アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

マリ「私と一緒の部屋……イヤ?」【エヴァss/アニメss】

 

~夜 葛城家 リビングにて~

 

アスカ「ミサト! 何なのよこいつは!」

 

ミサト「何なのって、今日から一緒に住む事になったマリよ」

 

マリ「初めまして、エヴァンゲリヲンパイロットの真希波・マリ・イラストリアスです」

 

シンジ「あっ!?」

 

マリ「やぁ、わんこ君に会うのは二度目だね」

 

アスカ「『わんこ君』? 一体どういう事よバカシンジ!」

 

シンジ「ど、どういう事って言われても……」

 

マリ「あれェ? もしかして気になっちゃう?」

 

アスカ「バカな事言ってんじゃないわよ! このメガネ!」

 

マリ「うっわ!? メガネって……そのまんまじゃない。もうちょっとひねって欲しいなぁ」

 

シンジ「ちょっと、やめなよアスカ……」

 

ミサト「あら、もう皆仲良くなったみたいね♪」

 

アスカ「全然っ仲良くなってないわよ!!」

 

マリ「にゃはははは♪」

 

ミサト「あぁ、そうそう。マリはアスカと同じでユーロからの預かりだから」

 

アスカ「ユーロぉ? あたしはこんな奴、知らないわよ」

 

マリ「そりゃそうですよ。支部の全員の名前なんて、知ってる訳ないんですから」

 

ミサト「まぁ、それはそうよね。私だって本部の全員の名前を知ってる訳じゃないし」

 

マリ「それに、私は大尉さんみたいに、表舞台で活躍してた訳じゃないですから」

 

シンジ(あれ? 『大尉さん』ってアスカの事だよね?)

 

シンジ(マリさんはアスカの事を知っているって事……かな?)

 

ミサト「どうかした、シンちゃん?」

 

シンジ「あ、いえ。なんでもありません……」

 

アスカ「ふん! それはわかったけど、何でここに住まなきゃいけない訳?」

 

ミサト「幾らなんでも、知らない土地でいきなり一人暮らしさせる訳にもいかないでしょ?」

 

シンジ「……確かにそうですね」

 

アスカ「でも、別にここじゃなくてもいい訳でしょ!?」

 

ミサト「二人も三人も似たようなものだしさ。人数が多いほうが楽しくていいじゃない?」

 

アスカ「……それで、このメガネの部屋はどうするつもりなの?」

 

ミサト「う~ん、それなんだけどね……アスカ?」

 

アスカ「……何よ?」

 

ミサト「同じユーロ同士って事で、一緒の部屋にっていうのは……」

 

アスカ「バカ言わないで! あたしはイヤよ!?」

 

マリ「ちェ~ キラわれてるなぁ」

 

ミサト「えっと、どうしても?」

 

アスカ「どうしてもに決まってるでしょ! 相部屋なんてあたしはイヤ!」

 

ミサト「……ここ、一応私の家なんだけど」

 

アスカ「だったら、あたしがここから出て行くわよ!」

 

シンジ「あ、アスカ……何もそこまで言わなくても」

 

アスカ「うっさいわね!」

 

ミサト「しょうがない。それじゃ、シンちゃんと一緒に……」

 

シンジ「そ、そんな、困るよ!?」

 

アスカ「ミサト、あんたそれ本気で言ってる訳?」

 

ミサト「まぁ、やっぱダメよね~」

 

マリ「……私はそれでもいいよ」

 

シンジ&アスカ&ミサト「「「へっ!?」」」

 

マリ「わんこ君がいいンなら、私はそれでもいいよ」

 

アスカ「あんた、一体何考えてる訳? そんな事が許される訳ないじゃないの!?」

 

マリ「別に許してもらう必要はないと思うな~」

 

アスカ「はぁ?」

 

マリ「なら、大尉さんがわんこ君と同じ部屋で寝る?」

 

アスカ「なっ!? 寝る訳ないでしょ!!」

 

マリ「にゃはは♪」

 

ミサト「えっと……マリはああ言ってるけど。どうする、シンちゃん?」

 

アスカ「ミサト!?」

 

シンジ「え、えっと……」

 

マリ「わんこ君は私と一緒の部屋……イヤ?」

 

シンジ「い、イヤとかそういう問題じゃなくて……」

 

マリ「うん?」

 

アスカ「そんなのダメに決まってるでしょ!」

 

ミサト「まぁ……普通に考えたらダメよね」

 

マリ「なぁんだ、残念♪」

 

アスカ「当たり前でしょ!? バカシンジも何デレデレしてんのよ!」

 

シンジ「べ、別にデレデレなんかしてないよ!?」

 

ミサト「そんなに怒らなくてもいいじゃない」

 

シンジ(えっと……どうしたら……?)

 

シンジ「あの……」

 

ミサト「何?」

 

シンジ「僕、リビングに布団を敷いて寝ますから、マリさんは僕の部屋で寝てください」

 

アスカ「……ふん、まぁそれが妥当ね」

 

マリ「うーん、別に一緒の布団で寝る訳じゃないんだから、気にしなくていいのに」

 

アスカ「……ミサト、このエロメガネを今すぐ叩き出して!」

 

ミサト「……それは難しい相談ね」

 

アスカ「どうしてよ!?」

 

ミサト「詳しい話はまだ聞いてないんだけど、彼女がユーロから来たのにも理由があるみたいだから」

 

アスカ「だからって、ここに住む必要はないでしょ!」

 

ミサト「それについては、さっき説明したと思うけど」

 

マリ「私、大尉さんに嫌われるような事したっけ?」

 

アスカ「あんたは黙ってなさいよ!」

 

ミサト「それに碇司令の指示でもあるの」

 

シンジ「……父さんの?」

 

ミサト「そう。だから彼女をここで預かるのは決定事項」

 

アスカ「そんな……」

 

ミサト「制限された状況に対応するのも、優秀なパイロットには必要な資質よ」

 

マリ「優秀かそうでないかを判断するのは第三者なんだけどね~」

 

アスカ「なんなの……こいつ」

 

ミサト「……そういう訳だから、マリはしばらくの間この家で暮らす。わかった?」

 

シンジ「は、はい」

 

アスカ「ふん。勝手にして!」

 

ミサト「あと、シンちゃん?」

 

シンジ「はい」

 

ミサト「あなたは大事なエヴァパイロットなの」

 

シンジ「エヴァの……ですか?」

 

ミサト「だから、リビングなんかで寝て風邪でもひかれたら、私の監督責任になるわ」

 

シンジ「…………」

 

ミサト「……まぁ、それは建前なんだけど、ぶっちゃけシンちゃんがいないと家は食事が壊滅的でしょ?」

 

アスカ「あ、あたしだって少しぐらいなら出来るわよ!」

 

ミサト「マリはどうなの?」

 

アスカ「ミサト! 何、無視してんのよ!」

 

マリ「ん~私は食べられればそれでいいかなぁ」

 

ミサト「要するにマリも料理は不得手って事ね」

 

マリ「えへへへ~」

 

ミサト「仕方ない……シンちゃん、ちょっと手伝ってくれる?」

 

シンジ「は、はい」

 

 

~夜 シンジの部屋にて~

 

ミサト「……こうやって、使ってないカーテンで部屋を仕切って」

 

アスカ「ミサト、あんた本気でこれでいいと思ってる訳?」

 

ミサト「何もしないよりはマシじゃない?」

 

シンジ「まぁ、確かにそうですけど……」

 

ミサト「それに、シンちゃんがわざわざカーテンをめくって、マリのスペースを覗くなんて考えられないし」

 

シンジ「そんな絶対に事しませんよ!」

 

マリ「しないの? 覗きたくならない? 私って魅力ないのかなぁ?」

 

シンジ「そ、そういう意味じゃなくて!?///」

 

アスカ「エロメガネ……あんたいい加減にしなさいよ!」

 

マリ「お~怖い怖い♪」

 

ミサト「ほら、じゃれるのはそれぐらいにして」

 

アスカ「じゃれてないわよ!」

 

ミサト「ほら、シンちゃんは今のうちに必要な荷物を自分のスペースに運んでね」

 

シンジ「……はい」

 

  …………

 

マリ「はぁ~久しぶりのお風呂、気っ持ち良かったぁ♪」

 

シンジ「あ……もう少しで荷物の移動、終わりますから」

 

マリ「そんなの気にしなくていいよ。元々はわんこ君の部屋なんだから」

 

シンジ「でも……」

 

マリ「必要なら、好きな時にこっちに入ってくればいいって」クンクン

 

シンジ「な、何か臭いますか?」

 

マリ「ん~この部屋、わんこ君のニオイがするね~」

 

シンジ「そ、そうですか?///」

 

マリ「うん。わんこ君とL.C.Lのいいニオイ……」クンクン

 

シンジ「は、恥ずかしいからやめてください///」

 

マリ「私は好きだよ、このニオイ♪」

 

シンジ「ぼ、僕もお風呂に入ってきます///」ダッ

 

マリ「にゃはは♪ 照れちゃってカワイイなぁ~」

 

 

~夜 バスルームにて~

 

シンジ「ふぅ……これから一体どうなるんだろ……」

 

アスカ「……ねぇ?」

 

シンジ「あ、アスカ!? 入ってるよ!?」

 

アスカ「そんな事わかってるわよ」

 

シンジ「そ、そう……だったらいいんだけど……」

 

アスカ「あんたって、ああいうのが好みな訳?」

 

シンジ「ああいうのって?」

 

アスカ「あのエロメガネの事よ! デレデレと鼻の下を伸ばして、みっともない!」

 

シンジ「別に鼻の下なんて伸ばしてないよ!」

 

アスカ「伸ばしてたじゃない!」

 

シンジ「……別に伸びてたってアスカには関係ないだろ!」

 

アスカ「……っ!?」

 

シンジ「…………」

 

アスカ「…………」

 

アスカ「あんなのと……」

 

シンジ「えっ?」

 

アスカ「あんなのと一緒の部屋なんて、何考えてんのよ!」

 

シンジ「……だってしょうがないじゃないか」

 

アスカ「何がしょうがないのよ!」

 

シンジ「だったら、アスカがマリさんと一緒の部屋になればいいだろ!」

 

アスカ「あたしはイヤよ! あ、あんたとだったら少しは考えてやらないでもないけど……」

 

シンジ「えっ!?」

 

アスカ「なっ、何でもないわよ!///」

 

シンジ「そ、そう?」

 

アスカ「と、とにかく、この家で変な事したら許さないからね!」

 

シンジ「変な事って何なんだよ……一体」

 

アスカ「わかったの!」

 

シンジ「わかってるよ!」

 

アスカ「それだけよ!」タタッ

 

 

~夜 シンジの部屋にて~

 

シンジ「……マリさん??」

 

マリ「すぅ……すぅ……」

 

シンジ「もう寝ちゃったのか……お風呂も久しぶりって言ってたし、疲れてたのかな?」

 

シンジ「……電気、消しますよ」パチッ

 

  ごそごそ

 

シンジ(はぁ……何だか急に色んな事があって疲れたなぁ……)

 

シンジ(明日のお弁当どうしよう? マリさんの分も必要なのかな?)

 

シンジ(…………)

 

シンジ(さっきのアスカ、一体何を言いたかったんだろう?)

 

シンジ(…………)

 

シンジ(何だかいいニオイがする……)

 

シンジ(マリさんの……ニオイなのかな?)

 

シンジ(…………)

 

シンジ「すぅ……すぅ……」

 

  …………

 

シンジ「んっ……」

 

??「ァッ……ンッ……」

 

シンジ(……ん?)

 

??「ッ……んンッ……」

 

シンジ(……な、何の声だろう?)モゾ

 

??「あっ……あっあっ……っ……」

 

シンジ(ま、マリさん!? これって……)

 

マリ「んっ、あっあっアッ……んくっ……」

 

シンジ(……な、何が……)

 

マリ「んッ……わん、こ君……いいニオイ…・・・あン」

 

シンジ(……!?)ビクッ

 

マリ「あっ……ンン……っ……あっあっアッァん」

 

シンジ(はぁ……はぁ……)シコシコ

 

マリ「んっ……あっアッ……ンっ……」

 

シンジ(ぼ、僕は……)シコシコ

 

マリ「アっ……ンッ……っ……ん」

 

シンジ(やめなきゃ……マリさんに気づかれたら……)シコシコ

 

マリ「わん、こ君……そこ……ァッ、あッッ…・・・アッ」

 

シンジ(!?)シコシコ

 

マリ「もっ、と……んッ……あっアン……」

 

シンジ(はぁ……はぁ……)シコシコ

 

マリ「あっ……あっアッアッアッァアァ……あんっ」

 

シンジ(も、もう……はぁ……はぁ……)シコシコ

 

マリ「……んンっ!?」

 

シンジ(……うっ!?)

 

マリ「はぁ……はぁ……はぁ……」

 

シンジ(さ、最低だ……僕は……)グッタリ

 

マリ「…………」クンクン

 

 

~朝 シンジの部屋にて~

 

 PiPiPiPiPi♪

 

シンジ「んっ……」

 

シンジ「朝、か……」

 

シンジ(昨日……あのまま寝ちゃったのか……)

 

シンジ(僕は、一体何をやってるんだ……)

 

シンジ「……マリさん?」

 

  …………

 

シンジ「マリさん、朝ですよ?」

 

  …………

 

シンジ「……入りますよ?」ソーッ

 

シンジ「……いない」

 

シンジ「…………」

 

シンジ「……朝ごはん、作らなきゃ」

 

 

~朝 キッチンにて~

 

シンジ(マリさん、リビングにもいなかった……)

 

シンジ(一体どこにいっちゃったんだろう?)

 

シンジ(もしかして、昨夜の事が……)

 

シンジ(……どうしよう)

 

ミサト「ふあぁ~おはよぉ……」

 

シンジ「おはようございます、ミサトさん。ご飯出来てますよ」

 

ミサト「いっつも悪いわねぇ、シンちゃん」

 

シンジ「……もう慣れましたから」

 

ミサト「ふぁ~アスカとマリを起こしてきて」

 

シンジ「マリさん、部屋というか家にいないみたいです」

 

ミサト「いない!? いないってどういう事?」

 

シンジ「僕が起きた時に声を掛けたら、もう……」

 

ミサト「こんな朝早くからどこに行ったのかしら? この辺りの土地勘はないはずだけど……」

 

マリ「たっだいま~」ガチャッ

 

ミサト「あなた、こんな朝っぱらからどこに行ってたの?」

 

マリ「え~っと、朝に走ると気持ちいいじゃないですか?」

 

ミサト「走ってたの?」

 

マリ「まぁ、クセというか習慣ですね~」

 

シンジ(そっか……)ホッ

 

マリ「ん~いいニオイ♪ これ、わんこ君が作ったの?」

 

シンジ「はい。良かったら先に食べていてください。僕はアスカを起こしてきますから」

 

マリ「うっひゃ~ ホッカホカの白いご飯♪ 久し振りだなぁ」

 

ミサト「あなた、日本食は大丈夫なの?」

 

マリ「はい。どっちかっていうと、こっちの方が馴染み深いです」

 

ミサト「そう。だったら良かったわ」

 

マリ「この味噌汁もちゃんとダシが効いてて美味しいなぁ♪ わんこ君、いい主夫になれるよ」モグモグ

 

シンジ「あ、アスカを起こしてきます///」タッ

 

ミサト「朝から凄い食欲ね……」

 

マリ「ほら、やっぱり食べられる時に食べとかないと」ムシャムシャ

 

 

~朝 アスカの部屋の前にて~

 

シンジ「アスカ、もう朝ごはん出来てるよ?」コンコン

 

アスカ「……うぅ~ん」

 

シンジ「……学校に遅れちゃうよ」コンコン

 

アスカ「うっさいわねぇ……今起きるわよ……」ゴソゴソ

 

シンジ「先に食べてるからね」

 

アスカ「……わかった、すぐに行くわ」ゴソゴソ

 

シンジ「うん、冷めないうちにね」

 

アスカ「……ねぇ?」

 

シンジ「なに?」

 

アスカ「…………」

 

シンジ「……うん?」

 

アスカ「……なんでもないわよ」

 

シンジ「えっ?」

 

アスカ「何でもないって言ったのよ!」

 

 

~朝 リビングにて~

 

アスカ「ちょっと! どうしてエロメガネがあたしの席に座っている訳?」

 

マリ「ありゃ? ここって座る場所とか決まってるの?」

 

シンジ「決まってるというか……何となくだけど」

 

ミサト「そうね、別に決まってる訳じゃないけど……何となくよね」

 

マリ「そっか、そんじゃこっちの席で……」

 

アスカ「そこはバカシンジの席よ!」

 

シンジ「ぼ、僕はどこでもいいから……」

 

マリ「……う~ん。もしかして、私ってケンカ売られてたりする?」モグモグ

 

アスカ「何よ、あんたやる気?」

 

ミサト「ちょっと二人共やめなさい!」

 

アスカ「ミサトは黙ってて!」

 

マリ「せっかく、わんこ君が作ってくれたご飯を美味しく食べてるのに……」ムシャムシャ

 

ミサト「アスカ、あなたマリの何が気に入らないの?」

 

アスカ「何って全部に決まってるでしょ!」

 

ミサト「あのね、全部じゃわからないでしょ」

 

アスカ「あたしの席に勝手に座ったり! バカシンジに色目を使ったり!」

 

マリ「ん~もしかしてヤキモチ、かにゃ?」ニヤニヤ

 

アスカ「……コイツ、殺す!」ギリッ

 

シンジ「あ、アスカ!?」

 

ミサト「やめなさいアスカ! マリもアスカを煽らないの!」

 

マリ「は~い」

 

アスカ「とにかく! あたしの生活リズムを乱されるのがガマンならないのよ!」

 

ミサト「あなた達、私が昨日言った事憶えてるわよね?」

 

アスカ「…………」

 

ミサト「もう一度言うけど、これは碇司令の命令でもあるの」

 

マリ「私は寝泊りが出来れば、どこだっていいんだけどな~」

 

ミサト「仲良くしろとは言わないけど、せめてケンカだけはしないでちょうだい」

 

マリ「は~い」

 

アスカ「…………」

 

ミサト「アスカ?」

 

アスカ「……わかったわよ」

 

ミサト「そう? わかってくれたのなら良かったわ」

 

シンジ「ま、マリさんは今日はどうするんです? 一応お弁当も作ったんですけど……」

 

マリ「お弁当まで作ってくれたの? 至れり尽くせりだなぁ♪」

 

ミサト「マリは本部でテストがあるわ」

 

シンジ「テスト、ですか?」

 

マリ「そそ、新参者は色々と大変なんだよね~」

 

アスカ「…………」

 

シンジ「……アスカ、食べないの?」

 

アスカ「……いらない、先に学校に行くわ」

 

シンジ「ぼ、僕も一緒に行くよ。これアスカの分のお弁当」

 

アスカ「……ありがと」

 

ミサト「はぁ……アスカも困ったもんね。シンちゃんが上手くフォローしてくれればいいんだけど」

 

マリ「わんこ君も大変だなぁ♪」

 

 

~午前 NERV本部にて~

 

リツコ「それじゃあ、テストのスケジュールはこの用紙の通りだから」

 

マリ「うわ~ こんなにあるの?」

 

ミサト「大変だと思うけど我慢して。あなたの適性や能力を見たいのよ」

 

マリ「う~ん、しょうがないかぁ」

 

リツコ「……まずは適性診断からだけど、日本語は大丈夫ね?」

 

マリ「あ、はい。問題ないです」

 

  …………

 

冬月「大丈夫なのか、あれは?」

 

ゲンドウ「その為のテストだ」

 

冬月「確かにそうだが……」

 

ゲンドウ「エヴァの所有に制限がある以上……」

 

冬月「ふむ……」

 

ゲンドウ「使えるコマは多いに越した事はない」

 

冬月「そうだな……」

 

 

~放課後 第壱中学校2年A組にて~

 

トウジ「センセ、式波の奴どないかしたんか?」

 

シンジ「えっ!?」

 

ケンスケ「うん、普段も不機嫌そうにしてるけど、今日は一段とイヤーンな感じ」

 

シンジ「う、うん……実は……」

 

  …………

 

トウジ「なにぃ!? 式波とメガネ女子がセンセを取り合って喧嘩やてぇ!?」

 

アスカ「…………」ギロッ

 

ケンスケ「あわわわ」

 

シンジ「さっきの説明で、どうしてそうなるんだよ!」アセアセ

 

トウジ「軽いジョークやないか、ジョーク」

 

シンジ「家に帰ったら、僕が当たられるんだから勘弁してよ……」

 

ケンスケ「でも、その新しく来たって子のせいなんだろ、イヤーンな感じなのは?」

 

シンジ「うん。何だかリズムが乱されるのが気に入らないみたい」

 

トウジ「モテる男はツラいなぁ……センセぇ」

 

シンジ「はぁ……」

 

トウジ「そんで……どうやった?」

 

シンジ「どうって?」

 

ケンスケ「同じ部屋で寝たんだろ、何にもなかったのかよ?」

 

シンジ「な、何もある訳ないだろ!?///」

 

トウジ「なぁ」ニヤリ

 

ケンスケ「あぁ」ニヤリ

 

シンジ「な、何だよ……///」

 

トウジ「その面が何でもないって面かいな、このこの」ゲシゲシ

 

ケンスケ「そっかぁ……碇は俺達より先に大人の階段を登ったんだな……」

 

アスカ「…………」ガタンッ

 

シンジ「あっ……」

 

アスカ「……帰る」

 

シンジ「ま、待ってよアスカ!」

 

レイ「…………」

 

 

~午後 NERV本部にて~

 

ミサト「ねぇ……」

 

リツコ「何かしら?」

 

ミサト「さっきから変じゃない?」

 

リツコ「そうね、ワザとだと思うわ」

 

ミサト「ワザと?」

 

リツコ「そう。ワザと直撃を受けて機体の損耗率を上げてるのよ」

 

ミサト「何の為にそんな事を?」

 

リツコ「さぁ? 午前中の適性もワザとおかしな回答をしているみたいだったわ」

 

加持「……さすがはリッちゃん、気づいてるみたいだね」

 

リツコ「……加持君?」

 

ミサト「何であなたがここにいるのよ!?」

 

加持「そりゃぁ、マリは僕の判断でこっちに連れて来たからね」

 

リツコ「あら、加持君の差し金だったのね」

 

加持「データ、見せてもらえるかな?」

 

リツコ「はい、どうぞ」

 

加持「……ふむ、ヒドイなこれは」

 

ミサト「ヒドイって、あなたが連れてきたんでしょ!」

 

加持「まぁ、そうなんだけどさ」

 

ミサト「……それで、ワザとってどういう事なの?」

 

加持「マリの性格だよ。どうも彼女は物事を面白くしようとするクセがあってね」

 

リツコ「……面白く?」

 

加持「例えばこれ……射撃テストの時、マリはどっちの手を使ってた?」

 

リツコ「……左よ」

 

ミサト「彼女は左利きなの?」

 

加持「彼女、利き手も利き目も右なんだよ」

 

ミサト「はぁ?」

 

加持「要するに、ワザと利き手じゃない方でこのスコアを出してるんだよ」

 

ミサト「なんの為にそんな事をするのよ?」

 

加持「だから、面白くする為だよ。そっちの方が難しいって判断したんだろう」

 

リツコ「そういえば……」

 

ミサト「何?」

 

リツコ「彼女、戦闘シミュレーションの前に、テスト中止の機体損耗率を確認していたわ」

 

加持「一回目は全く攻撃をせずに、時間一杯敵の攻撃を避けてばかり……」ペラッ

 

リツコ「二回目は……遠距離兵装を一切使ってないわね」

 

マヤ「今回は近接戦闘用の兵装を一度も使用していません」

 

ミサト「……呆れた。遊びじゃないのよ」

 

加持「マリにとっては遊びみたいなもんさ」

 

ミサト「それじゃ、今日のテストなんて無意味じゃないの」

 

加持「……しょうがないな。ちょっといいかな?」

 

マヤ「え? は、はい」

 

加持「よぉ、やってるな」

 

マリ『あ、加持さーん。加持さんもこっちに来たの?』

 

加持「あぁ、遅ればせながらね。で、調子はどうだい?」

 

マリ『ん~『た・い・く・つ』かな』

 

加持「まぁ、そう言うなよ。そうだ……」

 

マリ『何?』

 

加持「マリの為に新型のプラグスーツの準備をしているんだ」

 

マリ『えっ、それってホント?』

 

加持「あぁ、間もなくこちらに届くと思う。だからさっさと本気を出して、テストも終わらせちまえ」

 

マリ『そっかぁ~ 新型のプラグスーツかぁ~ 楽しみだ、にゃっ♪』

 

マヤ「……えっ!?」

 

リツコ「どうしたの、マヤ?」

 

マヤ「反応速度、18%上がりました!?」

 

リツコ「18%!? 何かの間違いじゃないの?」

 

ミサト「ちょっと……さっきまでと全く動きが違うじゃない!?」

 

マヤ「他のデータも……先程までと比べ物にならない位に上がっています!?」

 

マリ『はい、これでお終いっと♪』

 

マヤ「……凄いです。レイやアスカの戦闘データを上回っています」

 

加持「……これが彼女の実力だよ」

 

冬月「使えそうじゃないか」

 

ゲンドウ「あぁ……」

 

冬月「扱いは少し難しそうだが」

 

ゲンドウ「今に始まった事ではない」

 

冬月「それはそうだが……どうして葛城一佐に預けたんだ?」

 

ゲンドウ「…………」

 

冬月「加持君かね?」

 

ゲンドウ「あぁ……」

 

冬月「確かに、何かあるだろうとは思うが……」

 

ゲンドウ「監視をするのには都合がいいからな」

 

冬月「ふぅ……」

 

ゲンドウ「どうした、冬月?」

 

冬月「いや、厄介事を招き入れる結果にならなければいいと思ってな」

 

ゲンドウ「それを含めてのコマだ」

 

冬月「そうだな」

 

 

~放課後 第三新東京市 通学路にて~

 

シンジ「待ってよ!」

 

アスカ「…………」スタスタ

 

シンジ「待ってったら、アスカ!」

 

アスカ「…………」スタスタ

 

シンジ「ねぇ、ってば!」

 

アスカ「…………」ピタッ

 

シンジ「はぁ……はぁ……どうして、そんなに怒ってるんだよ」

 

アスカ「うっさい、エロシンジ」スタスタ

 

シンジ「え、エロってどういう事だよ!?」

 

アスカ「ついてこないで」

 

シンジ「僕が一体何をしたっていうんだよ」

 

アスカ「…………」スタスタ

 

シンジ「黙ってちゃわからないよ。言いたい事があるなら言ってよ」

 

アスカ「……なら言ってあげるわ!」

 

アスカ「あのエロメガネも気に入らないけど……」

 

シンジ「…………」

 

アスカ「何事もないように、あいつを受け入れてるあんた達も気に入らないのよ!」

 

シンジ「そんな……」

 

アスカ「そういう事よ、わかった?」

 

シンジ「そんな事言ったら、アスカが来た時だって……」

 

アスカ「あたしは特別なの!!」

 

シンジ「…………」ビクッ

 

アスカ「あたしは特別なのよ!! あんなエロメガネと一緒にしないで!」

 

シンジ「……そんなのおかしいよ」

 

アスカ「何がおかしいのよ」

 

シンジ「確かにアスカはエリートで特別かもしれないけど、マリさんだって仲間じゃないか!」

 

アスカ「あんな奴、仲間なんかじゃない」

 

シンジ「そんな事を言うアスカは嫌いだ」ダッ

 

アスカ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」

 

 

~夕方 NERV本部 更衣室にて~

 

マリ「ん~ふ~ん、ふふふん~ん~♪」ゴソゴソ

 

マリ「新型のプラグスーツ早く来ないかな~」ゴソゴソ

 

マリ「今のはちょっと胸がキツいんだよね~」ゴソゴソ

 

  ガチャッ

 

レイ「…………」

 

マリ「やっ、こんにちは♪」

 

レイ「……誰?」

 

マリ「私? 真希波・マリ・イラストリアスエヴァパイロットだね」

 

レイ「……あなたがエヴァの新しいパイロット?」

 

マリ「そそ。で、あなたは?」

 

レイ「……綾波レイ

 

マリ「あぁ、あなたが零号機のパイロットさん?」

 

レイ「……そう」

 

マリ「なんか暗い子だなぁ」

 

レイ「…………」ゴソゴソ

 

マリ「今から訓練?」

 

レイ「……そう」ゴソゴソ

 

マリ「ふ~ん」

 

レイ「……何?」ピタッ

 

マリ「うん、わんこ君は両手に花だったんだな~って思ってさ♪」

 

レイ「……わんこ君?」

 

マリ「初号機パイロットの碇シンジ君」

 

レイ「……?」

 

マリ「両手どころか、ここでも家でも周り中がお花畑かぁ♪」

 

レイ「…………」ピタッ

 

マリ「ここじゃあなたと大尉さん。まぁ、他にもいっぱいいるよね」

 

レイ「…………」

 

マリ「家じゃ大尉さんと葛城さん、それにわ・た・し♪」

 

レイ「……何が言いたいの?」ジィーッ

 

マリ「べっつに~♪」

 

レイ「…………」

 

マリ「その割にはウブでカワイイよね~わんこ君は♪」

 

レイ「…………」ゴソゴソ

 

マリ「ねぇねぇ?」

 

レイ「……何?」ピタッ

 

マリ「あなたはワンコ君の事、どう思ってるの?」

 

レイ「……あなたには関係ない」

 

マリ「大尉さんもワンコ君の事、気に入ってるみたいだよね~?」

 

レイ「……そう」

 

マリ「一緒に暮らしている分、大尉さんの方が有利なのかなぁ?」

 

レイ「…………」ゴソゴソ

 

マリ「それとも一緒の部屋で寝ている分、私の方が有利なのかなぁ?」

 

レイ「…………」ピクッ

 

マリ「じゃ、私は帰ろっと♪ わんこ君のご飯が待ってるし。あっ、訓練頑張ってね~」

 

 

~夜 葛城家にて~

 

ミサト「ただいまぁ~ あぁ~今日も疲れたわ」

 

マリ「お腹空いたぁ~ ご飯ご飯♪」

 

ミサト「……って誰もいないの? シンちゃん? アスカ~?」

 

マリ「……ご飯の準備、出来てないね」

 

ミサト「二人共、靴はあるから帰ってきてるんだろうけど……もしかして、今度はシンちゃんとアスカなの?」

 

マリ「う~ん、ご飯……お預けかなぁ……」

 

ミサト「情けない声出さないの」

 

マリ「だってぇ~」

 

ミサト「しょうがない……確かここに……」ゴソゴソ

 

マリ「お腹空いたよぉ……ぐすん」

 

ミサト「あったあった♪ カップ麺だけど食べるでしょ?」

 

マリ「何もないよりはマシかぁ……」

 

ミサト「それじゃお湯を沸かすから、荷物を置いてきなさい」

 

マリ「は~い」

 

 

~夜 シンジとマリの部屋にて~

 

マリ「たっだいま~って、電気も点けないで何やってるのさ?」

 

シンジ「…………」シャカシャカシャカシャカ

 

マリ「わんこ君?」チョイチョイ

 

シンジ「……マリさん?」

 

マリ「わんこ君はご機嫌ナナメみたいだね」

 

シンジ「おかえり、なさい……」

 

マリ「もしかして、大尉さんとケンカでもした?」

 

シンジ「アスカなんて……知りません」

 

マリ「えっと、もしかしなくても私のせいだったりしちゃう?」

 

シンジ「マリさんは悪くありませんよ。アスカが自分勝手な事ばかり言うから……」

 

ミサト「マリ~お湯が沸いたわよ~」

 

シンジ「……お湯?」

 

マリ「にゃはは。晩ご飯がないからさ、カップ麺で空腹を満たそうかと♪」

 

シンジ「…………」

 

 

~夜 リビングにて~

 

ミサト「あら、シンちゃん?」

 

シンジ「……ごめんなさい。晩ご飯の準備してなくて」

 

ミサト「まぁ、そういう気分の時もあるわよ」

 

マリ「葛城さ~ん、早くカップ麺にお湯入れちゃおうよ」

 

シンジ「ちょっと待っててください」ゴソゴソ

 

ミサト「何々?」

 

シンジ「カップでじゃなくて、この麺は鍋で煮ましょう」

 

ミサト「カップ麺じゃないの?」

 

シンジ「はい。余りのベーコンを細かく刻んで、少量のオリーブオイルで炒めて……」トントンジャーッ

 

マリ「うわぁ~いいニオイ♪」

 

シンジ「炒めたベーコンを白髪ねぎにラー油と一緒に絡めて……」トントンカシャカシャ

 

シンジ「煮込んだ麺を器に移して、スープの粉を入れて……さっきの白髪ねぎを乗せて……」

 

シンジ「……はい、ただのカップ麺よりはマシだと思います」

 

ミサト「うん、ちょっちビール取ってくる♪」

 

マリ「ネギのシャキシャキ感がたまんない♪」ズルズルムシャムシャ

 

ミサト「ぷっはー♪ ラー油の辛さでビールが進むわ」ゴクゴク

 

シンジ「良かった。前にトウジ達とラーメンを食べた時に、これなら家でも出来るかなって思って……」

 

マリ「ホーントいい主夫になるよ、わんこ君♪」

 

ミサト「シンちゃ~ん、私のところに永久就職しない?」グビグビ

 

シンジ「からかわないでください。もう酔っ払ってるんですか、ミサトさん///」

 

マリ「葛城さんってそういう趣味だったんだ~ 意外意外」ズルズルパクパク

 

ミサト「私だっていい歳だからって……何言わせるのよ」カシュッゴクゴク

 

マリ「……あれ、何やってんの?」

 

シンジ「はい、アスカにも何か作ってあげようと思って……」

 

マリ「優しいねぇ、わんこ君は」

 

ミサト「……アスカと何かあった?」

 

シンジ「……ちょっと」

 

ミサト「んまぁ、シンちゃんがその調子なら大丈夫そうね……」グビグビ

 

シンジ「…………」

 

 

~夜 アスカの部屋の前にて~

 

シンジ「アスカ……」

 

シンジ「今日は……ゴメン」

 

  …………

 

シンジ「お腹……空いてない?」

 

シンジ「……サンドウィッチ作ったから、良かったら食べて」

 

  …………

 

シンジ「……アスカがマリさんの事、キライなのは仕方ないかもしれないけど」

 

シンジ「それでも、エヴァパイロットなんだし、やっぱり仲間だと思うんだ」

 

  …………

 

シンジ「……マリさんも悪気はないと思うし」

 

シンジ「アスカもそれはわかってるんだよね?」

 

  …………

 

シンジ「勝手にしゃべってゴメンね」

 

シンジ「それじゃ……」

 

 

~夜 アスカの部屋にて~

 

アスカ(どうして……)

 

アスカ(どうして、バカシンジが謝るのよ……)

 

アスカ(…………)

 

アスカ(……わかってるわよ、あたしのワガママだって)

 

アスカ(それでも……)

 

アスカ(あんな奴より)

 

アスカ(あたしの味方をしてよ……)

 

アスカ(…………)グゥ……

 

アスカ「お腹……空いたな……」

 

アスカ「…………」ガラッ

 

アスカ「…………」モグモグ

 

アスカ「これ、あたしの好きな……」

 

アスカ「……美味しい」モグモグ

 

 

~深夜 シンジとマリの部屋にて~

 

マリ「わんこ君起きてる?」

 

シンジ「……はい」

 

マリ「良かったぁ、何だか眠れなくてさ」

 

シンジ「どうか……したんですか?」

 

マリ「どうもしないよ~ たださ、私専用の新しいプラグスーツが楽しみでさ♪」

 

シンジ「プラグスーツ、ですか?」

 

マリ「うんうん、今まで着ていたやつはちょっと胸がキツくてね~」

 

シンジ「あ、は、はぁ///」

 

マリ「そういえばさ」

 

シンジ「はい?」

 

マリ「わんこ君はどうしてエヴァに乗ってるの?」

 

シンジ「どうしてって……」

 

マリ「何か目的とかさ、やりたい事でもあったりする訳?」

 

シンジ「…………」

 

シンジ「理由なんてありませんよ……」

 

マリ「ふ~ん」

 

シンジ「父さんが……乗れって言うから乗っているだけです……」

 

マリ「エヴァパイロットってさ、やりたくて出来るもんじゃないんだよ?」

 

シンジ「……そう、みたいですね」

 

マリ「いわゆるエリート、富と権力も自由自在……って流石にそれは言いすぎか」

 

シンジ「…………」

 

マリ「ま、それなりの待遇はしてもらえるんだけど、いつ死んでもおかしくない」

 

シンジ「っ!?」

 

マリ「わんこ君はいつ死んでもおかしくないモノに、自分の意思じゃなく乗ってるんだ?」

 

シンジ「……僕の意思ですよ」

 

マリ「そうなの?」

 

シンジ「父さんに乗れと言われたけど、乗っているのは……僕の意思です」

 

マリ「へぇ~、そっかぁ……」

 

シンジ「マリさんは、マリさんはどうしてエヴァに乗っているんですか?」

 

マリ「私? ナイショ♪」

 

シンジ「えっ?」

 

マリ「まぁ、詳しい事は言えないけどさ。楽しいからってのもあるかな~」

 

シンジ「……楽しい? エヴァに乗るのがですか?」

 

マリ「そうそう、どうせ一度きりしかない人生だしさ。楽しんだ者勝ちじゃない?」

 

シンジ「それは、そうかもしれませんけど……」

 

マリ「わんこ君はエヴァに乗っていて楽しくない?」

 

シンジ「……僕は楽しくありませんよ」

 

マリ「ふ~ん」

 

シンジ「マリさんだって言ったじゃないですか。いつ死んでもおかしくないって!」

 

マリ「うん、言ったね」

 

シンジ「それなのに楽しいなんて、おかしいですよ」

 

マリ「そうかな? スリルがあっていいじゃない?」

 

シンジ「そんなの……おかしいですよ……」

 

マリ「それじゃ……楽しい事、する?」

 

シンジ「えっ?」

 

マリ「いつ死んでもおかしくないエヴァに乗ってて楽しくないならさ……」ゴソゴソ

 

シンジ「え、ま、マリさん!?」

 

マリ「乗ってない時に、楽しんだ方がいいんじゃないかにゃ?」

 

シンジ「ちょ、ちょっと……どうしてこっちに来るんですか!?」

 

マリ「昨日……」

 

シンジ「…………」ビクッ

 

マリ「……シてたよね?」

 

シンジ「えっ!?」

 

マリ「隠さなくていいよ。私のしてるの聞いて……君もシたでしょ?」

 

シンジ「な、何の事……///」

 

マリ「わんこ君のニオイが濃くなったからさ……すぐにわかったよ?」

 

シンジ「ぼ、僕は……」

 

マリ「いいんだって。キモチ良かったんでしょ、わんこ君も?」

 

シンジ「ぅ……ぁ……///」

 

マリ「ねぇねぇ、誰の事思ってシたの?」

 

シンジ「や、やめて……ください……」

 

マリ「やっぱり私?」

 

シンジ「ま、マリさん……冗談、ですよね」

 

マリ「冗談でこーいう事はしないと思うなぁ♪ 私じゃなかったら大尉さん?」

 

シンジ「ち、違い、ます……」

 

マリ「もしかして葛城さんとか?」

 

シンジ「ホントに止めてください……」

 

マリ「だって、こんなに硬くなってるじゃない? じゃぁ、零号機のパイロットさん?」

 

シンジ「っ!?」ピクッ

 

マリ「うわ~ショックだなぁ。私が側にいたっていうのに」

 

シンジ「うぁ……や、やめて……くだ、さい」

 

マリ「私はわんこ君の事思ってシたんだよ?」

 

シンジ「ぼ、僕……を?」

 

マリ「そう。それなのに悔しいなぁ?」

 

シンジ「ぁ……っ……」

 

マリ「悔しいからイジメちゃおう♪」

 

シンジ「んっ……っ……はぁ……はぁ……」

 

マリ「イヤなら逃げてもいいんだよ?」

 

シンジ「……くぅっ」ピクッ

 

マリ「逃げられる訳ないよね。ここはこんなに硬くなってるんだもん♪」

 

シンジ「ぁっ……」

 

マリ「……キス、しょっか?」チュッ

 

シンジ「!?」

 

マリ「んっ……っ……ちゅっ……」

 

シンジ「っ……ちゅっ……ぅっ……(す、凄くやわらかい……)」

 

マリ「はぁ……ちゅっ……ちゅっ……ちゅぱっ」

 

シンジ「ぁっ……んっ……んんっ!?」ゴクン

 

マリ「にゃはは♪」

 

シンジ「はぁ……はぁ……い、今一体何を?」

 

マリ「今わんこ君が飲んだのはね、キモチ良くなるおクスリ♪」

 

シンジ「えっ!?」

 

マリ「あぁ、体に悪いモノは入ってないから大丈夫だよ。ほら、私も……」ゴクン

 

シンジ「あっ……」

 

マリ「……んっ。ね?」ニコッ

 

シンジ「は、はい……」

 

マリ「まぁ、おまじないみたいなもんだよ。さっ、続きしよ……んんっ……」

 

シンジ「はぁっ……ちゅっ……」

 

マリ「おいし……ペロッ……ちゅっちゅっ……んっ」

 

シンジ「んんっ……や、やっ……ぱり……ちゅっ……こん、な……事……」

 

マリ「そんな事……んっ……言う口は……こうしちゃおう♪ ちゅっ……ちゅぷっ……」

 

シンジ「んんっ!?(し、舌が……!?)」

 

マリ「ちゅぱっ……ちゅっ……くちゅっ……んんっ」

 

シンジ「ぅっ……んっ……ちゅっ……ちゅぱっ……(あ、頭がしびれて……)」

 

マリ「はぁ……わんこ君は……ちゅっ……こういう事は……初めて?」

 

シンジ「はぁ……はぁ……はぁ……」

 

マリ「気持ち良くて……ボーっとして来ちゃったかにゃ?」

 

シンジ「…………(さっきの……薬のせい?)」コクコク

 

マリ「そっかそっか。それじゃあそのままでいいからね……」ゴソゴソ

 

シンジ「!? な、何するんですか!?」

 

マリ「何って……窮屈そうだよ……ここ?」

 

シンジ「あっ!?///」

 

マリ「おぉ~顔に似合わず立派だね♪」

 

シンジ「ぁ……///」

 

マリ「ピクピクして元気だね~ ちゅっ♪」

 

シンジ「ぅぁ!?」

 

マリ「ジッとしててね……ペロッ……ちゅっ……」

 

シンジ「あっ……ぁぁっ!?」

 

マリ「ちゅくっ……ちゅぱっちゅぱっ……」

 

マリ「んふふ、さっきから声を出しちゃって、カワイイなぁ」

 

シンジ「そ、そんな事……言ったって……あっ……」

 

マリ「んっ……勝手に出ちゃうって?」

 

シンジ「は、はい……んぁっ!?」

 

マリ「ちゅっ……ペロペロ」

 

シンジ(す、スゴイ……こんなにキモチいいの?)

 

シンジ(うぅ……部屋が薄暗いから、ハッキリと見えないけど……)

 

シンジ(……マリさんが……んんっ……僕の顔を見てる気がする///)

 

マリ「ふわ……どうかした?」

 

シンジ「い、いえ……何でも、ありません」

 

マリ「今は他の事考えちゃダメだよ?」

 

シンジ「ご、ゴメンなさい」

 

マリ「じゃ、仕上げいこうかにゃ……ちゅっ」

 

シンジ「うわっ!? そ、そんなに……激しく……あっ……」

 

  …………

 

マリ「うわ~いっぱい出たね~♪」

 

シンジ「はぁ……はぁ……はぁ……」

 

マリ「メガネもベトベト……うん……わんこ君のニオイ……」クンクン

 

シンジ「ご、ごめんなさい……」

 

マリ「何で謝るのさ。キモチ良かったんでしょ?」

 

シンジ「は、はい……///」

 

マリ「イク前にちゃんと言ってくれたら、全部飲んであげたんだけどね~」ペロッ

 

シンジ「そ、そんな///」

 

マリ「キレイにしちゃおっか……じゅるっ……ちゅぱっ……」

 

シンジ「うぁ……」

 

マリ「うわぁ、出てくる出てくる……」

 

シンジ「うっ……ぁぅ……くっ……」

 

マリ「んんっ……」ゴクリ

 

シンジ(ぜ、全部……飲んで……喉が……)ブルッ

 

マリ「んっ……イッた後だと敏感になってるから、刺激が強かったかな?

 

マリ「わんこ君ばっかりキモチ良くなるのはズルイから……」

 

シンジ「は、はい……」

 

マリ「今度は私をキモチ良くして?」

 

シンジ「で、でも……どうしたらいいか……」

 

マリ「えっとだね……この手を私の胸に……」

 

シンジ「こ、こうですか?」

 

マリ「そうそう。ゆっくりと下から包み込むように……そう優しく」

 

シンジ「はい……」

 

マリ「んっ……その調子……ほら、勃ってきたでしょ……ここ」

 

シンジ「…………」

 

マリ「ここを……んっ……押したり、摘んだり……あァっ……」

 

シンジ「こ、こうですか?」

 

マリ「そう……っ……力を入れないで……くっ……ゆっくりと……」

 

シンジ「はぁ……はぁ……」

 

マリ「あっ……キモチいいよ……わんこ君……」

 

マリ「あン……反対の胸も……お口で……ね?」

 

シンジ「は、はい……」

 

マリ「歯を立てないで……そう、唇と舌で好きなように……んんっ」

 

シンジ(スゴく……やわらかくて……いいニオイがする……)

 

マリ「キモチ、いいよ……わんこ君っ……」

 

シンジ(こ、こ……かな?)

 

マリ「んっ!?……それ……コリコリされるの……スゴくキモチいい……」

 

シンジ(こう……ここを……)

 

マリ「はぁっ!? ちょ、ちょっと……スゴいよ……」

 

シンジ(よ、よし……もっと……もっと……)

 

マリ「あっあっあっ……んンっ……」ギュッ

 

シンジ(あ、頭を抱きかかえられて……んっ)

 

マリ「ふぁ……もっと……もっとコリコリして……」

 

シンジ(マリさん……感じてくれてるんだ……)

 

  …………

 

マリ「はぁ……はぁ……」

 

シンジ「だ、大丈夫ですか?」

 

マリ「もぅ……わんこ君、ホントに初めてなの?」

 

シンジ「は、はい……」

 

マリ「わんこ君のせいで、下がスゴい事になっちゃってるよ?」

 

シンジ「え、えっと……///」

 

マリ「見て……みる?」

 

シンジ「…………」コクコク

 

マリ「それじゃ……こっち……」

 

シンジ「……はいっ」

 

マリ「手を貸して……うん。ここ……わかる?」

 

シンジ「うゎ……スゴい……」

 

マリ「もう溢れちゃってるでしょ? わんこ君がこんなにしたんだよ」

 

シンジ「僕が……」

 

マリ「そう、わんこ君が上手だったから、すっごく濡れちゃった」

 

マリ「あとは……ここ」

 

シンジ「こ、ここ……ですか?」

 

マリ「んンッ!?」ビクッ

 

シンジ「ま、マリさん!?」

 

マリ「もう……いきなり触っちゃだめだよ……」

 

シンジ「ご、ごめなさい……」

 

マリ「ここが女の子の一番大事なトコロだよ」

 

シンジ「ここが……?」

 

マリ「ここを触られると、勝手に声が出たり体が反応しちゃうの」

 

シンジ「は、はい……」

 

マリ「ね、私がさっきわんこ君にしてあげたように……わんこ君のお口で、して?」

 

シンジ「口で……」ゴクリ

 

マリ「歯を立てないのは胸と一緒……優しく、ね?」

 

シンジ(優しく……優しく……)

 

マリ「んっ……」

 

マリ「そ、そうっ……吸ったり……アッ……舐めたり……くっ……」

 

シンジ(スゴい……どんどん中から溢れてくる……)

 

マリ「あアンっ……あっあっあっ……んぁっ……」

 

シンジ(これって……L.C.Lのニオイ……?)

 

マリ「だ、大事な……んンっ……トコロも……はァっ……」

 

シンジ(マリさんの大事なトコロ……ここを……)チュッ

 

マリ「ンあっ!?」ビクッ

 

シンジ(ゆっくり……優しく……)

 

マリ「あっあっあっ……んんっ!?」

 

シンジ(吸って……舐めて……)

 

マリ「はぁっ……いいよ……もっとぉ!?」

 

シンジ(と、止まらない……)

 

マリ「そ、そこばっかり……ああっ!? もう……あっあっあっ!?」

 

シンジ(はぁ……はぁ……マリさんのニオイで頭が蕩けそう……)

 

マリ「あっ……も、もうっ……あっあァっ……アァァッ!?」ビクビクッ

 

シンジ「はぁ……はぁ……はぁ……」

 

マリ「はぁ……はぁ……はぁ……」

 

シンジ「……ま、マリさん?」

 

マリ「もぅ……わんこ君のエッチ」

 

シンジ「っ!?///」

 

マリ「まさか、わんこ君にイカされるとは思わなかったにゃ♪」

 

シンジ「えっ? 今のって……」

 

マリ「そう。今のがイッたの……」

 

シンジ「そうなんですか……良かった」

 

マリ「……良かった?」

 

シンジ「はい。マリさんにもキモチ良くなってもらって良かったなって」

 

マリ「も~カワイイなぁ~わんこ君は♪」グリグリ

 

シンジ「や、やめてください///」

 

マリ「いや~でも予定が狂っちゃったよ」

 

シンジ「……予定、ですか?」

 

マリ「そっ。ホントはね、程々にキモチ良くしてもらった後に……」

 

シンジ「はい」

 

マリ「わんこ君と一緒にキモチ良くなろうかな~って考えてたの」

 

シンジ「一緒に……ですか?」

 

マリ「そそ、わんこ君の元気になってるモノを、私の中に挿れてもらってね」

 

シンジ「あっ……///」

 

マリ「でもね~ ほら、イッちゃったから、こんなになってるでしょ?」

 

シンジ「あっ……手が震えて……」

 

マリ「うん、体に力が入んなくなっちゃって……ゴメンね」

 

シンジ「大丈夫なんですか?」

 

マリ「大丈夫大丈夫♪ 少し休憩したら治ると思うからさ」

 

シンジ「そ、そうですか……」ホッ

 

マリ「休憩がてら、ちょっとお話しない?」

 

シンジ「いいですよ?」

 

マリ「わんこ君、大尉さんとケンカしてるんだよね?」

 

シンジ「……えっ?」

 

マリ「大尉さんと仲直りしたくない?」

 

シンジ「それは……したいですけど。でも、アスカが……」

 

マリ「大丈夫だよ。大尉さんはわんこ君の事好きみたいだから」

 

シンジ「あ、アスカが!? 僕の事をですか?」

 

マリ「ありゃ、やっぱり気づいてなかったか」

 

シンジ「だっていっつも怒ってばっかりなんですよ、アスカは」

 

マリ「これは、多分なんだけどね……」

 

シンジ「……はい」

 

マリ「わんこ君にはワガママを言っても大丈夫、って考えてるからだと思うよ」

 

シンジ「僕には、ですか?」

 

マリ「そう。わんこ君だからワガママを言いたいんだよ。他の人に対してはどう?」

 

シンジ「えっと……」

 

マリ「あの子、わんこ君に言うみたいに、他の人にもワガママ言ってる?」

 

シンジ「……文句は言ったり怒ったりはするけど、ワガママは言ってないかもしれません」

 

マリ「うん、決まりだね」

 

シンジ「でも……」

 

マリ「仲直りする方法、教えてあげよっか?」

 

シンジ「……はい」

 

マリ「今、私達がしたみたいにすればいいよ」

 

シンジ「えっ!?」

 

マリ「ほら、私とわんこ君、急に仲良くなった感じがするでしょ?」

 

シンジ「は、はい……でも、そんな事したら……」

 

マリ「お互いに触れ合って、キモチ良くなって、お互いの事を愛しく思って……」

 

シンジ「…………」

 

マリ「お互いの事をわからないと、私達みたいに仲良くなれないよ?」

 

シンジ「でも……」

 

マリ「そうだ♪」ゴソゴソ

 

シンジ「……?」

 

マリ「はい、これ♪」

 

シンジ「これは……さっきの?」

 

マリ「うん、さっき私達が飲んだキモチ良くなるおクスリ」

 

シンジ「…………」

 

マリ「最初にこれを飲ませちゃえば大丈夫だよ」

 

シンジ「でも……」

 

マリ「最初は抵抗されるかもしれないけどさ、それは驚いてるだけだから」

 

シンジ「驚いてる……だけ」

 

マリ「誰だって、好きな人に触れられたいって思うもんだよ。わんこ君だってそうでしょ?」

 

シンジ「それは……そうですけど」

 

マリ「私はここで休憩してるから、今から行ってきなよ」

 

シンジ「い、今からですか?」

 

マリ「仲直りするなら、早い方がいいじゃない?」

 

シンジ「…………」

 

マリ「別に無理強いしてる訳じゃないよ?」

 

シンジ「はい……」

 

マリ「わんこ君がイヤなら止めておけばいいと思うよ?」

 

シンジ「…………」

 

マリ「仲直り……したいよね?」ボソッ

 

シンジ「はい……」

 

マリ「あの子もそれを望んでると思うなぁ?」

 

シンジ「アスカが……」

 

マリ「やり方はさっきのでわかったでしょ?」

 

シンジ「は、はい……」

 

マリ「最後はね……さっきの場所にわんこ君のを挿れるだけ」

 

シンジ「挿れるだけ……」

 

マリ「そしたら……さっきより、もーっとキモチ良くなって、仲直り出来るよ?」

 

マリ「あとは……って囁いてあげたら、大人しくなると思うな。ほら、行ってきなよ?」

 

シンジ「はい……」コクリ

 

  …………

 

マリ「あはは。チョロイなぁ、わんこ君は♪」

 

 

~深夜 アスカの部屋にて~

 

アスカ「んんっ!?」ゴクリ

 

アスカ(な、何っ!?)

 

アスカ「げほっ!? げほっ!?」

 

シンジ「アスカ……」

 

アスカ「バカシンジ? 何の真似よ、一体! それに今何を飲ませたの!?」

 

シンジ「ご、ごめん……アスカと仲直りしたくて……」

 

アスカ「こんな事されて、仲直りなんて出来る訳ないでしょ!? ばっかじゃないのあんた!!」

 

シンジ「でも……」

 

アスカ「どきなさいよ!?」

 

シンジ「……アスカ、好きなんだ」

 

アスカ「……えっ!? あ、あんた何を……」

 

シンジ「好きだよ、アスカ……ちゅっ」

 

アスカ「んんっ!?」

 

アスカ(い、今……一体何て言ったの!?)

 

シンジ「ちゅっ……んんっ……」

 

アスカ「あっ……んんっ……や、やめて、よ」

 

シンジ「アスカがさっき飲んだの……キモチ良くなるクスリなんだって」

 

アスカ「ちょ、ちょっと……どういう……んんっ!?」

 

シンジ「ちゅっ……ちゅぱっ……」

 

アスカ(な、何これ? 何がどうなってるの!?)

 

シンジ「アスカ……ちゅっ……カワイイよ……んっ」

 

アスカ(……えっ!? か、カワイイって……)

 

シンジ「アスカ……アスカ……ちゅっ……んンっ」

 

アスカ「んぁっ……ちゅっ……ンン」

 

シンジ「ペロッ……ちゅぱっ……ちゅっ……」

 

アスカ(バカシンジがあたしの事を……好き? カワイイ?)

 

シンジ(マリさんの言った通りだ……『好き』って言った途端にアスカが大人しく……)

 

シンジ「ねぇ……アスカ……」

 

アスカ「な、なに……よ?」

 

シンジ「僕、イヤなんだよ。アスカとケンカしてるのって……」

 

アスカ「だ、だからって……こんな、事……」

 

シンジ「こんな事かもしれないけど、アスカに触れられて……スゴく嬉しいんだ」

 

アスカ「ぁっ……///」

 

シンジ「昨日は……ホントにゴメン……ちゅっ……」

 

アスカ「んんっ!? ず、ズルいわよ……///」

 

シンジ「ズルくてもいいよ。ケンカしてるより……ちゅっ……んっ……」

 

アスカ「んンっ……バカ……シンジ……」

 

シンジ「うん?」

 

アスカ「さ、さっきあんたが言ったのって……本気なの?」

 

シンジ「さっき?」

 

アスカ「あ、あたしの事を『カワイイ』とか……『す、好き』とか……」

 

シンジ「うん……」

 

シンジ「うん、嘘じゃない……」

 

アスカ「そ、そう……///」

 

シンジ「ね、ねぇ、アスカ?」

 

アスカ「何よ?」

 

シンジ「顔が赤いけ……」ドスッ

 

アスカ「あ、あんた、もうちょっとデリカシーってもんがない訳!?」

 

シンジ「うぅ……ご、ごめん……」

 

アスカ「全く……どうしてこんなヤツを……」

 

シンジ「……僕が、どうかしたの?」

 

アスカ「な、何でもないわよ!?///」

 

シンジ「……ねぇ?」

 

アスカ「な、何よ!?///」

 

シンジ「アスカは……僕の事、キライ、かな?///」

 

アスカ「……あんた、そういう聞き方はズルいんじゃないの!?///」

 

シンジ「それじゃぁ……」

 

 

  …………

 

アスカ「んっ……あっあっあっ……」

 

シンジ「アスカ……キモチいいっ……はぁ……はぁ……」

 

アスカ「シンジ……っ……もっと……んンっ!」

 

シンジ「はぁ……はぁ……ここ?」

 

アスカ「そこっ……そこ、キモチいい……っ!?」

 

シンジ「はぁ……はぁ……ぼ、僕……もぅ……」

 

アスカ「あたしも……アッ……あたしも……あっあっアッっ……」

 

シンジ「……っ!? も、ダメっ!?」

 

アスカ「やぁっ!? あぁぁぁぁっ!?」

 

シンジ「ぅぁ……うっ……うぅっ……」

 

アスカ「し、シンジのが……中に……」

 

シンジ「はぁ……はぁ……はぁ……」

 

アスカ「温かい……」

 

シンジ「アスカの中も……温かい……」

 

 

~明け方 アスカの部屋の前~

 

アスカ「いるんでしょ?」

 

マリ「ありゃ、もう終わり?」

 

アスカ「……寝ちゃったわよ、疲れて」

 

マリ「そっかぁ、随分長い事シてたもんねぇ~」

 

アスカ「あんたでしょ、シンジをけしかけたのは?」

 

マリ「そうだけど?」

 

アスカ「……隠すつもりもないのね」

 

マリ「隠したって仕方ないからね~」

 

アスカ「……どういうつもり?」

 

マリ「う~ん、どういうつもりって言われてもなぁ」

 

アスカ「…………」

 

マリ「なぁんかさ、キライなんだよね~ 零号機のあの根暗ちゃん」

 

アスカ「……それで?」

 

マリ「あの子もわんこ君の事、気に入ってるでしょ?」

 

アスカ「……そうみたいね」

 

マリ「大尉さんもわんこ君の事、キライじゃないよね?」

 

アスカ「…………」

 

マリ「で、わんこ君はあの根暗ちゃんの事を気に入っている?」

 

アスカ「……そう、ね」

 

マリ「だったら、大尉さんとわんこ君がくっついた方が面白いかな~って♪」

 

アスカ「……それだけじゃないでしょ?」

 

マリ「そうだね」

 

アスカ「……ふん」

 

マリ「何かあった時に、私の事を手伝って欲しいな~なんて?」

 

アスカ「何かって何よ?」

 

マリ「それはその時のお楽しみ♪」

 

アスカ「食えない女ね」

 

マリ「にゃはは♪」

 

マリ「大尉さんの方がイロイロと話がわかりやすそうだしさ。あ、勿論イヤなら別にいいんだけどね」

 

アスカ「……やってやるわよ」

 

マリ「ありゃ? いいの?」

 

アスカ「あんたが何をする気か知らないけど、知らないトコロで引っ掻き回されるのだけはゴメンよ!」

 

マリ「そっかそっか~ それは助かるなぁ♪ あ、そうそう……」

 

アスカ「何?」

 

マリ「さっき、スる前におクスリ飲んだんじゃない?」

 

アスカ「飲まされたわよ。『キモチ良くなるクスリ』って」

 

マリ「あれ、ただの栄養剤だから♪」

 

アスカ「…………」

 

マリ「ほら、クスリのせいにしちゃえば、ココロの壁も取り払いやすいでしょ?」

 

アスカ「そうね、クスリにせいにしちゃえば確かに楽よね」

 

マリ「だから、大尉さんが腰を振ってたのは、クスリのせいじゃ……」ゲシッ

 

アスカ「あんた死にたいの?」

 

マリ「うわ~怖いなぁ」

 

マリ「あ!? 最後にあと一つ」

 

アスカ「……まだあるの?」

 

マリ「私とわんこ君だけどね、最後の一線は越えてないから」

 

アスカ「はぁ?」

 

マリ「だから、わんこ君の初めては大尉さんだよ♪」

 

アスカ「だからなんだっていうのよ? あと……その『大尉さん』っていうのはヤメて」

 

マリ「じゃあ、何て呼べばいい?」

 

アスカ「……アスカ、でいいわ」

 

マリ「アスカね。じゃあ私もマリでいいよ」

 

アスカ「ふん。あんたなんかエロメガネでじゅうぶんよ」

 

マリ「にゃはは♪ ま、共犯者って事でヨロシクね」

 

アスカ「……ふんっ」

 

 

 

 

 

 

 

 

元スレ

マリ「んふふ、さっきから声を出しちゃって、カワイイなぁ」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1328441779/