アニメssリーディングパーク

おすすめSSを読みやすく紹介!

陽乃「ふふ… 比企谷君、頂いちゃった///」【俺ガイルss/アニメss】

 

陽乃「昨日の夕食は大好きなオムライスだったでしょ?」

 

八幡「・・・はい?」

 

陽乃「ううん、何でもないよ」

 

八幡「突然奉仕部に遊びに来てどうしたんですか? 変な質問までするし」

 

陽乃「女の勘ってヤツだよ☆」テヘ

 

八幡「少し意味が違うような気がしますが・・・そういえばつい最近までの雪ノ下も同じようなことを言っていたような・・・?」

 

陽乃「えぇ~雪乃ちゃんも!? やっぱり私達、姉妹ってことか・・・」ボソ

 

八幡「何を当然なことを・・・」

 

陽乃「<●> <●>」

 

八幡「!?」ビク

 

雪ノ下「・・・姉さん、比企谷君の言う通りよ。突然奉仕部に来たかと思えば変なことを言い出して・・・何をしに来たの?」

 

陽乃「いやぁ~、雪乃ちゃんと比企谷君の仲がどれほど進展したか偵察をしに・・・ね?」

 

八幡「そ、そんなんじゃないです」プイ

 

雪ノ下「・・・そう」シュン

 

八幡「え」

 

由比ヶ浜「ちょっと! 私すっかり空気になっていたじゃん!」

 

八幡「お前は空気を読むことに長けていたが、とうとう俺と同じステルス機能を搭載できるようになったか・・・凄いぞ?」

 

由比ヶ浜「ヒッキーに言われても嬉しくないし! しかも誰得!? ヒッキーマジキモい!」

 

八幡「おい、言い過ぎだぞ」

 

雪ノ下・陽乃「あんまり比企谷君にキモいと言わないでほしい(な・・・)のだけれど」ボソ

 

八幡「? 何か言ったか?」

 

雪ノ下「・・・いいえ」

 

陽乃「・・・何も」

 

八幡「・・・?」

 

由比ヶ浜「ちょっとヒッキー! 話を逸らさないでよ!」

 

雪ノ下・陽乃「由比ヶ浜(ガハマ)さん(ちゃん)」

 

由比ヶ浜「え・・・?」

 

雪ノ下・陽乃「<●> <●>」

 

由比ヶ浜「ひっ!?」ビク

 

八幡「え、えと・・・もうそろそろお開きにしましょうよ・・・ね?」アセ

 

雪ノ下「・・・そうね、そうしましょう」チラ

 

陽乃「・・・そうだね、よく見たらもうこんな時間。じゃあまた明日ね!」チラ

 

八幡「ええ、また明日・・・?」

 

雪ノ下「姉さんなりのジョークよ」ニコ

 

八幡「そ、そうか・・・」

 

由比ヶ浜「・・・・・・」ビクビク

 

八幡「(・・・今日も雪ノ下が少し変だった)」シャコシャコ

 

八幡「(おまけに雪ノ下さんも・・・?)」シャコシャコ

 

八幡「(雪ノ下さんは何か事情を知っているのか?)」

 

八幡「・・・歯磨き粉」スッ

 

八幡「(確かに雪ノ下が言った通り、歯磨き粉が切れかかっている)」

 

八幡「(でも、どうして雪ノ下はあんなことを呟いたのだろう・・・?)」

 

八幡「(勘にしては的確過ぎる。それに勘で物を言うような奴じゃない)」

 

八幡「(一体何が起きているんだ・・・?)」グジュグジュ

 

八幡「・・・ぺっ」

 

八幡「・・・?」

 

八幡「(洗面台こんなに綺麗にしてたっけ・・・?)」

 

八幡「(気のせいか物も綺麗に整理されている・・・)」

 

八幡「(・・・さすが小町。俺の自慢の妹だ、お嫁に行っても大丈夫!)」

 

八幡「・・・大志ブッ殺す!」ギリ

 

 

雪ノ下「・・・そろそろお開きにしましょう」

 

八幡「うい」

 

由比ヶ浜「う、うん・・・」

 

八幡「おい、どうしたんだそんなに怯えて」ヒソヒソ

 

由比ヶ浜「なんか最近ゆきのんが怖くて・・・」ヒソヒソ

 

八幡「んなもん、元からだろ」ヒソヒソ

 

由比ヶ浜「だって、この前なんて睨まれたし・・・」ヒソヒソ

 

雪ノ下「比企谷君?」

 

八幡「ん?」クル

 

雪ノ下「<●> <●>」

 

八幡「いっ!?」ビク

 

雪ノ下「早く帰りましょう・・・ね?」ニコォ

 

八幡「あ、あぁ・・・! ほら、由比ヶ浜も!」グイ

 

由比ヶ浜「ふぇ!? う、うん・・・///」テレ

 

雪ノ下「<●> <●>」ジー

 

 

八幡「はぁ・・・今日は何か疲れた」

 

陽乃「比企谷君」

 

八幡「うわっ!?」ビク

 

陽乃「やっはろー、比企谷君!」

 

八幡「雪ノ下さん、こんなところで何をしているんですか?」

 

陽乃「それはもちろん君のことを待っていたんだよ <●> <●>」

 

八幡「!?」ゾワ

 

陽乃「というのは冗談で、たまたまだよ!」テヘ

 

八幡「・・・・・・」

 

陽乃「それと、いつも雪乃ちゃんを大切にしてくれているお礼かな?」

 

八幡「え・・・?」

 

陽乃「私、雪乃ちゃんにはついつい可愛くていじわるしちゃうんだけど、本当はとっても大切に思っているんだよ?」

 

八幡「・・・俺は理解しているつもりです」

 

陽乃「そっか・・・比企谷君も妹さん大切にしているもんね。私達、極度のシスコンなのかもね」

 

八幡「否定できないところが悔しいです」プイ

 

陽乃「でもね、雪乃ちゃんを大切にしてくれている比企谷君のことも、私は大好きだよ?」

 

八幡「ご乱心ですか? 良い意味で連鎖的な好意、というふうに捉えておきましょう」

 

陽乃「あっははー! 本当に素直じゃないねー! 雪乃ちゃん、独り占めなんてズルいよ・・・」ボソ

 

八幡「・・・?」

 

陽乃「あ、何でもないよー、じゃあまたね!」

 

八幡「あ、はい・・・」

 

 

八幡「ごちそうさま」

 

小町「おそまつさまでした」

 

八幡「うん、やはり小町の作る料理は絶品だ。あと大志ブッ殺す」ワナワナ

 

小町「あはは・・・お兄ちゃん落ち着きなよ」

 

八幡「そうだな、風呂に入ってくる」ガタ

 

八幡「あれ?」

 

八幡「(湯船の温度設定が37°・・・? 低すぎないか?)」

 

八幡「小町、お前温度設定変えた?」

 

小町「ううん、変えてないよー?」

 

八幡「そうか・・・(ま、俺はシャワーだけだから良いか)」

 

― 脱衣所 ―

 

八幡「ん? なんだこのビニール袋」カサ

 

八幡「(なんか服が入っているな・・・小町のか? 何か特別な洗い方が必要な物なのかな?)」

 

八幡「まぁ良いや、早く入ろう」スルスル   ガチャ

 

― 風呂場 ―

 

八幡「(それにしても、雪ノ下さんは急にどうしたんだろうか・・・)」シャカシャカ

 

八幡「(確かに雪ノ下と以前よりも仲は良くなったと思うが、礼を言われるほど俺は何もしていない)」シャカシャカ

 

八幡「(俺はクズでボッチな奴だ・・・勘違いさせないでくれ)」シャカシャカ

 

カタ・・・ カラカラカラ・・・ パタン

 

八幡「・・・? (今、何か物音がしたような・・・?)」

 

チャプ・・・ パシャ・・・

 

八幡「(なんだ、風呂桶の水の音か・・・)」シャカシャカ

 

八幡「よいしょ」シャー パシャパシャ

 

八幡「ぷぁ! ふぅー」パチ

 

陽乃「<●> <●>」

 

八幡「」

 

八幡「」ゴト

 

八幡「」

 

八幡「」

 

陽乃「ふふ、比企谷君・・・」ザバ スッ

 

八幡「(俺は風呂に入った記憶はあるが、上がった記憶はない)」

 

八幡「(気づいたら小町に声をかけられていた)」

 

八幡「(どうやら俺は湯あたりか起立性低血圧で風呂場の中で倒れていたらしい)」

 

八幡「(1時間経っても上がってこなかった俺を、小町が心配して来てくれたらしい)」

 

八幡「何とも情けないよ・・・」

 

由比ヶ浜「ヒッキー、何だか災難だったね・・・」

 

八幡「頭は打っていなかったから大丈夫だ」

 

八幡「ただ、小町が何故か顔を赤らめながら『お風呂場であまりこういうことしないでね///』といわれたんだが・・・小町可愛い」

 

由比ヶ浜「なんだろうね? あとヒッキーキモい」

 

八幡「こういうこと、ってなんだ? 風呂場で倒れることか? まぁ、全裸の俺を引っ張ってくれたからな」

 

由比ヶ浜「ヒッキー信じられない! キモい!」

 

八幡「うるさいぞビチヶ浜」

 

由比ヶ浜「ビッチって言うなし!」

 

 

雪ノ下「<●> <●>」

 

 

陽乃「ふふ・・・ゴメンね、雪乃ちゃん。先に比企谷君、頂いちゃった・・・///」サスサス

 

 

 

 

 

 

 

 

元スレ

陽乃「昨日の夕食は大好きなオムライスだったでしょ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415505921/