アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

えりな「う、うそ!こんなに顔を近づけちゃったら」【食戟のソーマss/アニメss】

 

えりな「こ、こんな破廉恥な…展開に…」ペラッ 

えりな「い、いいいきなり手なんかつないで帰っちゃって」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「う、うそ!こんなに顔を近づけちゃったら」 

えりな「ま、ままままさかまさか!」ペラッ 

次号に続く! 

えりな「……」 

えりな「ま、ページ的に考えてもそうよね…」 

えりな「でも、いつか私にもこんなことが訪れるのかしら」 

えりな「…ありえないわね」 

えりな「私は薙切の血を引くもの、薙切えりな」 

えりな「こんな浮ついたことをしている暇があれば世界の料理界に少しでも貢献しなければ」 

えりな「今日はもう寝ましょう…番外編は明日読めばいいでしょう」 

えりな「…ふぅ」ゴロン

 

 

 

ーーーーーー 

「なぁ、えりな…今日一緒に帰らないか?」 

えりな「え?それって…」 

「い、いやならいいんだ!俺は一人で帰れるしお前は車に乗って帰るだろ」 

えりな「…」 

「…じゃ、俺は帰るわ。車で帰るだろうけど気を付けてな」 

えりな「待って!」 

「!」


えりな「だ、だれも車で帰るなんか言ってないじゃない」 

「そ、それって!」 

えりな「歩いて帰るのだから一人くらいエスコートが必要なのよ」 

「…いいのか?」 

えりな「いいも何も歩いて帰るんだからお付が必要なの!私は」 


「はは」 

えりな「なによ、笑って」 

「いや、可愛いなって」 

えりな「な!なに言ってるのよ!//」

 

「じゃ、帰ろうぜ!えりな」 

えりな「待ちなさい!//」 

「なんだよ、またなんかあるのかよ」 

えりな「て、てを……//」 

「…手がなんだ?」ニヤニヤ 

えりな「手を握りなさい!!!//」 

「……」 

えりな「い、いや?//」 

「…仰せのままに」ギュ 

えりな「あ//」


「じゃ、帰ろうぜ!」 

えりな「は、離したら承知しないんだからね!//」 

「あぁ、わかってるよ」 


創真「えりな」


えりな「づぁぁあぁ!!」ガバッ 

えりな「……あ、あ、あああぁぁあぁぁぁぁ!!!」 

えりな「なんじゃこりゃあぁぁぁぁ!!!」ダンッ 

えりな「~~~~っ!痛いわよ!もう」 

えりな「……な、なんて最悪の夢を見てしまったのかしら」 

えりな「最悪よこんなの!しかも寝てから30分もたってないじゃない!!!」 

えりな「なんでよりよって幸平創真なの!」 

えりな「あぁぁぁ!ほんっと最悪!」 

えりな「……眼が冴えてしまったわね」 

えりな「ば、番外編でも見ようかしら」スッ


えりな「……」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「う、うそ!行き止まりなんて!!!」ペラッ 

えりな「そ、そんな!こんな大勢に囲まれたら助からないじゃない!!!」ペラッ 

えりな「あぁ!、もう!主人公はなにやっているのよ!!!」ペラッ 

えりな「……」 

えりな「嘘よね?」 

えりな「そ、そんな酷いこと…」 

えりな「…お、お願い!」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「い!いいぞやっちゃえ!!!」ペラッ 

次号へ続く! 

えりな「…」


えりな「…」 

えりな「て、手に汗握るような展開だったわね…」 

えりな「で、でもあそこまでやらなくてもいいんじゃないかしら?」 

えりな「いったい作者はなにを考えて描いているのかしら」 

えりな「それにしても男はやはり野蛮なものね」 

えりな「…わ、私が同じ様なめにあったら誰が助けてくれるのかしら?」 

えりな「……ま、漫画では男5人を相手にするような感じだったけれど」 

えりな「ま、まぁ…この薙切えりなを助けるのだから暴漢の10人や100人くらい」 

えりな「…助けて…くれる……わよね?」


ーーーーーー 

えりな「はぁ、はぁはぁ」タッタタ 

「お~~い!どこ行くんだよ~~?」 

「ちょっと遊ぶだけだってぇ!!!」 

えりな「く、来るな!この暴漢共!!!」タッタタ 

「遊ぶだけなのに怖がりでちゅねぇ?」 

「遊び終わったら送ってあげるって」 

えりな「ふ、ふざけないで!」タッタタ 

「ま、いつ帰れるかわかんねぇけどなぁ!」 

「そもそも誰が帰すかよ!」 

えりな「く、くそっ!」タッタタ


「おっと!こっちはダメだぜぇ!!!」バッ 

えりな「きゃぁ!」バタッ 

「聞いたかよ今の?きゃぁ!だってよ!!!」 

「かぁわいいなぁもぉwwwwww」 

えりな「っ!」ダッ 

「おいおい!まだ逃げんのかよ」 

「捕まって楽しくあそぼぜ~~!」 

えりな「だれがあなた達なんかと!!!」タッタタ 

「…おい、あっちて確か」 

「あぁ、これで鬼ごっこも終わりだ」


えりな「嘘…行き止まり……」 

えりな「…ま、まだ!戻ってあいつ等が来る前に」バッ 

「おっと!残念!こっちはもうダメだよ~~」スッ 

「どうしても通りたいんなら通行料を払いな」 

えりな「お、お金?お金が欲しいの!?」 

「っぷ!お金が欲しいの?だってさ!!!」 

「そんなの遊んだ後に巻き上げるに決まってんじゃん」 

えりな「っく!この外道!!!」 

「やっべぇ!外道だってよぉ!!!俺!ぞくぞくしちゃったよ」 

「お前マジ変態だなwwwwww」


えりな「いや!来ないで!!!」 

「大丈夫!痛くないからさ!!!」 

「そうそう、俺ら慣れてるしwwwwww」 

えりな「さ、触らないでよ!!!」ジタバタ 

「っち、めんどうだな…おい!お前ら腕抑えとけ」 

「お!俺一番のりジャン!!!」 

えりな「触らないでって言ってるでしょ!!!」 

「おほぉ!近くで見るとメッチャ可愛いじゃん!!!」 

「しかし、元気が良すぎるのも困りものなんだっよ」パンッ 

えりな「……え?」バタリ 

「ひゅ~過激いぃ!女に平手打ちとか!」 

「おいおい、あんまり顔に傷つけんなよ!萎えちまうじゃんかよ」


「悪いけどさぁ?大人しくしててくんね?君もはやく楽になりたいっしょ?」 

えりな「……」 

「…おい」 

「へいへいっと」ガシッ 

えりな「…いや……」 

「安心しろって写真までは撮らねぇよ」 

「それ流石に犯罪っしょwwww」 

えりな「たす………けて…」 

「誰も来ねぇって!」 

「ま、来ても案外参加しちゃうんじゃない?」 

えりな「だれか……誰か助けてよーーーー!!!」 

「言われなくてもそのつもりだよ」


「だ!誰だお前!!!」 

「そんなの今…関係ないっしょ?」 

「今俺ら遊んでるだけなんだけど!なぁ?」 

えりな「…たすけて……助けて!!!こいつら私に酷いことしようと」 

パンッ 

えりな「っ!」 

「喋んじゃねぇ!このアマ!!!」 

「…へぇ、言ってることと違うみたいだけど」 

えりな「…助けて……」ポロポロ 

「けっ!5対1なんて勝てると思ってるのかよ!」 

「勝ってやるさ……えりなのためなら」 

えりな「…うそ……」ポロポロ 

「っち!やっちまえ!!!」 

「着やがれクズ共!」バッ


ーーーー 

「…まだ続けるのか?」 

「嘘だろ…こっちは5人いたんだぞ」 

えりな「…す、すごい」 

「えりなのためならグリズリーにだって勝ってみせる」 

「ふん…今日の所は帰ってやる……おい!帰るぞ」 

えりな「……」ビクビク 

「……二度とこんな真似すんじゃねぇぞぉ~~」 

えりな「……」 

「もう大丈夫だ」 

えりな「こ、怖かった……」ポロポロ 

「おいおいまた泣くのかよ」 

えりな「来るのが遅いのよ!ばかぁ!!!」グスッ 

「悪いな怖い目に合わせちまって」

 

えりな「……ありがと」グスッ 

「…えりなのためなら軽いもんさ」 

えりな「送って……くれるわよね?」 

「当たり前だろ」 


創真「俺だけのお姫様」ニカッ


えりな「あがぁぁあぁぁぁぁああぁぁぁ!!!」マクラモチアゲ 

えりな「なんで」ボンッ 

えりな「君が」バシッ 

えりな「出て」ボンッ 

えりな「くるの」バシッ 

えりな「よぉおぉぉぉぉおぉおぉ!!!」ポイッ 

えりな「……」バタリ 

えりな「あぁぁぁあぁぁぁ!!!//」バタバタ 

えりな「なんでなのよぉ!!!//」バタバタ


えりな「第一!!!」ムクッ 

えりな「グリズリーってなによグリズリーって!!!」ガシッ 

えりな「ちょっと!聞いてるの!?」カッ 

くまぐるみ「…」 

えりな「あれか!?熊か!?熊の手か!?」クワッ 

えりな「どうせなら高級食材の熊の手も欲しいってか!」ブンブン 

くまぐるみ「……」


えりな「なによぉ!ピンチの時に現れやがって!!!」マクラバンバン 

えりな「もっと早くに来なさいっての!!!」ポイッ 

えりな「かっこよく現れたと思ったら!かっこよく倒しちゃって!!!//」バタバタ 

えりな「そんなの卑怯じゃない!!!//」クワッ 

くまぐるみ「……」 

えりな「かっこいいと思っちゃってもしょうがないじゃない!!!//」ブンブン 

えりな「あぁぁあぁぁぁ!!!//」ギュー 

くまぐるみ「……」


えりな「はぁはぁ…」 

えりな「…はぁ……」 

えりな「寝ましょう…こんなわけのわからない妄想誰かに知られたら人格を疑われます」 

えりな「私は今少し疲れているのです」 

えりな「そう、疲れているのです」 

えりな「でなければ夢でもないのに彼が出てくるはずが……」 

えりな「//」 

えりな「ゴホン…第一現実の彼なんてあんなにかっこよくないじゃない」


えりな「多少腕が立つようですけど今までの成績なんてほとんど運よ、運!」 

えりな「そんな彼があそこまでかっこよくなるなんて本当に夢はすごいわね…」 

えりな「…っは!」 

えりな「待ちなさい!えりな!それ以上はダメよ!」 

えりな「……なにやってるのかしら」 

えりな「寝ましょ」ゴロン 

えりな「……」 

えりな「…」チラッ 

まんが「……」 

えりな「よ、読んでなんかあげないからね」 

えりな「…おやすみなさい」


ーーーーー 

「立てるか?」 

えりな「ば、バカにしないでちょうだい!立てるに決まってるでしょ!!!」スッ 

えりな「っ!」ズキッ 

「…」 

えりな「さ、さぁ帰りましょう」ズキズキ 

「はぁ…こまったお姫様だ」ダキアゲ 

えりな「きゃ!い、いきなりなにするのよ!?//」 

「あのな?こんな時くらい強がるのやめろよな」 

えりな「強がってなんか!//」 

「ホントに?」 

えりな「…」


「大丈夫ならおろすけど」スッ 

えりな「あ…」 

「…なんだよ」 

えりな「そ、その…助けてくれたお礼に私を抱っこさせてもいいけど…」 

「…」 

えりな「//」 

「いや、そういうのいいから」 

えりな「え?うそ!?」


「俺正直じゃない子あんまり好きじゃないし」 

えりな「え?え?」 

「さ、おりて」スッ 

えりな「…」 

「…おりて」 

えりな「…だ、抱っこ//」 

「なに?」 

えりな「…抱っこしてください//」 

「…っぷ」 

えりな「な!なに笑ってんのよ!!!//」ジタバタ 

「ごめんごめん、ホントにえりなは可愛いなと思って」 

えりな「なによぅ…バカにしてぇ//」プクー


「えりな?大丈夫か」 

えりな「…怖かった」 

「…」 

えりな「あのまま乱暴されちゃうのかと思った…」 

「もっと早く着くべきだったな」 

えりな「ホントよ!…遅れたりしたら……一生許さないんだから」 

「わかった…一生守ってやるよ!」 

えりな「…そ、それって//」 

「なんてな」 

えりな「…ばか//」


「行こうか?えりな」 

えりな「お、おもくない?//」 

「ん~~…少し」 

えりな「そ!そこは嘘でも軽いって言いなさい!!!//」 

「はは、嘘だよ…えりなは軽いよ」 

えりな「ふ、ふん!もう遅いわよ!!!//」 

「本当に抱きしめたら折れてしまいそうなくらい軽いよ」ギュッ 

えりな「…あっ//」 

「…」 

えりな「ほんとに…ばか……//」 

「あぁ、ホントにバカだぜ俺は…だって」 

創真「こんな可愛いえりなを放っていたんだから」 

えりな「…ふふっ…ありがとう」 

えりな「おバカな創真//」


えりな「バカはわたしだぁあぁぁぁぁあぁぁああぁぁ!!!」ガバッ 

えりな「バカは!」 

えりな「わたし!」 

えりな「だぁぁぁぁああぁぁぁあぁ!!!」 

えりな「なんで!なんで続きからなのよぉ!!!//」ゴロゴロ 

えりな「気になったのか!!!あんなにかっこよく助けてもらっちゃったから!!!//」ゴロゴロ 

えりな「なによ!お姫様抱っこまでされちゃってぇぇ!!!//」ゴロゴロ 

えりな「あの男がそんなかっこいい真似できるわけがないでしょうがぁ!!!//」ゴロゴロ

 

えりな「……は、はははは…」ダイノジー 

えりな「あははははははははは!!!」 

えりな「いい度胸じゃない幸平創真!!!」 

えりな「この薙切えりなの睡眠を妨害するなんて!!!」 

えりな「いいでしょう…徹底的に戦ってあげるわよ!」ムクリ 

えりな「ふふふふ!…後悔なさい!幸平創真!!!」ギロッ 

まんが「…」 

えりな「手始めに残りの巻を読んであげるわ!!!」ドンッ


えりな「……」ペラッ 

えりな「こ、これは…この前の続きからね//」 

えりな「二人っきりの帰り道なんて……//」 

えりな「い、いえ!帰り道に二人で居るのはおかしくありません!」 

えりな「ただ距離が…//」ペラッ 

えりな「て、手を握っているのだからしょうがないわね//」 

えりな「…」ペラッ 

えりな「み、見つめ合って…どうしたのかしら……//」 

えりな「……」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「これは!//」


ーーーーー 

えりな「ち、近いわよ…//」 

「…いやか?」 

えりな「イヤじゃないけど…//」 

「……えりな!」ガバッ 

えりな「きゃぁ!//」 

「えりな…もう、気が付いてるかもしれないけど」 

えりな「な、なによ//」 

「俺!…えりなのことが」 

えりな「…うん」

 

えりな「私のことが…?//」 

「好きなんだ」 

えりな「そ、そう//」 

「あぁ…」 

えりな「じゃダメね//」 

「…そ、そうか……」 

えりな「だって愛してくれなくちゃ//」 

「!」 

えりな「…それで……愛してくれる?//」 

「当たり前だろ?」


えりな「……」 

「な、なんだよ?」 

えりな「なんか納得いかない//」 

「はぁ?なんで」 

えりな「なんか私に比べて冷静//」 

「ば、ばか!こっちもいろいろ大変なんだぞ!」 

えりな「ほんと?//」 

「ホントだよ!//」 

えりな「そ、じゃ許してあげる//」 

「…顔…赤いぞ//」スッ 

えりな「そっちだって//」 

「愛してるよ」 

えりな「どっせぇええぇぇぇええぇぇい!!!」


えりな「ふははははははは!あぁっはははははは!!!」 

えりな「油断したわね!幸平創真!!!」 

えりな「このわたしがそう簡単に口づけを…口づけ//」 

えりな「……//」 

えりな「と!とにかく!私の唇は守られたのです//」 

えりな「……キス…するところだったのね//」 

えりな「…私もいつかするのかしら//」 

えりな「……と、当然よね!だってこの私ですよ?//」 

えりな「きっと彼より私にふさわしい人に出会って…」


えりな「いけないわ…いままでのせいで彼以外で想像しにくいじゃない」 

えりな「…」 

えりな「どうしてくれるのよ…」 

えりな「…でも、愛し合う二人がき、キスをするのは普通の事よね//」 

えりな「……」 

えりな「ま、まぁ例え妄想の中だとしても彼にキスなんてしないけれどね」 

えりな「………」 

えりな「つ、次の話を読みましょう」


えりな「…」 

えりな「プールか…」ペラッ 

えりな「もう秋だものね」ペラッ 

えりな「流石に漫画の様にプールに入るのはもう無理ね」 

えりな「…こんな風に同性の友達と気になる異性を連れてプールなんて」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「あぁ!友達の緋沙美が溺れてる!!!」ペラッ 

えりな「早く気付きなさいよ!!!」ペラッ 

えりな「!」


えりな「ほっ…助かったのね」ペラッ 

えりな「そ、そんな息が止まってるなんて…」ペラッ 

えりな「…え?人工呼吸//」ペラッ 

えりな「ちょ、ちょっと!なんであなたがやるのよ!!!」 

えりな「た、確かに緊急事態だけど…」ペラッ 

えりな「あなたにはえり子がいるのに」 

えりな「そんな目の前で…」ペラッ 

えりな「…うそ」 

えりな「…こんなのって……」ペラッ


えりな「……」 

えりな「でも、仕方がないのよね…」ペラッ 

えりな「…そう、仕方がないのよ」 

えりな「友達の命も助かったんだし…」ペラッ 

えりな「一件落着に……」 

えりな「…友達に恋人を奪われたらどんな気持ちになるのだろう……」 

えりな「いえ!これは緋沙美が悪いわけではないけれどね!?」 

えりな「わ、私はわかっているけどね?」


ーーーーーー 

「おい!あんまり遠くに行くなよ!」 

えりな「分ってるわよ」タッタタ 

「はぁ本当にわかってるのかねぇ?…えりなは大丈夫かな」 

緋沙子「安心しろ!えりな様には私が付いている」 

「…悪いな新戸、付き合わせちまって」 

緋沙子「これもえりな様のためだ!お前のためなどではない!!!」 

「あ、そう」 

緋沙子「そうだ!」 

「……」 

緋沙子「……」モジモジ 

「…トイレか?」 

緋沙子「ば!この!貴様はデリカシーがないのか!?」


「じゃあなんだよ」 

緋沙子「女子が水着を着ているのだ…そのくらい察しろ…//」 

「…」ポリポリ 

緋沙子「//」 

「あぁ、スゲー可愛いよ…」 

緋沙子「そ、そうか//」 

「……」 

緋沙子「//」 

えりな「緋沙子たち~~!早く来なさいよ~~!!!」 

「…俺、パラソル立ててから行くわ」 

緋沙子「そうか…では先に」タッタタ 

「ふぅ、えりなを泣かせるところだったな…」 

「では!ちゃっちゃと立てますか!」

えりな「緋沙子!こっちこっち!!!」バシャバシャ 

緋沙子「待ってください!えりな様」 

えりな「あれ?一人?」 

緋沙子「あぁ、なんでもパラソルを立ててから来るそうです」 

えりな「ふぅ~ん」 

緋沙子「どうされますか?」 

えりな「決まってるでしょ!いっぱい回って驚かせてやるのよ!!!」ザブザブ 

緋沙子「ま、待ってください!えりな様!!!」ザブン


「よっと!これでいい感じだな」 

「大変だ!女の子がおぼれてるぞ!!!」 

「…まさかな」スッ 

「どこの子だ?」 

ザワザワ 
   
ガヤガヤ 

「おい!この子息してないぞ!!!」 

「すんませーん!通してください!!!」 

「な!なんだね君は!」 

「すいませんもしかしたら…あ、新戸」

 

えりな「緋沙子!次はあれにしましょ!!!」 

えりな「あれ?緋沙子…」 

「おい!この子息してないぞ!!!」 

えりな「なんの騒ぎかしら?」 

えりな「…あんなに人が集まってるなら緋沙子もいるかも」

「し、知り合いなのか?」 

「はい!連れの一人です!!!おい、起きろ!新戸!!!」 

緋沙子「……」 

「おい!新戸!!!」 

「やめろ!息が止まってるんだ!!!」 

「だったらこんなことしてる場合じゃねぇ」ガバッ


えりな「お~い…緋沙子?」 

えりな「もぉどこいったのよ…」ヒョイ 

えりな「……うそ」 

「新戸!氏ぬな!!!」グッグッ 

緋沙子「…」 

「新戸!新戸!」ンン 

緋沙子「……」 

「新戸!」ングッ 

緋沙子「……げぇほぁっ」 

「おぉーー!」 

「新戸!」 

緋沙子「…こ、ここは……?」


「新戸!大丈夫か?なにが起こったのか分るか?」 

緋沙子「確か…えりな様を追いかけていたら」 

「大丈夫みたいだね?」 

「はい!ありがとうございました!!!」 

緋沙子「な、なにが起きたのですか?」 

「彼が人口呼吸してくれたんだよ」 

緋沙子「じんこうこきゅう……」 

「君は息をしていなかったからねぇ」 

「おい!大丈夫かよ?新戸!」 

緋沙子「人工呼吸……人工呼吸!?//」 

「おう!お前が生きていていたホントに良かったぜ!!!」 


創真「新戸!!!」ガバッ 

緋沙子「な!なにをする!!!このしれものめ!!!///」グイグイ 

創真「いいじゃんかよ遠慮すんなって!!!」ギュウギュウ 

緋沙子「いいから離せぇぇええぇぇ!!//」 


えりな「…そっか人口呼吸してたんだ」 

えりな「……」 

えりな「なんだろうこの気持ち」


えりな「……」 

えりな「なによこの妄想…」 

えりな「あきれて声も出ないわね…」 

えりな「まぁさっきも言ったように私は寛容的な女子ですから」 

えりな「あの野良犬がどこで人口呼吸しようが…」 

えりな「…」 

えりな「でも…抱き付くのはいただけないんじゃないのかしら?」


えりな「も、もちろんあくまでも緋沙子のためを思っての発言ですけどね」 

えりな「…そう、緋沙子のためよ」 

えりな「……第一現実的に考えてあの緋沙子が溺れるなんて」 

えりな「なによ……この気持ち…」 

えりな「…」 

えりな「続きを読みましょう」


えりな「……」ペラッ 

えりな「…」ペラッ 

えりな「……このえり子って子少し気にしすぎじゃないかしら」 

えりな「気持ちは分らなくはないけれど…」ペラッ 

えりな「それにしてもこの緋沙美…いい子ね」 

えりな「ギスギスした二人の仲を戻そうとするなんて…」ペラッ 

えりな「…」 

えりな「それにしてもこの創太って主人公少し鈍すぎるんじゃないのかしら?」ペラッ 

えりな「!?」 

えりな「そ、そんな乱暴なキスなんて…」


えりな「…」ペラッ 

えりな「二人とも最初のキスに比べて…こ、こう//」 

えりな「せ、扇情的ね//」ペラッ 

えりな「こ、こんなキスをするのね//」 

えりな「……でもなんだか虚しいわ」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「ば!ばか!!!どこ触ってんのよ!!!//」ペラッ 

えりな「だ、ダメよ!そんな感情任せに!!!//」ペラッ 

えりな「このバカ男!!!かっこいいと思ったけど見損なったわ!」


えりな「えり子!流されちゃだめよ!!!」ペラッ 

えりな「あ、あう…うわぁあぁぁ//」ペラッ 

えりな「!?」 

えりな「そ、そうよ!そんな乱暴な男ビンタがお似合いよ!!!」 

えりな「………」ペラッ 

えりな「……でも、えり子も創太も…痛そう」ペラッ 

えりな「…わ、別れたりなんかしないわよね…?」


ーーーーー 

「なぁ新戸…どこ連れてくんだよ?」 

緋沙子「黙ってついて来い!」 

「……はぁ」 

緋沙子「…最近えりな様とあまりよろしくなさそうだな……」 

「…なにがだよ?」 

緋沙子「とぼけるな!…わ、私のせいか?」 

「……そんなんじゃねぇよ…」 

緋沙子「…着いたぞ」 

「…」


コンコン 

えりな「…誰かしら?」 

ガラガラ 

緋沙子「失礼します」 

えりな「ひ、緋沙子…」 

緋沙子「ほら!お前も入れ!!!」 

「……」ヒョイ 

えりな「!?」 

緋沙子「…出過ぎた真似かもしれませんが今の二人は変です!!!」 

えりな「別にへんじゃ…」 

緋沙子「ですので!今日ここで仲直りしてもらいます!」 

「仲直りって…」 

えりな「…」


緋沙子「………」 

「……」 

えりな「…」 

緋沙子「あぁ!!!」 

「!」 

えりな「な、なに?」 

緋沙子「じれったすぎます!!!」 

「…」 

緋沙子「二人はこんなにも好き合っているのに…」 

えりな「…」 

「べつに…そんなんじゃ……」 

えりな「!」


緋沙子「き、貴様…!」 

「……」 

えりな「いいのよ緋沙子…いいの」 

緋沙子「…ですが」 

えりな「いいのよ…」 

緋沙子「……っ!」バッ 

「お、おい…」 

ガラガラ 

ガチャガチャ カシャン 

えりな「え?」 

「ま、マジかよ…」


ドンドンドン 

「…いなくなりやがったし」 

えりな「……」 

「…」 

えりな「ねぇ?」 

「…」 

えりな「ねぇってば!?」 

「なんだよ」 

えりな「…あれ…どういう意味?」 

「?」


「あれ?」 

えりな「っ!とぼけないで!!!」 

「…」 

えりな「…別にそんなんじゃないとか言って」 

「あれはそんないみじゃねぇよ…」 

えりな「……じゃあ、なに」 

「…」 

えりな「ほら、言えないんじゃない」 

「…察してくれよ」 

えりな「…」


えりな「ねぇ?」 

「…」 

えりな「…キスして」 

「…」 

えりな「いいからキスしなさいよ!!!」 

「…わかったよ」スッ 

えりな「…」ビクッ 

チュッ 

えりな「……」


えりな「…」 

「…これでいいのかよ」 

えりな「…っ!も、もっと!もっと深くしなさい!!!」 

「深くって…」 

えりな「…しないの?」 

「……」スッ 

チュッ


えりな「ん!…んう!!!//」 

「んむ!……ん」 

えりな「んん!…んふぅ!!!//」 

「!」 

サワッ 

えりな「!」 

「ん……んう!」 

サワサワ 

えりな「はぁ…や、やめて…」


ギュゥ 

えりな「!」 

パシンッ 

「……」 

えりな「あ、ごめんな…」 

「いや、俺が悪かった…」 

えりな「…」 

「帰る」 

えりな「ど、どうやって?」 

「いや、思ったけどここ一階だし…」 

えりな「あ…」


「…じゃあな」 

えりな「なんでかしらね…」 

「…」 

えりな「もう、なにがなんだかわからないわ」 

「…俺もだよ」 

えりな「…あとで緋沙子に謝らせるわ」 

「……いらねぇよ、そんなの」 

えりな「…そう」 

「…」 

えりな「さようなら…」 

「あぁ……さようなら」 


創真「えりな」ニコッ


えりな「なによ…」 

えりな「最後に寂しそうに笑っちゃって」 

えりな「なによ…ホントに」 

えりな「もうたかが妄想なのになんでこんな気持ちにならないといけないわけ」 

えりな「だいたい彼があそこでそんなんじゃないなんて言うから!」 

えりな「……」 

えりな「彼、どんな気持ちで言ったのかしら…」 

えりな「……ページ的に考えてこれと次で終わりかしら…」 

えりな「ここまできたら最後まで行ってやろうじゃない」ゴロン


えりな「……」ペラッ 

えりな「な!そんなつもりで言ってたの!?」 

えりな「分るわけないじゃない!このバカ!!!」ペラッ 

えりな「いちいち言い回しがめんどくさいのよこの主人公は!!!」ペラッ 

えりな「えり子も少しくらい相手を考えてあげれば…」 

えりな「いえ!あの男にそんな気遣いは無用でした!!!」ペラッ 

えりな「何度私がバカにされたことたことか…」 

えりな「…っは!」


えりな「ち!違うのよ!そんなんじゃないだからね!?」 

えりな「彼とイメージたまたま……たまたま、重なって」 

えりな「…」 

えりな「…ふぅ」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「うそ!?」 

えりな「創太が交通事故!!?」ペラッ 

えりな「そんな…骨折なんて…すごく痛いじゃない」ペラッ 

えりな「えぇ!?意識が戻らない!?」


えりな「そ、そんなのって…」ペラッ 

えりな「い、一週間以内に意識が戻らないと…植物人間て……」 

えりな「…残酷ね」ペラッ 

えりな「こんなことならハッキリ言っておけばよかったのに…」 

えりな「なんでえり子は言えなかったのかしら…?」ペラッ 

えりな「確かに出会いは最悪だったわね」ペラッ 

えりな「それにきっかけも単純だった」 

えりな「……もう遅いのかしら」


えりな「…」ペラッ 

えりな「ひどいわ!二人がなにをしったていうのよ!?」ペラッ 

えりな「緋沙美も気丈に振る舞っているけれど…」 

えりな「…やはり堪えているのかしらて」ペラッ 

えりな「?」 

えりな「なんで彼の腕をアップで終わっているのかしら?」 

えりな「……」 

えりな「でも実際こんなの起きたら……私だったら…」


ーーーーーー 

「………」 

「…くそっ!」ダンッ 

「なんであんな風になっちまったんだよ…」 

「こんなはずじゃ………第一えりなが…」 

「いや、俺が悪いんだろ…」 

「男のくせに口下手で…言い回しも下手くそで…」


「……それに仲が悪いって言われてそんなんじゃないって言ったのに」 

「えりなのやつ怒り……やがって…」 

「えりなは……俺のことがまだ好きなのかな…?」 

「だとしたら…まだ……まだ!」 

「…明日……明日謝ろう…」 

「あいつの好きな料理でも作ってやっか」 

「へへ、そうとなったら帰って下拵えだ」 

ブブブーーーッ 

「え?」


ーーーーーー 

えりな「うそ!うそ!」 

緋沙子「落ち着いてください!!!えりな様」 

えりな「嘘でしょ!ねぇ!?ドアを!ドアを開けてよ!!!」 

緋沙子「えりな様…」 

えりな「こんな!こんなお別れイヤなの!!!」 

緋沙子「えりな様…っく!お許しください!!!」 

パシンッ 

えりな「え?」ストンッ


緋沙子「落ち着いてください…えりな様」 

えりな「…」 

緋沙子「そう騒がれては病室に入ることもできません」 

えりな「そう………ね…」 

緋沙子「無礼の罰はあとで受けます」 

えりな「……」 

「落ち着いたかね?」 

緋沙子「はい、先生…立てますか?えりな様」 

えりな「………」コクン


緋沙子「…あの、容態は……」 

「うん…とりあえず目立つのは左の鎖骨と左肩の亀裂骨折じゃな」 

えりな「…こっせつ……」 

「まぁくっつけばすぐにでも動かせるようになる」 

えりな「そうですか…」 

「しかし」 

緋沙子「しかし?」 

「…意識が戻らないんだ」 

えりな「ウソ…」

 

「このまま戻らないと最悪植物人間という可能性もある」 

緋沙子「そんな…」 

えりな「あの……あの!」 

「なんだい?」 

えりな「彼に…会わせてください」 

「ふむ、こっちだよ」 

えりな「ありがとうございます」 

緋沙子「えりな様…」

 

「…」 

えりな「…」 

緋沙子「…傷はどのくらいで……」 

「そうだね…2カ月もかからないだろ」 

えりな「2か月…」 

「それよりも意識がね…」 

緋沙子「そ、その…意識が戻らないとまずい目安などあるのでしょうか?」 

えりな「…」 

「だいたい1カ月前後と言われているけれど彼の場合は1週間くらいかな」 

えりな「っ!」 

緋沙子「い、一週間…」


「一週間過ぎても意識が戻らない場合は覚悟してください」 

えりな「…はい」 

「さらに意識が戻っても健忘つまり記憶喪失になる可能性があります」 

緋沙子「そんな…」 

「この健忘というのは一日で記憶が戻ることもありますが一生戻らないこともあります」 

えりな「…」 

「…ではそろそろ」 

緋沙子「あの!少しお聞きしたいことが」 

「では外で…」 

えりな「私は……残ります」


「……そうですか」 

緋沙子「では、あとで内容を伝えます」 

えりな「えぇ…」 

「では…」 

緋沙子「はい……」 

ガラガラガラ 

「……」 

えりな「二人きりね…」 

「…」 

えりな「まるで寝てるみたいよ…あなた」


「…」 

えりな「仲良くなったきっかけもこんな感じだったかしら」 

「……」 

えりな「君と私の立場は逆だけど…」 

「………」 

えりな「確か私が転んだところを君が受け止めてくれたのよね」 

「……」 

えりな「でも寝不足で私が寝てしまって」 

「…」 

えりな「君が保健室まで連れてくれて…ねぇ?」 

えりな「起きてるんでしょ?」


「…」 

えりな「お願いだから起きてよ…」 

「…」 

えりな「こんなお別れイヤなの」 

「…」 

えりな「イヤなのよ…イヤ……」グスッ 

「……」 

えりな「起きてくれたらキスしてあげるから」グスッ 

「………」 

えりな「…なによキスだけじゃ不満なの?」ポロポロ 

「…………」 

えりな「す、少しくらい、え…エッチなのしてあげてもいいから」ポロポロ 

「…」 

えりな「だから…起きてよ…いつもみたい元気に笑いなさいよ」ポロポロ


えりな「ねぇ?」 

「…」 

えりな「なによ!!!いい加減に起きなさいよ!!!」ポロポロ 

「…」 

えりな「君の!君のとこが好きなのよ!!!」 

「……」 

えりな「だから起きてよ…」ポロポロ 

えりな「創真」ポロポロ 

創真「………」


えりな「……次で最後ね」 

えりな「…彼だったら……どうしていたのかしら」 

えりな「幸平君だったら…」 

えりな「私を悲しませるようなことしないはずよね…?」 

えりな「あのバカのせいでこのままじゃ眠れそうもないわね」 

えりな「こんな終わり方したら寝れるわけが…」 

えりな「お願い…ハッピーエンドで終わって!」


えりな「…」ペラッ 

えりな「えり子毎日お見舞いに行っているのね…」ペラッ 

えりな「早く起きなさいよ!この男!!!」 

えりな「…」ペラッ 

えりな「そんな…」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「お!起きたのね!?」

 

えりな「あれ?」 

えりな「そんな…」 

えりな「記憶喪失なんて…」ペラッ 

えりな「で、でも一日で戻る場合もあるって言ってたし」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「も、戻らないの…」 

えりな「そんな……せっかく目が覚めたのに」ペラッ 

えりな「え!?//」 

えりな「え!えり子からキス!!!//」 

えりな「こ、ここまでやったんだから記憶が戻っても…//」ペラッ 

えりな「?」 


えりな「なんで笑っているの?」

 

えりな「は?うそ!?」ペラッ 

えりな「な!こいつ!!!さんざん心配させといて!!!」ペラッ 

えりな「な!緋沙美の提案!?」ペラッ 

えりな「!」 

えりな「そうだ!もっとやっちゃえ!!!」ペラッ 

えりな「…あっ//」 

えりな「だ!ダメよえり子!!!こいつはあなたをだましたのよ!?」ペラッ 

えりな「そんな…卑怯よ//」ペラッ 

えりな「え!?ま、またえり子から?//」 

えりな「そ、そんな…はしたないこと//」ペラッ 

えりな「~~~~~っ!!!///」


えりな「こ、これは…//」 

えりな「いいものね//」 

えりな「…わ、私もいつかこんな…//」ペラッ 

次号に続く!!! 

えりな「…ふぅ//」 

えりな「…あんなキス……彼と//」 

えりな「っ!//」 

えりな「ね!寝ましょう!!!//」ゴロン 

えりな「あ、あぁつまらなかった//」 

えりな「まったく時間の無駄ね!こんなもの!!!時間を返してほしいくらいだわ///」 

えりな「おやすみ!!!//」


ーーーーーー 

「…」 

えりな「…もう、三日目になるわね」 

「……」 

えりな「い、いい加減起きたらどお?」 

「…」 

えりな「今なら…許してあげるわよ?」 

「…」 

えりな「…」グスッ


えりな「…帰るわね」 

「…」 

えりな「明日も来るわ…」 

「……」 

えりな「さようなら…」 

「!」 

えりな「…いま、少し……」 

「…ん……」 

えりな「……うそ」 

「こ、ここ…どこだ?」 

えりな「わ!私がわかる!?私よ!薙切えりなよ!」 

「薙切?」


えりな「え?」 

「な、薙切さん…ここどこ?」 

えりな「そ、そんなふざけた呼び方しないでいつもみたいに呼んで構わないわよ」 

「…いつもみたい?」 

えりな「…うそよね?」 

「……ごめんなさい…誰なんですか?」 

えりな「きおく…そうしつ……なの?」 

「え?」 

えりな「……」ポロポロ 

「!?」


えりな「私のこと覚えてない?」ポロポロ 

「…すいません」 

えりな「手をつないだことも?」ポロポロ 

「…わかりません」 

えりな「私を助けてくれたことも?」ポロポロ 

「…ごめんなさい」 

えりな「私に好きって言ったくれたことも?」ポロポロ 

「…っ!」 

えりな「じゃあ……私にキスしてくれたことも?…覚えてないの?」ポロポロ 

「…覚えてないです」 

えりな「…そ、そう」


えりな「そうだよね…」グスッ 

「…」 

えりな「あんな別れ方したんだもんね…」グスッ 

「…あ!あの!!!」 

えりな「いいの…だからね」 

「…でも…ホントは……俺」 

えりな「だけど最後にこれだけ言わせて」 

「…」 

えりな「私はあなたを愛してます」


「本当に?」 

えりな「えぇ…記憶を失ったとしても」 

「…」 

えりな「それに約束は守らないとね?」 

「約束……!」 

えりな「それにこれはしるしだから…」スッ 

「…」 

チュッ


えりな「始めてね…私からするの//」 

「……ふっ」 

えりな「?」 

「えりなは可愛いなぁ」 

えりな「そ!そんなの知って………えりな?」 

「いやぁ新戸のおかげで仲直りだわ」 

えりな「…」 

えりな「は?」


「いやいや!これはあとでお礼に行かないと」 

えりな「……」プルプル 

「それにしてもまさかえりなからキスしてもらえるなんて」 

えりな「…」プルプル 

「怪我したかいがありましたねぇ」 

えりな「!」グワッ 

「え?ま、まった!!!」 

ポスッ 

えりな「……ばか」グスッ 

「…ごめん」ナデナデ 

えりな「許さない」


えりな「どれだけ心配したと思っているの!?」 

「ごめん」ナデナデ 

えりな「ホントに!ホントに!もう!!!」 

「…ごめんな」ナデナデ 

えりな「第一なんでこんなことを!!!」 

「だから新戸が…」 

えりな「全部緋沙子がいけないのかしら?」 

「うっ」 

えりな「まぁ緋沙子にはあとで問い詰めるとして」 

緋沙子『てへぺろっ!』☆彡


えりな「次こんなことしたら許さないからね!!!」 

「心配いてくれてありがとうな…えりな」ナデナデ 

えりな「……」 

「うれしいよ…えりなが俺を愛してるって言ってくれて」ナデナデ 

えりな「っ!//」 

「本当にうれしい」ナデナデ 

えりな「…も、もっと丁寧に撫でなさい//」 

「あぁ」ナデナデ 

えりな「ん~♪//」


「それで…」 

えりな「?」 

「いつしてくれるんだ」 

えりな「なにを?」 

「決まってるだろ?キスだよキス!」 

えりな「は!はぁ!?//」 

「だって約束なんだろ?」 

えりな「ちょ!調子に乗るな…ばか//」 

「…はぁ」 

えりな「なによ…」


「いやぁ…何のために記憶戻したのかなぁって」 

えりな「戻したってなによ!戻したって!!!」 

「えりなとキスしたいなぁ」 

えりな「…すればいいじゃない//」プイッ 

「…いいのか?」 

えりな「いいわよ…勝手にして//」 

「……キスしてくれるんでしょ?だって」 

えりな「な!いつから覚えてるのよ!?//」 

「ん~~…新戸に引っ叩かれるところくらいから」 

えりな「部屋に入る前からじゃない!!!//」


「で、してくれないの?」 

えりな「…//」 

「はぁえりなとキスしたかったのになぁ…」 

えりな「っぐ!//」 

「はぁえりなは俺が嫌いなのか……」 

えりな「…//」 

「……はぁ」 

えりな「//」 

「はぁ!!!」 

えりな「あぁあぁぁあぁぁぁ!!!うるさいわね!!!//」 

「…」 

えりな「してあげるわよ!!!すればいいんでしょう!?//」 

「その通り!!!」 

えりな「っぐ!それに一回もうしてるじゃない//」 

「いや自分記憶喪失なもんで」 

えりな「都合がよすぎるでしょ!都合が!!!//」


えりな「ほ、ほら!こっちを向きなさい…//」 

「…」スッ 

えりな「…目くらい閉じなさいよ!!!//」 

「それはイヤだ」キリッ 

えりな「…もう……行くわよ//」スッ 

「おう!!!」 

チュッ 

えりな「//」 

「えりな…」


えりな「なによ//」 

「俺も愛してるよ、えりな」 

えりな「知ってるわよ……ばぁか//」 

「へへっ」 

えりな「浮気なんてしたら許さないんだからね//」 

「もちろん」 

えりな「ふふ//」コテン 

「カワイイなえりなは」ナデナデ 

えりな「愛してるわよ……」 

えりな「創真//」



チュンチュン 

  チュンチュン 

えりな「……」ムクリ 

えりな「………」ボケー 

えりな「ね、眠れなかった…」 

えりな「なによ…私のくせに……」 

えりな「よりにもよって病院内で…」 

えりな「それも私から…」


コンコンコン 

えりな「…入って構わなくてよ」 

ガチャ 

緋沙子「おはようございます!えりなさ……ま!?」 

えりな「…なにかしら?」 

緋沙子「そ、その…すごい寝汗ですね……//」 

えりな「…」 

緋沙子「その…パジャマが白いので透けて//」 

えりな「っ!//」バッ 

緋沙子「す、すいません//」


えりな「緋沙子、シャワーの準備をしてくださらない?」 

緋沙子「はい!もちろんです」 

えりな「それと……」ズンズン 

緋沙子「え?なんでしょうえりな様?ち、近い//」 

えりな「…よくも私を」スッ 

緋沙子「?」 

えりな「だましたわねぇ!?」ムギュゥ 

緋沙子「!?」


えりな「このお口で私を謀ったのね?」ギュゥギュゥ 

緋沙子「へりなさあ!いはいれふ!」 

えりな「ま、こんなもので勘弁してあげるわ」スッ 

緋沙子「なんなんですか?いったい」ホッペタサスサス 

えりな「こちらの話です」 

緋沙子「えぇ…」 

えりな「先に朝食をとらせていただきます」 

緋沙子「は!はい!その間にシャワーを準備いたします」 

えりな「えぇ、お願いするわ」


えりな(まったく彼がなんであんなに出てきたのかしら?) 

えりな(今日は学校なのに寝不足じゃない!) 

えりな(手早く朝食とシャワーをすませて学校に急ぎましょう) 

えりな(…彼になるべく会わないようにしなくちゃ) 

えりな(べ、べつに意識しているわけじゃないのよ!?) 

えりな(彼ごときが私を見ることすら過ぎたることなのよ!) 

えりな(えぇ、だからこの気持ちは……おかしくなんかないわ) 

えりな「……はぁ」


ーーーーーー 

えりな(お、終わった…いえ、正確にはまだ午後の実習授業があるけれど) 

えりな(講師出張のため自習!だから私はどこか人のいないところでのんびりと) 

「キャー!えりな様よ!!!」 

「わ!ホントだ!!!」 

えりな(うるさい人たちね……早く人のいないところに行きましょう) 

えりな(確かこっちに十傑評議会の近道が…)タッタタ 

創真「ふぁっと午後は自習か」ヒョイ 

えりな「んがぁ!?」 

創真「お、薙切じゃん!どしたぁ?変な声出して」 

えりな「幸平創真ーー!!!」


創真「あ、お前今日何食った?」 

えりな「き、君には関係ありません」 

創真「いやぁ、今日カレー食ったんだけどやっぱカレー食うと眠くなるよな」 

えりな「知りません!」 

創真「なにそんなにツンケンしてんだ?」ズイッ 

えりな「な!ち、近づかないでちょうだい//」パッ 

創真「おいおい、顔も赤いぞ?」 

えりな「き!君には関係ないと言っているでしょう!?」 

創真「……あ、そう」 

えりな「そうです!では」タッタタ 

創真「あ、そっち湿気で廊下濡れてん」 
えりな「ひゃぁ!!」 

スダンッ 

創真「…はぁ」


創真「お~い、大丈夫か?」ヒョイ 

えりな「う、う~ん…」 

創真「お~~い」 

えりな「……zZz」 

創真「は?」 

えりな「zzzZZz」 

創真「ウソだろ……こいつ」 

キーンコーンカーンコーン 

えりな「zzZz」 

創真「……勘弁してくれ」


ーーーーーーー 

創真「で、終わり?」 

えりな「当たり前じゃない!//」 

創真「ほ~ん…」 

えりな「なによ//」 

創真「いやぁ、確か他にも約束があったような気がするんだよなぁ」 

えりな「!?//」 

創真「なんだっけなぁ?」ニヤニヤ 

えりな「し!知りません!!!//」 

創真「えりなはもちろん知ってるよなぁ?」ニヤニヤ

 

えりな「知らないって言ってるでしょう!//」 

創真「ほんとかぁ?」ニヤニヤ 

えりな「本当よ!//」プイッ 

創真「ふ~ん……」ズイッ 

えりな「もういいで」 
創真「ウソつき」ボソッ 

えりな「~~~~っ!!//」 

創真「ダメだよえりな…」ギュゥ 

えりな「…あっ//」 

創真「えりな…こんなに柔らかいんだ」ギュゥギュゥ 

えりな「そ、そんなに強く抱っこしないで//」 

創真「抱き付くだけじゃ終わらないぜ?」 

えりな「えぇ?//」


サワッ 

えりな「んやぁ//」 

創真「えりな…愛してる」チュッ 

えりな「そんな…の……ずるい//」 

ススッ 

えりな「~~んっ!んんぅ//」 

創真「えりな……えりな」ハムッ 

えりな「みみ……やぁ…//」 

サワサワ 

えりな「んんむぅ~~!そこダメ…//」 

創真「えりな…」


ズイッ 

えりな「!?//」 

創真「これ、俺のためにはいてきてくれたの?」チュゥ 

えりな「ち、ちがぁ//」 

創真「愛してるよ」チュッ 

えりな「わ、わたしも…あいしてんぐ!?//」 

創真「ん……んぅ」 

えりな「んん~~!!//」 

創真「…んむ」 

スルスル 

えりな「ん?ん…ん!ん!んん~~//」


創真「もういいよね?えりな」 

えりな「でもここ病院//」 

創真「大丈夫、個室だから」ズイッ 

えりな「ま、待って!//」 

創真「?」 

えりな「そ、その…//」 

創真「……やっぱりやめる?」 

えりな「違うの……や、優しくしてね?//」 

創真「……」ズイズイ 

ボロン 

えりな「え?ちょっとなにそれ?そんな…え?//」 

創真「ごめん優しくできないかも」ガバッ 

えりな「あぁぁ!そんな…んあぁ//」


えりな「やめてぇ!//」 

シーーン 

えりな「……あれ?//」 

えりな「…」ムクリ 

えりな「………」キョロキョロ 

創真「zzZZz」ウトウト 

えりな「ま、ままままままさか!!//」 

創真「…zZ…おぉ…起きたか薙切」ノビー 

えりな「あああああぁ!あなた!ここでなにやって!!!//」 

創真「なにやってはないだろ…お前のこと運んだ俺だぞ」 

えりな「へ?」


創真「覚えてねぇのかよ…お前廊下ですっ転んでそのまま寝ちったんだぞ」 

えりな「うそ!?//」 

創真「ホントだよ」 

えりな「じゃ!じゃあ!!!なんであなたも寝てたのよ!?//」 

創真「椅子の上でだろ」 

えりな「それに送ったならすぐに戻れば//」 

創真「先生居ないんだよ」 

えりな「なによ……なによそれ//」プクー 

創真「いやそれこっちが言いたいから」 

えりな「へ、へんなことしてないでしょね?//」 

創真「してねぇよ!」


えりな「ほ、ほんとに?//」 

創真「あのなぁ…」 

えりな「言っとくけど記憶喪失じゃないんだからね?//」 

創真「いや、知ってるよ」 

えりな「き、気安くキスとかしないでね?//」 

創真「お前…大丈夫か?」 

えりな「大丈夫に決まってるでしょ!?//」 

創真「あ、そう…」

 

えりな「……」 

創真「…」 

えりな「その…あ、ありがとう//」 

創真「やっと落ち着いたか…」 

えりな「ごめんなさい、少し動転していたわ//」 

創真「みたいだな」 

えりな「…」 

創真「……」 

えりな「あのね…//」 

創真「?」


えりな「最近私変なの…//」 

創真(そりゃもとからだ) 

えりな「同じ人が頭から離れなくて…それで//」 

創真「ほ~ん」 

えりな「き、きみもそんな経験あるんじゃないかしら?//」 

創真「…ないな……たぶん」 

えりな「…そう、残念ね//」 

創真「おぉう」 

えりな「な、なんのかしらねこれ?//」 

創真「いや、それって単純に好きな人だろ?」 

えりな「!?//」


えりな「な!なに言ってのよ!?私がなんで!!!//」 

創真「知らねぇよ…でもそんなにおかしくないだろ」 

えりな「そう……かしら//」 

創真「でも意外だな」 

えりな「なにが?」 

創真「いや、お前はそういうのない感じしてたから」 

えりな「私だって年頃の女子よ//」 

創真「ほいほい」 

えりな「バカにして//」 

創真「……」 

えりな「…//」


創真「じゃ帰るわ俺…」 

えりな「そ、そう」 

創真「じゃあな」 

えりな「ま、またね//」フリフリ 

創真「……」 

えりな「なによ?」 

創真「いや…なんでもない」ポリポリ 

えりな「そう…じゃあね」 

創真「…うぃ~っす」 

ガラガラ 

えりな「…」

 

えりな「さ、サービスしすぎたかしら?//」 

えりな「でもまぁ?この薙切えりながそんなにやすいと思われるのもしゃくね」 

えりな「最初で最後にしましょうかしら?」 

えりな「まぁどうしてもって言うのなら吝かではないけれど//」 

えりな「それにしても彼はどうやってここまで連れてきてくれたのかしら?」 

えりな「……まさかね//」 

えりな「……」 

えりな「ふぅ」ゴロン 

えりな「もう一寝入りしましょう」 

えりな「…」 

えりな「ふふっ」 


えりな「なんで君がでてくるのよ//」

 

ーーーーー 


えりな(あぁ…これ夢だわ) 

えりな(もうなんかわかっちゃうのよね…) 

えりな(また幸平君かしら?) 

えりな(……ふふっ!それだとしたら楽しまなくっちゃ) 

えりな(…っ!) 

えりな(ち、違うのよ!?どうせ夢なのだから楽しい夢を見ようって意味で//) 

えりな(べつに他の意味があるんじゃないわよ!?//) 

えりな(違うからね?違うったら違うからね!?//) 

えりな(…ま、夢くらい……ね?//)


「…まだ続けるのか?」 

えりな(あれ?これ一度見たような…) 

「嘘だろ…こっちは5人いたんだぞ」 

えりな「…す、すごい」 

えりな(く、口が勝手に?) 

「えりなのためならグリズリーにだって勝ってみせる」 

えりな(ま、まぁここもかっこいいから許しましょう) 

「ふん…今日の所は帰ってやる……おい!帰るぞ」


「もう大丈夫だ」 

えりな「こ、怖かった……」ポロポロ 

えりな(そうよね…怖かったわよね……) 

「おいおいまた泣くのかよ」 

えりな「来るのが遅いのよ!ばかぁ!!!」グスッ 

えりな(ホントよ!もう少し早く来なさいよ!!!) 

「悪いな怖い目に合わせちまって」 

えりな(……でも、まぁ…助けてくれたしかっこよかったから特別に…ね?//)

えりな「……ありがと」グスッ 

えりな(……本当に怖かったのよね…こんな風に助けられたらかっこよく見えても//) 

「…えりなのためなら軽いもんさ」 

えりな(き、気安く呼ぶな!…ばぁか//) 

えりな「送って……くれるわよね?」 

「当たり前だろ」 

えりな(ここ!ここよ!一番の見どころは!!!ここであの笑顔が///) 


美作昴「俺だけのお姫様」ズンッ 

えりな「」 


えりな「……」プルプル 

えりな「私がオチか!!!!」

 



吉野「幸平知ってるぅ?あの薙切えりなに好きな人がいるんだって!?」 

創真「知ってる、薙切から直接言われた」 

吉野「」 



榊「幸平くん薙切えりなをお姫様だっこしてたらしいわよ」ヒソヒソ 

恵「べさ……べさ」 

一色「あぁ!田所ちゃんが!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

薙切えりな「なんで君が出てくるのよ!」

https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440591288/