アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

雪乃「まだ夜は長いからたっぷりかわいがってちょうだい」【俺ガイルss/アニメss】

 

雪乃「こっちに来ないで比企谷君」

 

「悲しいこと言うなよ雪ノ下」

 

雪乃「お願いだからやめてちょうだい!」

 

「…」

 

雪乃「い、いまなら誰にも言わないから」

 

「ずいぶんと上からものを言うんだな」

 

雪乃「わ、私が何かひどいことを言ったのなら謝るから」

 

「はぁ、お前自覚無いのかよ」

 

雪乃「な、なに?」

 

「おめぇのそのいやらしい身体が原因だよ!」

 

雪乃「ひっ!」

 

「へっへへ!たっぷりかわいがってやるよ」

 

雪乃「お、お願いだから」

 

「うるせぇ!」

 

雪乃「あぁ!乱暴しないで!」

 

八幡「何やってんだあいつ。頭でも打ったのか?」

 

雪乃「見損なったわ比企谷君!あなたがこんな卑劣な人だったなんて」

 

「…」

 

雪乃「何とか言ったどうなの!?」

 

「うるせぇな!少し黙ってろよ!!」

 

雪乃「ひぃ!」

 

「ったくよぉ!黙って聞いてればいつもいつも好き勝手言いやがってよぉ!」

 

雪乃「ご、ごめんなさい。でもあなたはいつも話を聞いてくれるから」

 

「おめぇが一方的に言ってるだけだろうが」

 

雪乃「ご、ごめんな」

 

「謝ってすむわけねぇだろがぁ」

 

雪乃「いや!服を破かないで!!」

 

八幡「だから一人で何やってんのあいつ?近所迷惑でしょ」

 

雪乃「お願いだから何もしないで」

 

「…」ピタッ

 

雪乃「や、やめてくれるの?」

 

「やめるわけねぇだろがぁ!!!」ビリビリ

 

雪乃「ひっ!!」

 

「畜生が!!全部剥ぎ取ってやる!!」ビリビリ

 

雪乃「いやぁぁぁ!!」

 

「こんな服着やがって俺を誘ってたんだろ?えぇ!?」ビリビリ

 

雪乃「ち、違うのこれはあなたを信用してぇえ」

 

「けっ!こんな形で裏切られるとは思ってなっかただろうよ雪ノ下さんよぉ!!」ビリビリ

 

雪乃「いや、ほ、本当にやめて」

 

「ここもできたら止まるわけねぇだろうぉがよぉ!!」ビリビリ

 

雪乃「そ、そんな」

 

八幡「うわ、自分で服破り始めたよ…それよりうるさいな」

 

雪乃「お願いだからやめてよぉ」ガクガク

 

「…」ゴクリ

 

雪乃「ひ、比企谷君?」ガクガク

 

「思わず見とれちまったぜ!それより、ぐへへへ自分から身体を揺すりやがってずいぶんやらしいじゃないか雪ノ下!?」

 

雪乃「これはあなたがこ、怖くて」ガクガク

 

「ほんとにそうなのかぁ?」

 

雪乃「ほ、本当に決まってるでしょ!」ガクガク

 

「ほぉ、そんなことを言っているに何で」スッ

 

雪乃「いやっ!!」ビクッ

 

「こんなに濡れちゃってるんだいぃ!?」クチュクチュ

 

雪乃「そ、それはぁ!!」ビクビクッ

 

八幡「ていうか裏声で俺の真似すんじゃねぇよ」

 

雪乃「お、お願いだから、ほ、本当にお願いだからやめてぇ」ビクビクッ

 

「…」クチュクチュ

 

雪乃「お願いだからぁやめてぇ!!」ビクビクッ!!

 

「おい」

 

雪乃「はぁ、ひ、比企谷、はぁ、くん?」

 

「…なに勝手にイってんだよ」

 

雪乃「えっ?だってそ、そんな…」

 

「喋んじゃねぇ!!」スパァンスパァン

 

雪乃「ひぐっ!比企谷君そ、その」ビクッ

 

「あぁ!!?んっだよぉ!?」スパァンスパァン

 

雪乃「お、おしりをたたかないでぇ!!」ビクビクッ!!ビクビクッ!!

 

八幡「何だよ結局〇慰かよ一人で尻ぶったたきやがって」

 

雪乃「はぁはぁ、ひ、比企谷君。こ、こんなところではなくもっとちゃんとしたところでそ、その」

 

「…」

 

雪乃「し、してくれるのなら、わ、私も」

 

「うるせぇ!なに上品ぶってるんだよ!!おめぇなんてソファの上で十分なんだよ!!」

 

雪乃「きゃぁ!」ドスン

 

「なにがきゃぁ!だよ!!いつまでカマトトぶってんだよ!!」

 

雪乃「お、お願いこんな形であなたとは結ばれたくないの!!」

 

「なにその気になってんだよ!」

 

雪乃「お、お願いだからせめて、せめて愛してると言って」

 

「雪ノ下」

 

雪乃「は、はい」

 

「あ、愛してるぞ」

 

雪乃「は、はい。私もあいs」

 

由比ヶ浜の次になぁ!!」クチャ---!!!

 

雪乃「!ん"あぁぁぁ!!そんなぁぁ!!!」クチュクチュ×8

 

八幡「たっく、人の部屋をぐちゃぐちゃにしやがって」

 

雪乃「ひっ、ひどいぃ。ひ、ひきが、やくん、そん、なのってぇ!あぁっぁぁ!!」クチュクチュ

 

「…」

 

雪乃「お、おね、がいだから、んぁ。や、めて、ん"ぁ」クチュクチュ

 

「へへっへ口ではイヤって言ってても体は正直だぜぇ雪ノ下ぁ!!」

 

雪乃「そ、そんなわけ、ない、んだか、らぁ」クチュクチュ

 

「けどお前はしょせん二番目の女なんだよぉ!!」

 

雪乃「い、や"ぁああぁあっぁ、いわ"、な、いでぇよぉ」クチュクチュ

 

「早くいけぇええぇっぇぇ!!!」

 

雪乃「ああぁああぁあっぁ!」ビクビクッ!!ビクビクッ!!ビクビクッ!!ビクビクッ!!

 

「気持ちよかったぜ雪ノ下」

 

雪乃「こ、こんなのって、はぁはぁ、ひ、ひどすぎるわ」

 

「…」

 

雪乃「ふぅ」

 

八幡「ふぅじゃねぇよ!人の部屋とソファ汁まみれにしやがって!」

 

雪乃「さてこんなものかしら?アレへのあてつけとはいえ少しやりすぎたわね」

 

雪乃「あとは彼に仕上げをやってもらだけだわ」

 

雪乃「けれどこんな汁まみれのソファは彼も嫌でしょうから少しだけ清掃しましょう」

 

雪乃「フン~フン♪フ~ン♪フフ~~ン♪」フキフキ

 

八幡「ほぼ全裸で鼻歌歌ってますよ」

 

娘「パパおしっこおわった~」

 

八幡「ん?はいはいじゃぁ戻りましょうね。抱っこする?」

 

娘「しゅる~」

 

八幡「はい、ベットに到着だ」

 

「ん」

 

八幡「じゃぁお休み」

 

娘「パパも寝てくれないの?」

 

八幡「え?あぁちょっとね、一人で寝れるだろ?」

 

娘「ん、がんばゆ」

 

八幡「じゃぁお休み」

 

「ん」

 

八幡「はぁ、さてあのバカのところに」

雪乃「あらバカとはどの口で言っているのかしら?」

 

八幡「」

 

雪乃「どの口で言っているのかしら?」

 

八幡「お、お前何時からそこに」

 

雪乃「さっきよ。それで私に何か用かしら」

 

八幡「あ、のさ最近になって俺に言いたいことでもできたんじゃないかなぁって」

 

雪乃「それはこんな夜更けに言う価値があるとあなたは思っているの」

 

八幡「え?ま、まぁね」

 

雪乃「そう、いい心がけね。ま、言いたいこと何て片手で足りるくらいしかないのだけれど」

 

八幡「そ、そっk」

雪乃「ただ、最近比企谷君が私にかまってくれないから身体を持てあましていて毎夜自〇にふけってしまっていることくらいかしら」

 

八幡「」

 

雪乃「さっきも比企谷君の書斎でオ〇ニーをしたら比企谷君の視線もあってか2~3回イってしまったわ」

 

八幡「き、気づいていたのか?」

 

雪乃「えぇ夫の視線気づかないほど私の嫁力は落ちぶれてはいないわ」

 

八幡「さいで」

 

雪乃「で、愛しき嫁からこの体のほてりをどうにかしてくれと言われたあなたはどうするのかしら」

 

八幡「えぇ」

 

雪乃「なに?不満でも?」

 

八幡「いや、もうなんかわけわからん」

 

雪乃「因みにさっきのは二人の初めてを再現したのだけれど」

八幡「いや、あんなんではなかった」

 

雪乃「それでしてくれるの?してくれないの?どっちなのかしら?」

 

八幡「…」

 

雪乃「もうベットメイクは終わっているのだけれど」

 

八幡「じゃぁ、ねぇ、ほらその、ね?」

 

雪乃「ヘタレ」

 

八幡「うっせ」

 

雪乃「はぁ。あ、私今足腰が抜けているんだったわ」ドサッ

 

八幡「おい、あってなんだ?あって?」

 

雪乃「いいからあなたの書斎で手当てをしてちょうだい」

 

八幡「はいはいわかりましたよ」

 

雪乃「あ、その、お、お姫様だ、っこで」

 

八幡「はいはい」ガバッ

 

雪乃「あっ」

 

八幡「い、いきますか」

 

雪乃「そうね、まだ夜は長いからたっぷりかわいがってちょうだい」

 

雪乃「だまっちゃ嫌よあなた?」

 

 

 

雪乃「ところであなた?」

 

八幡「ん?」

 

雪乃「最近面白いDVDを見つけたのよ今度一緒にどうかしら?」

 

八幡「へぇ雪乃が言うならよっぽど面白いんだろうな。なんて題名なんだ?」

 

雪乃「たしかあなたのPCのHDDのロックのかかったフォルダにあったのよ」

 

八幡「」

 

雪乃「えぇっとたしかフォルダ名は資料でタイトルは名は“同窓会、久しぶりあった巨乳同級生と一夜の過ち”だったかしら」

 

八幡「」

 

雪乃「たしか、女優の人が由比ヶ浜さんにどことなく似ていたわよね?比企谷君」

 

八幡「」

 

雪乃「だまっていれば無いことになるわけではないわよ比企谷君?」

 

八幡「あ、あの」

 

雪乃「何か申し開きでも?」

 

八幡「お、お手柔らかに」

 

雪乃「ふふ、たっぷりかわいがってあげるわよあなた?」

 

 

 

 

 

 

 

 

元スレ

八幡「…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438849195/