これはつまり被害者の女子生徒が既に含まれていることになるわ」

 

「………」

 

「そしてあなたの言った通り一つ目のイジメが起きた後、必ず、二つの目にプライベートスペースでの被害が起こる。それは被害者の生徒がイジメを受けた後、自ら自作自演の事件を犯していた……あなたはその事実に初めから気付いていた」

 

あの日、平塚先生をロッカーに隠れさせて俺は教室を後にした。

翌日先生から聞いた話では、放課後の教室には、被害者の女子生徒が現れたという。

 

ここで事件の概要を整理する。

『校庭で泥をかけられた』、『トイレで水を浴びせられた』、『着替え中の写真が送られた』。

以上が本当に被害者が受けたイジメだ。

 

そしてその被害を受けた同日に起きる二つ目の事件。

『更衣室の制服が捨てられた』、『机の中の教科書が破られていた』、『下駄箱に鳩の死骸が入っていた』。

これらは全て被害者本人が行った自作自演である。

なぜなら周囲に怪しまれず、プライベートスペースを荒らすことなど、本人以外はそもそも不可能だからだ。

 

被害者の女子生徒が何故そんなことをしたかは今となっては真意はわからない。

助けを求めるサインなのか、もしくはイジメを行っていた相手により強い罰則を与えようとした復讐か。

わからない。

しかし何れにせよ、彼女が犯した行為は度が過ぎていた。

 

だからこそ俺は、平塚先生のやり方で、被害者の女子生徒もイジメを行った生徒も正しく導いて欲しかった。

 

「50%ね………」

 

ここで雪ノ下は顎に手を当て、ぽつり、と呟いた。

 

「つまりそういう意味合いだったのね。二つの内一つの犯人が教室に現れる。故に50%」

 

「そんな深い意味合いはねーよ。あの時思い付いた数字を言っただけだ」

 

「あらそう……まあいいわ。けれど比企谷くん、一つ約束してくれるかしら」

 

「なんだよ」

 

「これからは気が付いた事があればその場で言ってね。これは奉仕部の部員としての約束よ」

 

「わかってるよ……今回は自分で確かめたいことが色々あっただけだ」

 

「そう。ならいいのだけれど。あまり信頼してもらえないのは傷つくもの………」

 

雪ノ下が何か言ったようだが、最後の方は声が小さくあまり聞き取れなかった。

 

「それに………」

 

と雪ノ下は声のボリュームを取り戻し悪意のある笑みで言った。

 

「比企谷くんには私の理想とする、私が期待する比企谷くんであってほしいもの」

 

「!?」

 

おい…今なんと……。

今なんと仰ったのですか……!?

まさかあれ聞いていたんですか……!?

恥ずかしい恥ずかしい!

終わった…完全に終わった…俺の高校生活が終わった……。

 

「雪ノ下……盗聴は犯罪だぞ………」

 

「ただ部室から漏れている声をを聞いただけだから犯罪にはならないわ。それに由比ヶ浜さんも一緒に聞いていたわよ」

 

黙っているなんて本当にいい性格をしてますね、あなた達に………。

 

そこで噂をすればというタイミングで由比ヶ浜がノックもせず、「やっはろー!」と部室に入って来た。

 

「今日は依頼人を連れてきたよ!」

 

由比ヶ浜言うと、扉の向こうから平塚先生が入ってきた。

 

「君たちに依頼がある」

 

平塚先生は部室に現れるや否やそう切り出した。

そして平塚先生の後ろにはもう一人、後を追うように部室に入ってきた人物がいた。

その人物は俯き床を見つめて、とても居心地が悪そうにしている。

 

その人物を俺は知っている。

なにせ一週間もの間、観察したのだからだ。

そう、そこにいた人物はイジメを受けていた被害者の女子生徒だった。

 

「君たち、この生徒を更正させてくれ」

 

平塚先生にどのような意図があり、被害者の女子生徒を奉仕部に連れてきたのかはわからない。

しかしこれは紛れもなく平塚先生が選択した、イジメを根本的に解決する為の生徒を正しく導く手段なのだろう。

 

「それは先生からの依頼でしょうか?」

 

雪ノ下が訪ねると平塚先生は「ああ」と短く答えた。

 

「平塚先生。わかりました。その依頼、奉仕部で引き受けましょう」

 

雪ノ下は、二つ返事で依頼を承諾した。

その選択に由比ヶ浜も同意するように強く頷いていた。

 

「ありがとう。助かるよ」

 

平塚先生がそう礼を述べた表情はいつも通りの笑顔だった。

 

そんな表情を見て俺は思う。

俺はこれからもきっと平塚静に期待を寄せるのだろうと。

 

 

 

 

元スレ

八幡「犯人を特定する?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449673834/