アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

八幡「間違いなく、俺の本物はこの家にある」【俺ガイルss/アニメss】

 

比企谷家

 

 めぐり「比企谷君、フライパンどこ?」

 

 戸塚「八幡! こっちが醤油だよね」

 

 小町「おにいちゃん何か顔緩んでるよ?」

 

 八幡(どうしてこうなった?)

 

 八幡(確か今日は・・・)

 

 

朝の学校

 

 戸塚「はちまーん」

 

 八幡「どうした戸塚」

 

 八幡(朝から天使に出会うなんて今日は何か幸せが訪れそうだな。というかもう訪れてる)

 

 戸塚「今日、八幡の家に行って良い?」

 

 八幡「なん・・・だと?」

 

 戸塚「友達の家に行ってみたくて・・・もちろん、八幡が良ければだけど」

 

 八幡「今日は部活が休みだ。いいぞ」

 

 八幡(友達の家だよね。ホモダチの家じゃないよね)

 

 戸塚「本当! やったぁ!」

 

 八幡「じゃあ、何なら泊まってくか?」

 

 戸塚「え! 本当!?」

 

 八幡「それこそ、戸塚が良ければだが」

 

 戸塚「八幡のお母さんとか居るの?」

 

 八幡「いや、それが両親で旅行に行くらしくてな」

 

 八幡(ご都合主義ナイス! 小町と戸塚とか俺もうどうかしちゃう自身あるぜ)

 

 八幡(しかし、ヒロインが男と妹とは・・・)

 

 戸塚「それじゃあ、お泊りセット持って行くね!」

 

 八幡「おう。それじゃあ、俺が家に帰ったら連絡するわ」

 

 戸塚「やったぁ!」

 

 海老名「お泊りデートとか、とつはち展開キマシタワー」ブシュ

 

 三浦「姫菜、マジ擬態しろし」

 

 八幡(流石にお泊りはとつはち展開あるかもしれない・・・理性の化物が獣になっちゃうかも? まぁ無いけど)

 

 八幡「取り敢えず、何もありませんように」

 

 

放課後

 

 八幡「」ダッ

 

 由比ヶ浜「ヒッキー休みだからって速っ!?」

 

 八幡(残念がらこれは帰りたい欲ではなく愛の力だ)

 

 いろは「せんぱーい」

 

 八幡「・・・」ダッ

 

 いろは「何で逃げるんですか!?」

 

 八幡「お前がその甘だるい声で頼み事をする時は、ろくな事がない」

 

 いろは「色々ありましてねぇ、生徒会の・・・」 

 

 八幡「帰る」

 

 いろは「えぇ!?」

 

 いろは「それはあんまりじゃないですか!」

 

 八幡「俺、何よりも大事な用事があってな」

 

 いろは「先輩の用事なんてたかが知れてますよ!」

 

 八幡「お前、マジで失礼だな」

 

 八幡「今日は天使が家に泊まりに来る日なんだ」

 

 いろは「そうですか。それじゃあ、行きますよ」

 

 八幡「信じてねぇだろ・・・」

 

 八幡(ひと目でも戸塚を見たら信じるだろうがな)

 

 いろは「早く帰りたいなら、仕事を終わらせて下さい」

 

 八幡「はぁ・・・やるしか無いのか」

 

 いろは「はい?」

 

 八幡(何で生徒会の仕事が俺の義務になっちゃったんだよ)

 

 いろは「行きますよ!」タッタッタ

 

 八幡「はぁ・・・」テクテク

 

 

生徒会室

 

 めぐり「あ、比企谷君」

 

 いろは「ボランティア連れてきました!」

 

 八幡「さっさと仕事をよこせ」

 

 めぐり「何で今日の比企谷くんは積極的なの?」

 

 八幡「天使と会う為です」

 

 いろは「何か良く解らない妄言を吐いているんですよ」

 

 八幡「簡単に言えば、友達が家に来るからです」

 

 いろは「嘘だぁ」  

 

 八幡「お前酷すぎるだろ・・・」

 

 めぐり「友達ぐらい居るかもしれないじゃない」

 

 八幡「めぐり先輩、それフォローになってないです」

 

 いろは「これとこれとこれやって下さい」ドサッ

 

 八幡「多すぎるだろ・・・」

 

 いろは「友達に会いたければやって下さい」

 

 八幡「仕方ねぇな・・・」ズババババ

 

 めぐり「速い・・・」

 

 八幡「トツカトツカトツカトツカトツカトツカトツカトツカトツカ」

 

 めぐり「ヒィ・・・『とつか』って誰?」

 

 いろは「テニス部の戸塚先輩ですか?」

 

 八幡「お前、天使の名前を軽々しく・・・」

 

 いろは「先輩、目が怖いです」

 

 八幡「戸塚に近づくなよ。ビッチが感染る」

 

 いろは「私は菌か何かですか!?」

 

 八幡「俺だって比企谷菌って言われたんだ」

 

 八幡「我慢しろ」

 

 

一時間後

 

 八幡「終わった・・・」

 

 いろは「絶対三時間はかかると思ってたのに・・・」

 

 八幡「というか、何で俺とめぐり先輩が仕事してんだ」

 

 めぐり「困った時はお互い様だよ」

 

 いろは「ですよねぇ」

 

 八幡「めぐり先輩騙されてますよ」

 

 八幡「取り敢えず帰ります」

 

 八幡(戸塚が俺を呼んでいる!)

 

 いろは「急に走り去って行った!?」

 

 めぐり「あれ? これって・・・」

 

 八幡(戸塚 ! 待ってろよ!)

 

 

 八幡(そして、俺は家に帰って直ぐ戸塚に連絡)

 

 八幡(戸塚とのお泊りが開始するはずだったが・・・)

 

 

 玄関

 

 めぐり「比企谷君忘れ物」ガチャ

 

 八幡「めぐり先輩!?」

 

 小町「おにいちゃんこの人誰!」

 

 戸塚「え!? 八幡めぐり先輩と知り合いなの!」

 

 めぐり「比企谷君、はいこれ」

 

 八幡(めぐり先輩が持っていたのは俺のライトノベルだった。いつ忘れたんだ俺・・・?)

 

 めぐり「いやぁ、私、間違って比企谷くんのバッグから落ちたもの、持っててね」

 

 小町「めぐり・・・あ! めぐりんパワーの使い手!」

 

 八幡(小町が俺の雑説明を覚えてやがる!)

 

 めぐり「めぐりんパワー?」

 

 八幡「何でもないです」キリッ

 

 小町「ちょっと上がってお茶でもどうですか?」

 

 めぐり「今日は親が家に居ないし、お邪魔してもいいかな」

 

 八幡「いいですけど」(何このご都合溢れる展開)

 

 戸塚「それじゃあ、めぐり先輩もゲームします?」

 

 めぐり「あ、スマブラ? 懐かしいなぁ」

 

 八幡「めぐり先輩もやるんですか?」

 

 めぐり「はるさんは強いよー」

 

 八幡(でしょうね)

 

 八幡(しかし、雪ノ下さんもゲームするんだな)

 

 戸塚「じゃあ僕はピットで」

 

 八幡(戸塚はピットより天使だ)

 

 小町「私はピカチュウで」

 

 八幡(あざと可愛いやつ選ぶな)

 

 めぐり「私はファルコで」

 

 八幡「・・・めぐり先輩、雪ノ下さんからなにか教わりました?」

 

 めぐり「うん。投げ連」

 

 八幡(俺のウルフと、戸塚と小町は、めぐり先輩の餌食になった)

 

 小町「めぐりさん強いですね」

 

 めぐり「そう?」

 

 戸塚「さっきの投技連続するの教えてください!」

 

 めぐり「いいよー」

 

 八幡(やべぇ、超癒される・・・)ウトウト

 

 八幡「」グー

 

 戸塚「あっ! 八幡寝てる」

 

 めぐり「本当だ」

 

 小町「二人も客人が来てるのに小町的にポイント低いよ」

 

 戸塚「なんだか僕も眠くなってきちゃった・・・」ウトウト

 

 めぐり「」スピー

 

 小町「私も昼寝しちゃおっかな・・・」

 

 八幡「あれ・・・? 俺寝てたのか」

 

 八幡(あの三人の癒やしパワー恐るべし。天国って案外近いもんだったな)

 

 めぐり小町戸塚「」スピー

 

 八幡「三人の寝顔が並んでいるだと・・・!」

 

 八幡(今日は何なんだ。俺は今日幸せ死するのかよ)

 

 小町「むにゃ・・・今何時?」

 

 八幡「えっと・・・七時!?」

 

 小町「急いで料理作らなきゃ!」

 

 戸塚「・・・ん? 寝ちゃってた」

 

 めぐり「」スピー

 

 八幡「起きて下さい」

 

 めぐり「はっ!」

 

 八幡(そうだ。それで何故かめぐり先輩もウチで夕食を食べることに・・・)

 

 

 戸塚「八幡! 聞いてる?」

 

 八幡「あぁ、こっちが醤油だ」

 

 めぐり「比企谷君どうしたの?」

 

 小町「おにいちゃん専業主婦なら料理くらいやってよ」

 

 八幡(エプロン姿の戸塚と小町とめぐり先輩からマイナスイオンが出ていると思いました)

 

 八幡「・・・こんな家庭で暮らしたい」

 

 小町「え?」 戸塚「!」 めぐり「・・・」カァァ

 

 八幡「あ! えっと、つい本心が口にだな・・・」

 

 めぐり「まぁでも、何かこの四人って話しやすいよね」

 

 戸塚「確かに。初めて話した気がしないです」

 

 八幡(それは俺以外全員天使に近い存在だからだよというか約一名天使だけど)

 

 小町「つまり、私が戸塚さんと、おにいちゃんはめぐりさんと結婚すればいいってこと?」

 

 戸塚「こ、小町ちゃん・・・」カァァ

 

 小町「じょ、冗談ですよ。ですけど・・・戸塚さんの事、ちょっと良いなぁって」

 

 八幡「マジかよ。戸塚が義弟とか大歓迎なんだけど」

 

 戸塚「僕も小町ちゃんの事可愛いって思うよ」テレッ

 

 小町「えぇ!」カァァ

 

 八幡「天使が家の一員になった・・・」

 

 めぐり「比企谷君・・・本当に実行しちゃう? 小町さんが言ってたその・・・それ」

 

 八幡(いつもならその言葉を疑うだろう。しかし、俺は癒やされすぎてある意味どうかしていた」

 

 八幡「めぐり先輩さえ良ければ」

 

 

 十年後

 

 めぐり戸塚小町「行ってきまーす」

 

 八幡「おう。行ってらっしゃい」

 

 八幡娘「ぱぱ、ジュース」

 

 戸塚息子「はちまん。おれにも」

 

 八幡(俺は三人の専業主婦として、兄弟夫婦の二世帯住宅を支えている)

 

 八幡(子供も居て超幸せ)

 

 八幡(俺が高校を中退して本格的にめぐり先輩の専業主婦になるって行った時、父と母は驚いていた。俺がかなり本気で努力をしようとしていた事に。しかし、俺は癒され、勇気をもらったのだ。間違いなく、俺の本物はこの家にある)

 

 八幡(たまに酒を飲む平塚先生から聞いた話じゃ、雪ノ下は俺が辞めた後、雪ノ下さんに屈服して奴隷になったらしいし、由比ヶ浜はビッチが悪化したとか聞くけど、その点ではもしかして・・・)

 

 八幡(俺の青春ラブコメは間違っていたのかも、な)

 

 

 

 

 

 

 

 

元スレ

八幡「・・・ふう。癒される・・・」

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1431693564/